ボウイ債

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ボウイ債(ボウイさい)とは、ロックミュージシャンデヴィッド・ボウイ1997年に発行した債券(正確には資産担保証券(ABS))である。

1990年以前に録音された自らの楽曲(278曲、アルバム25枚)の著作権が生み出す利益と、将来ライブで稼ぐ金を担保にして発行した。

ムーディーズからA3の長期信用格付けを受け、アメリカ保険会社プルデンシャル・ファイナンシャルが一括して全ての債券(総額5,500万USドル)を買い取った。その後、音楽業界の不振により、ムーディーズは2004年5月、格付けをBaa3に下げている。

この後、ジェームス・ブラウンその他のミュージシャンが、同様の債券を発行した。これらの債券は、ボウイ債を手がけたデヴィッド・プルマンの名を採り「プルマン債」(Pullman Bonds)とも呼ばれる。知的財産権証券化や、ポップミュージック映画などのアートエンターテインメント産業の新たな資金調達方法の、先駆け(または象徴)となった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]