ヤング・アメリカンズ (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヤング・アメリカンズ
デヴィッド・ボウイスタジオ・アルバム
リリース
録音 1974年8月11日 -
1975年1月
Sigma Sound, Philadelphia, USA
Electric Lady, New York, USA
ジャンル ロック
時間
レーベル RCAレコード
プロデュース トニー・ヴィスコンティ
デヴィッド・ボウイ
ハリー・マスリン
専門評論家によるレビュー
  • All Music Guide 星3.5 / 5 link
チャート最高順位
  • 2位(全英アルバムチャート
  • 9位(Billboard 200
  • ゴールドディスク
  • シルバー(イギリス
  • ゴールド(アメリカ
  • ゴールド(カナダ
  • デヴィッド・ボウイ 年表
    デビッド・ボウイ・ライブ
    1974年) 
    ヤング・アメリカンズ
    1975年
    ステイション・トゥ・ステイション
    1976年
    『ヤング・アメリカンズ』収録のシングル
    1. ヤング・アメリカンズ
      リリース: 1975年2月21日
    2. フェイム
      リリース: 1975年7月25日
    テンプレートを表示

    ヤング・アメリカンズ[1][2](原題:Young Americans、『ヤング・アメリカン』という日本語表記もある[3])は、イギリスミュージシャンであるデヴィッド・ボウイの8枚目のアルバム。

    1975年3月7日RCAレコードよりリリースされた。

    1991年EMI(米国ではRYKO)よりCD化され再発売されており、その際ボーナストラックとして未発表テイクが3曲追加収録されている。また、2007年4月4日にはEMIより新たな未発表音源を追加したCDと、全曲高音質化されたオーディオDVDに特典映像が追加されている2枚組の「スペシャル・エディション」として再発売されている。

    解説[編集]

    フィラデルフィア・ソウルの本拠地と言えるシグマ・サウンド・スタジオでレコーディングされただけに、ソウル色の濃い作品である。本作で大活躍したギタリストカルロス・アロマーは、その後長きに渡ってボウイのパートナーを務めた。ベーシストのウィリー・ウィークスとドラマーのアンディ・ニューマークとのリズム体は、かつてジョージ・ハリスンロン・ウッドなどのアルバムで活躍してきた強者である。サックスには、デヴィッド・サンボーンも参加。

    また、ジョン・レノンとの共演も話題となり、ニューヨークのエレクトリック・レディ・スタジオで、ビートルズの「アクロス・ザ・ユニヴァース」と共作の「フェイム」の2曲をレコーディングした。

    チャート・アクションは全英2位、全米9位。第2弾シングル「フェイム」は、ボウイにとって初の全米1位となった。

    本作発表後はツアーを行わず、初主演映画『地球に落ちて来た男』の撮影に入った。

    収録曲[編集]

    A面
    #タイトル作詞・作曲時間
    1.ヤング・アメリカンズ(Young Americans)デヴィッド・ボウイ
    2.「愛の勝利」(Win)デヴィッド・ボウイ
    3.「ファスシネイション」(Fascination)デヴィッド・ボウイ、ルーサー・ヴァンドロス
    4.「ライト」(Right)デヴィッド・ボウイ
    B面
    #タイトル作詞・作曲時間
    5.「幸運の神」(Somebody Up There Likes Me)デヴィッド・ボウイ
    6.アクロス・ザ・ユニヴァース(Across the Universe)ジョン・レノンポール・マッカートニー
    7.「恋のささやき」(Can You Hear Me)デヴィッド・ボウイ
    8.フェイム(Fame)デヴィッド・ボウイ、ジョン・レノン、カルロス・アロマー
    合計時間:

    ボーナストラック[編集]

