ベルリン三部作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ベルリン三部作(Berlin Trilogy)は、イギリスのミュージシャン、デヴィッド・ボウイが1976~1979年にかけてブライアン・イーノと共同してレコーディングを行ったアルバム『ロウ Low』『英雄夢語り (ヒーローズ) "Heroes"』『ロジャー (間借人) Lodger』、これら一連のアルバムの総称。いずれも共同プロデューサーはトニー・ヴィスコンティ。「イーノ三部作 Eno Trilogy」「ベルリン・トリプティック(三連祭壇画) Berlin Triptych」と表記されることもある。


解説[編集]

ベルリン三部作と呼ばれるものの、制作は必ずしもベルリンだけで行われたわけではない。

ロウ "Low"』 1977年1月14日発売

英雄夢語り (ヒーローズ) "Heroes"』 1977年10月14日発売

  • 録音時期…1977年7月~8月
  • 録音場所…ハンザ・スタジオ(西ドイツ、ベルリン)
  • ジャケット写真…鋤田正義(実際のクレジットは「Sukita」と、苗字のみ)

ロジャー (間借人) "Lodger"』 1979年5月18日発売