スケアリー・モンスターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スケアリー・モンスターズ
デヴィッド・ボウイスタジオ・アルバム
リリース
録音 1980年2月15日 -
1980年4月
Power Station Studios, New York
Good Earth Studios, London
ジャンル ロック
時間
レーベル RCAレコード
プロデュース デヴィッド・ボウイ
トニー・ヴィスコンティ
専門評論家によるレビュー
  • All Music Guide 星5 / 5 link
チャート最高順位
ゴールドディスク
デヴィッド・ボウイ 年表
ロジャー (間借人)
1979年
スケアリー・モンスターズ
1980年
レッツ・ダンス
1983年
『スケアリー・モンスターズ』収録のシングル
テンプレートを表示

スケアリー・モンスターズ』(原題:SCARY MONSTERS)は、イギリスミュージシャンであるデヴィッド・ボウイの13枚目のアルバム。

1980年9月11日RCAレコードよりリリースされた。

その後、1991年EMI(米国ではRYKO)よりCD化され再発売されており、その際ボーナストラックとして未発表テイクが4曲追加収録されている。

解説[編集]

このアルバムは「ベルリン三部作」の後に制作された、デヴィッド・ボウイにとってRCAレコード在籍時の最後のスタジオ・アルバムとなった作品である。内容としては、初のヒット曲となった「スペイス・オディティ」(1969年)に登場する架空の人物である「トム少佐」が再登場する曲、「アッシュズ・トゥ・アッシュズ」において、「トム少佐」は宇宙飛行士ではなく単なる薬物中毒者であると言い切り、1970年代の自身の活動を否定するような歌詞であるこの曲が象徴となっている。また、ボウイ自身がピエロの扮装をしたり、怯えたトム少佐を演じた同曲のミュージック・ビデオは高評価を得た。前作までの「ベルリン三部作」は音楽面では評価は高かったものの、商業的には成功したとは言えなかった。しかし、本アルバムは全英1位を獲得し、商業的な成功を収めるとともに後にアメリカを含む世界規模でヒットした『レッツ・ダンス』(1983年)以降の作品につながる事となった。

収録曲[編集]

A面
# タイトル 作詞・作曲 時間
1. 「イッツ・ノー・ゲーム(パート1)」(It's No Game (Part1))  
2. 「アップ・ザ・ヒル・バックワーズ」(Up the Hill Backwards)  
3. 「スケアリー・モンスターズ(アンド・スーパー・クリプス)」(Scary Monsters (and Super Creeps))  
4. 「アッシュズ・トゥ・アッシュズ」(Ashes to Ashes)  
5. 「ファッション」(Fashion)  
B面
# タイトル 作詞・作曲 時間
6. 「ティーンエイジ・ワイルドライフ」(Teenage Wildlife)  
7. 「スクリーム・ライク・ア・ベイビー」(Scream Like a Baby)  
8. 「キングダム・カム」(Kingdom Come) トム・ヴァーレイン
9. 「ビコーズ・ユアー・ヤング」(Because You're Young)  
10. 「イッツ・ノー・ゲーム(パート2)」(It's No Game (Part2))  
合計時間:
ボーナストラック(1991年盤)
# タイトル 作詞・作曲 時間
11. スペイス・オディティ(Space Oddity (Re-Recorded single B-side,1979))  
12. 「パニック・イン・デトロイト」(Panic in Detroit (Re-Recorded version,previously unreleased,1979))  
13. 「クリスタル・ジャパン<インスト>」(Crystal Japan (Japanese single A-side,1979))  
14. 「アラバマ・ソング」(Alabama Song (UK single A-side,1979)) 作詞:ベルトルト・ブレヒト/作曲:クルト・ヴァイル

参加ミュージシャン[編集]