ティン・マシーンII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ティン・マシーンII
ティン・マシーンスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル ヴィクトリー・ミュージック
プロデュース ティン・マシーン、ティム・パーマーヒュー・パジャム
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 14位(ノルウェー[1]
  • 19位(スウェーデン[2]
  • 23位(イギリス[3]
  • 25位(オーストリア[4]
  • 32位(日本[5]
  • 33位(オランダ[6]
  • 126位(アメリカ)
  • ティン・マシーン アルバム 年表
    ティン・マシーン
    (1989年)
    ティン・マシーンII
    (1991年)
    ティン・マシーン・ライヴOY VEY, BABY
    (1992年)
    テンプレートを表示

    ティン・マシーンII (Tin Machine II)は、イギリスロックバンドティン・マシーンの2枚目のアルバム。

    1991年9月2日にヴィクトリー・ミュージックよりリリースされた。

    解説[編集]

    結果的にはティン・マシーンにとって最後のスタジオ・アルバムとなった。イギリスでは、「ユー・ビロング・イン・ロックン・ロール」(全英33位[3])と「ベイビー・ユニヴァーサル」(全英48位[3])がシングル・カットされた。「イフ・ゼア・イズ・サムシング」は、ロキシー・ミュージックのアルバム『ロキシー・ミュージック』(1972年)収録曲のカヴァーである。

    本国イギリスのチャートでは最高23位、アメリカにおいては100位以内にすらチャートインせず、商業的には失敗に終わった。

    収録曲[編集]

    1. ベイビー・ユニヴァーサル - "Baby Universal" (3:19)
    2. ワン・ショット - "One Shot" (5:11)
    3. ユー・ビロング・イン・ロックン・ロール - "You Belong in Rock'n Roll" (4:07)
    4. イフ・ゼア・イズ・サムシング - "If There is Something" (4:45)
    5. アムラプーラ - "Amulapura" (3:46)
    6. ベティ・ロング - "Betty Wrong" (3:47)
    7. ユー・キャント・トーク - "You Can't Talk" (3:09)
    8. ステイトサイド - "Stateside" (5:38)
    9. ショッピング・フォー・ガールズ - "Shopping For Girls" (3:43)
    10. ア・ビッグ・ハート - "A Big Hurt" (3:39)
    11. ソーリー - "Sorry" (3:38)
    12. グッバイ・ミスター・エド - "Goodbye Mr.Ed" (4:23)

    参加ミュージシャン[編集]

    サポート・メンバー

    脚注[編集]