INXS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
INXS
INXS.jpg
2007年
基本情報
出身地 オーストラリアの旗 オーストラリア シドニー
ジャンル ロック
ニュー・ウェイヴ
ファンク・ロック
ダンス・ミュージック
活動期間 1977年 - 2012年
レーベル Deluxe(現地のレーベル)
アトランティック
WEA
マーキュリー
ポリグラム
EPIC
共同作業者 ジミー・バーンズ
Max Q
ノイズワークス
公式サイト Official Site
メンバー ギャリー・ゲイリー・ビアーズ(B)
アンドリュー・ファリス(Key)
ジョン・ファリス(Dr)
ティム・ファリス(G)
カーク・ペンギリー(Sax)
旧メンバー マイケル・ハッチェンス(Vo, 1977年 - 1997年
ジョン・スティーヴンス(Vo, 2000年 - 2003年
J.D.フォーチュン(Vo, 2005年 - 2009年
マイケル・ハッチェンス

INXSインエクセス)は、オーストラリアのファンク・ロックバンド1980年代から1990年代初頭にかけてファンキーかつダンサブルなロックでヒットを飛ばし、オーストラリア出身のバンドとして世界的成功をつかんだ。

キャリア[編集]

1977年にボーカリストのマイケル・ハッチェンス、ファリス三兄弟を中心に結成され、1980年にデビュー。地元オーストラリアで人気を獲得した後、1983年にサードアルバム『シャブー・シュバー』でアメリカ進出を果たした。1984年には当時の売れっ子プロデューサー、ナイル・ロジャース[1]が手がけたシングルオリジナル・シン」を発表した。

バンドは当初のニュー・ウェイヴから、ファンク・ロックへと音楽的方向性を転換。1985年、プロデューサーにクリス・トーマスを迎え『リッスン・ライク・シーヴズ』を発表した。シングルカットされた「ホワット・ユー・ニード」は全米5位の大ヒットとなり、ファンク・ロック路線は成功した[2]。ファンキーさを強化したアルバム『キック』からは、88年に全米ナンバーワンとなった「ニード・ユー・トゥナイト[3]や「ニュー・センセイション」など、4曲のヒット曲が生まれた。なお「Mediate」は『キック』中の曲だが、ミュージック・ビデオボブ・ディランのドキュメンタリー映画「Don't Look Back『ドント・ルック・バック_(ボブ・ディランの映画)』」へのオマージュである。

1990年の『X』も好調だったが、ハッチェンスは俳優に挑戦したり、カイリー・ミノーグらと浮き名を流した。この後の作品はセールスが下降したが、1992年にリリースされたアルバム『ホエアエヴァー・ユー・アー』は全英1位を記録。翌年に続くアルバム『フル・ムーン・ダーティ・ハーツ』は全英3位だった。

1997年11月22日、ハッチェンスはシドニーのホテルの一室で自殺。バンドは存続の危機に立たされる。それでもテレンス・トレント・ダービーら何人かのボーカリストをゲスト起用しながらライブ活動を続けた。2005年、アメリカのテレビ番組の企画でバンドは新しいボーカリストを募集、オーディションで12週を勝ち抜いたJ.D.フォーチュンを迎えて復活作を発表した。しかし2009年、フォーチュンは香港に到着した際に解雇された。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

シングル[編集]

  • ワット・ユー・ニード
  • ニード・ユー・トゥナイト
  • ニュー・センセイション
  • デビル・インサイド

日本公演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ シックのメンバーとして「グッド・タイムズ」など多数のヒットをはなった
  2. ^ AUSTRALIAN FUNK-ROCKERS INXS GET A KICK OUT OF TAKING RISKS”. The Morning Call. 2020年10月7日閲覧。
  3. ^ ビルボード年間チャートでも13位の大ヒットとなった

関連項目[編集]

外部リンク[編集]