アラジン・セイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アラジン・セイン
デヴィッド・ボウイスタジオ・アルバム
リリース
録音 1972年12月 - 1973年1月24日
Trident Studios, London, UK
ジャンル ロック
時間
レーベル RCA
プロデュース デヴィッド・ボウイ
ケン・スコット
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(全英アルバムチャート
  • 17位(Billboard 200
  • ゴールドディスク
  • ゴールド(アメリカ
  • デヴィッド・ボウイ 年表
    ジギー・スターダスト
    1972年
    アラジン・セイン
    1973年
    ピンナップス
    (1973年)
    『アラジン・セイン』収録のシングル
    1. ジーン・ジニー
      リリース: 1972年11月24日
    2. ドライヴ・インの土曜日
      リリース: 1973年4月6日
    3. 時間
      リリース: 1973年4月13日
    4. 夜をぶっとばせ
      リリース: 1973年7月
    テンプレートを表示

    アラジン・セイン原題:Aladdin Sane)は、イギリスミュージシャンであるデヴィッド・ボウイの6枚目のアルバム。

    1973年4月13日RCAレコードよりリリースされた。その後、1990年EMI(米国ではRYKO)よりCD化され再リリースされている。また、1999年にはEMIより24ビット・デジタル・リマスタリング盤として、2003年には30thアニバーサリー・エディションとして再リリースされており、その際は2枚組で10曲がボーナストラックとして追加収録されている。

    解説[編集]

    基本的なバック・ミュージシャンは、前2作と同様スパイダーズ・フロム・マーズミック・ロンソン、トレヴァー・ボルダー、ウッディ・ウッドマンジー)だが、ジャズ畑のピアニスト、マイク・ガーソンの参加により、より退廃的な美学に満ちたサウンドを獲得。

    前作『ジギー・スターダスト』のツアーで初めて本格的に乗り込んだアメリカの風土や文化からの刺激を多分に受けており、またイーヴリン・ウォーの長編小説『Vile Bodies』もコンセプトの一旦として据えられている。

    アルバム・タイトルは、『A Lad In Vain(空虚な若者)』、『A Lad Insane(狂気の若者)』、『A Land Insane(狂気の国)』といったドラッグを思わせる候補に二転三転したと言われているが、最終的には隠語的でパントマイムの神秘性や混乱した精神という意味も含んだ『Aladdin Sane』に落ち着いた。

    タイトル曲の副題(1913-1938-197?)は第一次第二次世界大戦勃発のそれぞれ前年を指しており、最後はベトナム戦争から世界は破滅を辿るとの暗示だったという。

    「プリティエスト・スター The Prettiest Star」は、以前シングルで発表された曲(この時のリード・ギターはマーク・ボランだった)のリメイク

    本作のセッションでは、モット・ザ・フープルによるヒットで知られる「すべての若き野郎ども (All The Young Dudes)」もレコーディングされていた。

    先行シングル「ジーン・ジニー (The Jean Genie)」は全英2位の大ヒットとなるが、全米では71位止まりであった。しかしアルバムの方は、ボウイ初のワールド・ツアーの終了に合わせて発売されたこともあり、念願の全英1位を5週連続で記録。全米でも初のトップ20入り(最高17位)を果たした。

    ピエール・ラロシュによるジャケットの稲妻を思わせる独創的なメイクは、ナショナルの炊飯器に付いていたマークがモチーフである。

    『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500』に於いて、279位にランクイン[1]

    収録曲[編集]

    A面
    #タイトル作詞・作曲時間
    1.「あの男を注意しろ」(Watch That Man) 
    2.「アラジン・セイン (1913・1938・197?)」(Aladdin Sane) 
    3.「ドライヴ・インの土曜日」(Drive In Saturday) 
    4.「デトロイトでのパニック」(Panic In Detroit) 
    5.「気のふれた男優」(Cracked Actor) 
    B面
    #タイトル作詞・作曲時間
    6.「時間」(Time) 
    7.「プリティエスト・スター」(The Prettiest Star) 
    8.「夜をぶっとばせ」(Let's Spend the Night Together)ミック・ジャガーキース・リチャーズ
    9.「ジーン・ジニー」(The Jean Genie) 
    10.「薄笑いソウルの淑女」(Lady Grinning Soul) 
    合計時間:

    ボーナストラック[編集]

    ボーナストラック(2003年盤)
    全作詞・作曲: デヴィッド・ボウイ
    #タイトル作詞作曲・編曲時間
    1.「ジョン、アイム・オンリー・ダンシング(サックス・ヴァージョン)」(John, I’m Only Dancing (Sax Version))デヴィッド・ボウイデヴィッド・ボウイ
    2.「ジーン・ジニー(オリジナル・シングルMix)」(The Jean Genie (Original Single Mix))デヴィッド・ボウイデヴィッド・ボウイ
    3.「時間(シングル・エディット)」(Time (US Single Edit))デヴィッド・ボウイデヴィッド・ボウイ
    4.「すべての若き野郎ども」(All The Young Dudes)デヴィッド・ボウイデヴィッド・ボウイ
    5.「チェンジス(ライヴ)」(Changes (Live in Boston, 1 Oct 1972))デヴィッド・ボウイデヴィッド・ボウイ
    6.「スーパーメン(ライヴ)」(The Supermen (Live in Boston, 1 Oct 1972))デヴィッド・ボウイデヴィッド・ボウイ
    7.「火星の生活(ライヴ)」(Life On Mars (Live In Boston, 1 Oct 1972))デヴィッド・ボウイデヴィッド・ボウイ
    8.「ジョン、アイム・オンリー・ダンシング(ライヴ)」(John, I’m Only Dancing (Live in Boston, 1 Oct 1972))デヴィッド・ボウイデヴィッド・ボウイ
    9.「ジーン・ジニー(ライヴ)」(The Jean Genie (Live in Santa Monica, 20 Oct 1972))デヴィッド・ボウイデヴィッド・ボウイ
    10.「ドライヴ・インの土曜日(ライヴ)」(Drive In Saturday (Live in Cleveland, 25 Nov 1972))デヴィッド・ボウイデヴィッド・ボウイ

    参加ミュージシャン[編集]

    • デヴィッド・ボウイ - ボーカルギターハーモニカサクソフォーン
    • ミック・ロンソン - ギター、ピアノ、ボーカル
    • トレバー・ボルダー - ベース
    • ミック・ウッドマンジー - ドラムス
    • ケン・フォードハム - サクソフォーン
    • ブライアン "バックス" ウィルショウ - サクソフォーン、フルート
    • マイク・ガースン - ピアノ
    • ジュアニータ "ハニー" フランクリン - バッキング・ボーカル
    • リンダ・レウィス - バッキング・ボーカル
    • マック・コーマック - バッキング・ボーカル

    脚注[編集]

    1. ^ 500 Greatest Albums of All Time: David Bowie, 'Aladdin Sane' | Rolling Stone