    ボーナストラック(1991年盤)
    #タイトル作詞・作曲時間
    9.「フー・キャン・アイ・ビー・ナウ?」(Who Can I Be Now?(Previously unreleased track recorded from 1974))デヴィッド・ボウイ
    10.「イッツ・ゴナ・ビー・ミー」(It's Gonna Be Me(Previously unreleased track recorded from 1974))デヴィッド・ボウイ
    11.「ジョン・アイム・オンリー・ダンシング・アゲイン」(John,I'm Only Dancing Again (Single A-side recorded 1974))デヴィッド・ボウイ
    ボーナストラック(2007年 スペシャル・エディション) DISC 1 CD
    #タイトル作詞・作曲時間
    9.「ジョン、アイム・オンリー・ダンシング (アゲイン)」(John, I’m Only Dancing (Again))デヴィッド・ボウイ
    10.「フー・キャン・アイ・ビー・ナウ?」(Who Can I Be Now?)デヴィッド・ボウイ
    11.「イッツ・ゴナ・ビー・ミー (With Strings) <未発表音源>」(It's Gonna Be Me" (alternate version, with strings))デヴィッド・ボウイ 
    ボーナストラック(2007年 スペシャル・エディション) DISC 2 DVD
    #タイトル作詞・作曲
    12.「1984年(ディック・キャヴェット・ショー)」(1984 (live on The Dick Cavett Show))デヴィッド・ボウイ
    13.「ヤング・アメリカンズ(ディック・キャベット・ショー)」(Young Americans" (live on The Dick Cavett Show))デヴィッド・ボウイ
    14.「ディック・キャベットとのインタビュー」(Dick Cavett Interviews David Bowie) 

    曲解説[編集]

    A面[編集]

    1. ヤング・アメリカンズ - Young Americans
    2. 愛の勝利 - Win
    3. ファスシネイション - Fascination
    4. ライト - Right

    B面[編集]

    1. 幸運の神 - Somebody Up There Likes Me
    2. アクロス・ザ・ユニヴァース - Across The Universe
    3. 恋のささやき - Can You Hear Me
    4. フェイム - Fame
      1990年宮沢りえが「Game」というタイトルでカバーしている。

    ボーナストラック[編集]

    1. フー・キャン・アイ・ビー・ナウ? - Who Can I Be Now?(Previously unreleased track recorded from 1974)
    2. イッツ・ゴナ・ビー・ミー - It's Gonna Be Me(Previously unreleased track recorded from 1974)
    3. ジョン・アイム・オンリー・ダンシング・アゲイン - John,I'm Only Dancing Again(Single A-side recorded 1974)

    参加ミュージシャン[編集]

    • デヴィッド・ボウイ - ボーカルギターピアノ
    • カルロス・アロマー - ギター
    • アール・スリック - ギター(「アクロス・ザ・ユニヴァース」「フェイム」のみ)
    • ジョン・レノン - ギター、ボーカル(「アクロス・ザ・ユニヴァース」「フェイム」のみ)
    • ウィリー・ウィークス - ベース
    • エミール・カッサン - ベース(「アクロス・ザ・ユニヴァース」「フェイム」のみ)
    • アンディー・ニューマーク - ドラムス
    • デニス・デイビス - ドラムス(「アクロス・ザ・ユニヴァース」「フェイム」のみ)
    • マイク・ガースン - ピアノ
    • デヴィッド・サンボーン - サクソフォーン
    • ラリー・ワシントン - コンガ
    • パブロ・ロザリオ - パーカッション
    • ラルフ・マクドナルド - パーカッション(「アクロス・ザ・ユニヴァース」「フェイム」のみ)
    • アヴァ・チェリー - バッキング・ボーカル
    • ロビン・クラーク - バッキング・ボーカル
    • ルーサー・ヴァンドロス - バッキング・ボーカル
    • アンソニー・ヒントン - バッキング・ボーカル
    • ダイアナ・サムラー - バッキング・ボーカル
    • ジーン・ファインバーグ - バッキング・ボーカル(「アクロス・ザ・ユニヴァース」「フェイム」のみ)
    • ジーン・ミリントン - バッキング・ボーカル(「アクロス・ザ・ユニヴァース」「フェイム」のみ)

    脚注[編集]

    1. ^ 『シンコー・ミュージック・ムック CROSSBEAT Special Edition 増補改訂版 デヴィッド・ボウイ』、p. 114。
    2. ^ 吉村栄一「デヴィッド・ボウイ ディスコグラフィー 一九六七─二〇一六」、『ユリイカ2016年4月号 特集=デヴィッド・ボウイ』、p. 227。
    3. ^ David Bowie / デヴィッド・ボウイ「YOUNG AMERICANS / ヤング・アメリカン」|ワーナーミュージック・ジャパン