地球に落ちて来た男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
地球に落ちて来た男
The Man Who Fell to Earth
監督 ニコラス・ローグ
脚本 ポール・メイヤーズバーグ
原作 ウォルター・テヴィス
製作 マイケル・ディーリー
バリー・スパイキングス
製作総指揮 サイ・リトヴィノフ
出演者 デヴィッド・ボウイ
音楽 ジョン・フィリップス
ツトム・ヤマシタ
撮影 アンソニー・B・リッチモンド
編集 グレイム・クリフォード
製作会社 ライオン・インターナショナル・フィルム
配給 日本の旗 コロンビア映画(1977年)ケイブルホーグ(1999年)
boid(2016年)[1]
公開 イギリスの旗 1976年3月18日
日本の旗 1977年2月11日
1999年1月16日(完全版)
2016年7月16日(リバイバル)[1][2]
上映時間 119分
139分(完全版)
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $1,500,000[3]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $100,072(2011年リバイバル公開時)[4]
テンプレートを表示

地球に落ちて来た男』(ちきゅうにおちてきたおとこ、原題:The Man Who Fell to Earth)は、1976年制作のイギリスSF映画

ウォルター・テヴィス原作のSF小説の映画化。ニコラス・ローグ監督、デヴィッド・ボウイの初主演映画。ボウイは第4回サターンSF映画賞主演男優賞を受賞した[5]

当初、上映時間は119分だったが、1999年に139分の完全版が公開された。

あらすじ[編集]

ある日、宇宙船がアメリカ・ニューメキシコの砂漠地帯に落下する。

しばらくして後、トーマスという非常に美しい容姿を持った1人の男が弁護士のもとを訪れ、人知を超えた9つの特許を元に巨大企業を作り上げる。

実は彼は落下した宇宙船に乗っていた宇宙人で、地球にやってきたのは、不毛の地となりつつある母星を救うという目的のためだった。しかし、そのビジネスの成功はやがて思わぬ結果を招く…。

キャスト[編集]

  • 1987年10月20日 放送局不明、深夜放送

舞台化[編集]

2015年にオフブロードウェイで舞台化され、ボウイ自身もプロデュースを担当することが発表された。舞台化作品のためにボウイ自身が新曲を書きおろし、さらに過去の楽曲がアレンジされて提供される[6]

脚注[編集]

外部リンク[編集]