ナイル・ロジャース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナイル・ロジャース
Nile Rodgers
NileRodgers2012.png
ナイル・ロジャース(2012年)
基本情報
出生名 Nile Gregory Rodgers
生誕 (1952-09-19) 1952年9月19日(68歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ニューヨーク
ジャンル ポップ・ミュージック
ロック
R&B
ディスコ
職業 音楽プロデューサー
コンポーザー
アレンジャー
ミュージシャン
ギタリスト
担当楽器 エレクトリック・ギター
活動期間 1970年 -
レーベル Sumthing Else Music Works
共同作業者 シックマドンナダイアナ・ロス
公式サイト Official Website
Official MySpace

ナイル・ロジャースNile Rodgers1952年9月19日 - )は、アメリカ音楽プロデューサーギタリストである。ニューヨーク州出身。

略歴[編集]

幼少の頃よりジャズに親しみ、15歳の時にグリニッジ・ビレッジを拠点に音楽活動を開始する。アポロ・シアターでの音楽監督を経て、1977年に音楽仲間であったベーシスト、バーナード・エドワーズ英語版と共に、ファンクバンド、シック(Chic)を結成。ここでは、ソングライターやギタリストとして活躍し、洗練された楽曲と斬新で力強いリズムは評判を呼び、当時隆盛であったディスコの影響も受け、幅広い層から支持を受ける人気バンドとなった。

1980年代からは、バーナードとコンビを組み、デボラ・ハリーブロンディ)をはじめとして、プロデューサーとしての活動を開始。メイン・プロデューサーを務めたマドンナのアルバム『ライク・ア・ヴァージン』、デヴィッド・ボウイのアルバム『レッツ・ダンス』がそれぞれ世界中で大ヒットを記録し、以降、ダイアナ・ロスデュラン・デュランミック・ジャガー等、数々の大物アーティストを手がけ、1980年代の音楽シーンを席巻する名プロデューサーとなった。

1992年には、シックの新作を発表、1996年には、日本で開催された「JTスーパーサウンド」のプロデューサーを務め、成功に導くも、来日していたバーナード・エドワーズが客死するという悲劇に見舞われる。

しかし、映画・ゲームのサウンドトラックや自社レーベルの立ち上げなど、裏方を中心に活動を続ける。2000年代にはグラミー賞の音楽監督を務め、近年では旧友のオマー・ハキムを従え、シックを再結成。各地でツアーを行うなど、精力的に活動している。

2011年1月、ウェブサイトで癌の手術を受けたことを公表した。

2013年にリリースされた、ダフト・パンクのアルバム『ランダム・アクセス・メモリーズ』内の3曲にギタリストとして参加し、「ゲット・ラッキー」や「ルーズ・ユアセルフ・トゥ・ダンス英語版」のミュージック・ビデオにも出演している。

ギタリストとして[編集]

カッティングを得意とし、正確で躍動感溢れるリズムと多才なフレージングを特徴としている。ジャズの知識を活かし、3本や4本など少ない弦を使い、曲調に多才な彩を加えるコード・ボイシングは、様々なジャンルのミュージシャンに大きな影響を与えている。

メインギターはストラトキャスター(通称Hitmaker)。このギターはその昔、当時のフェンダー社の修理工員が自宅に持ち帰り組み上げたもので1959年製のネックと少し黄身がかかった白にリフィニッシュした1960年製のボディのコンポーネント仕様。その後幾多のパーツ等をリプレイスメントしているが第一線で活躍中である。一時期は東海楽器ESPなど、日本製のギターを使用していたことでも知られる。

その他[編集]

19歳でミュージシャンとしてデビューする以前、過去に自身が差別に遭った経験から、ブラックパンサー党に在籍し、ハーレム地区に住む貧しい、他の黒人の子供達に朝食を配る活動に携わっていたことがある。

ディスコグラフィ[編集]

ソロ・アルバム[編集]

  • 『アドヴェンチャーズ・イン・ザ・ランド・オブ・ザ・グッド・グルーヴ』 - Adventures in the Land of the Good Groove (1983年)
  • 『B-ムーヴィー・マティネー』 - B-Movie Matinee (1985年)
  • 『アウト・ラウド』 - Out Loud (1987年) ※アウトラウド (Outloud)名義
  • 『シック・フリーク』 - Chic Freak and More Treats (1996年)
  • 『グレイテスト・ヒッツ~アップ・オール・ナイト』 - Up All Night (2013年) ※The Chic Organization名義。コンピレーション

サウンドトラック[編集]

シック[編集]

  • 『ダンス・ダンス・ダンス』 - Chic (1977年)
  • 『エレガンス・シック』 - C'est Chic (1978年)
  • 『危険な関係』 - Risqué (1979年)
  • 『リアル・ピープル』 - Real People (1980年)
  • 『テイク・イット・オフ』 - Take It Off (1981年)
  • 『タング・イン・シック』 - Tongue in Chic (1982年)
  • 『ビリーヴァー』 - Believer (1983年)
  • 『シック・イズム』 - Chic-ism (1992年)
  • 『イッツ・アバウト・タイム』 - It's About Time (2018年) ※ナイル・ロジャース&シック名義

主なプロデュース作品[編集]

外部リンク[編集]