アトミック・ブロンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アトミック・ブロンド
Atomic Blonde
監督 デヴィッド・リーチ
脚本 カート・ジョンスタッド英語版
原作 アンソニー・ジョンストン英語版&サム・ハート
The Coldest City
製作 シャーリーズ・セロン
ベス・コノ
A・J・ディックス
ケリー・マコーミック
エリック・ギター
ピーター・シュウェリン
製作総指揮 ニック・マイヤー
マーク・シャバーグ
ジョー・ノーゼマック
スティーヴン・V・スカヴェリ
イーサン・スミス
デヴィッド・ギロッド
カート・ジョンスタッド
出演者 シャーリーズ・セロン
ジェームズ・マカヴォイ
音楽 タイラー・ベイツ
撮影 ジョナサン・セラ英語版
編集 エリザベット・ロナルズドッティル
製作会社 デンヴァー・アンド・デリラ・プロダクションズ英語版
クローズド・オン・マンデイズ・エンターテインメント
87イレヴン
配給 アメリカ合衆国の旗フォーカス・フィーチャーズ
日本の旗KADOKAWA
公開 アメリカ合衆国の旗2017年7月28日
日本の旗2017年10月20日
上映時間 115分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $30,000,000[2][3]
興行収入 世界の旗$95,673,925[3]
アメリカ合衆国の旗$51,573,925[3]
日本の旗 2億7000万円[4]
テンプレートを表示

アトミック・ブロンド』(Atomic Blonde)は、2017年アメリカ合衆国で公開されたアクション映画である。監督はデヴィッド・リーチ、主演はシャーリーズ・セロンが務めた。本作はアンソニー・ジョンストン英語版とサム・ハートが2012年に発表したグラフィックノベルThe Coldest City』を原作としている。

概略[編集]

ベルリンの壁崩壊が迫った1989年秋。MI6は潜伏中のスパイを殺害した謎の組織を崩壊させるべく、ロレーン・ブロートンをベルリンへ急行させた。組織の命令でデヴィッド・パーシヴァル(MI6ベルリン支部の責任者)とタッグを組むことになったブロートンは、彼と対立しながらも、驚くべきコンビネーションを発揮し始める。こうして、2人は東側陣営の脅威と立ち向かっていく。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替[5]

製作[編集]

2015年5月、アンソニー・ジョンストンとサム・ハートのグラフィックノベル『The Coldest City』の映画化が発表された[6]。シャーリーズ・セロンは2010年の時点で同作の完成稿を入手しており、その映画化は彼女にとって「入魂のプロジェクト」であったと伝えられている[7]。『ジョン・ウィック』の出来映えが印象に残っていたセロンはデヴィッド・リーチを監督に起用する決断を下した[8]。リーチは本作と『ジョン・ウィック:チャプター2』のどちらを優先すべきか悩んだが、最終的に本作を優先することにした[9]。セロンによると、主演作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の興行的成功が本作を製作する上で大いに役立ったのだという[10]。映画化に際して、原作にはなかったバイセクシャルの要素が盛り込まれたが、これはカート・ジョンスタッドのアイデアであった。「どうすればこの作品を他のスパイ映画と差異化できるか」という難問に頭を抱えていたセロンは、この提案を直ちに採用した[11]。リーチはバイセクシャルなシーンに関して「あれらは観客を挑発するためのシーンではありません。『スパイであれば情報を得るために何でもするだろう』ということを表現したのです。」と語っている[11]

2015年10月、ジェームズ・マカヴォイが本作に出演すると報じられた[12]。11月、ジョン・グッドマンに出演オファーが出ているとの報道があった[13]。当初、エメット・カーツフェルド役にはデヴィッド・ボウイを起用する予定だったが、死の直前にオファーを断られた[14]

ロレイン・ブロートンを演じるに当たって、セロンは8人のトレーナーと共にトレーニングを重ねた。それは非常に過酷なもので、トレーニング中に歯を食いしばっていたところ、セロンの歯が折れてしまうほどだったのだという[15]。なお、偶然にもセロンのトレーニング期間と『ジョン・ウィック:チャプター2』出演のためのキアヌ・リーブスのトレーニング期間が重なったため、2人は切磋琢磨しながらトレーニングすることができた。リーブスはセロンのスパーリング相手も引き受けたと報じられている[16]

撮影[編集]

2015年11月22日、本作の主要撮影ハンガリーブダペストで始まった[17]。なお、撮影はベルリンでも行われた。

サウンドトラック[編集]

リーチはBGMにも細心の注意を払っていた。「冷戦期のスパイを主人公とした映画は汗牛充棟である。どうすればそこに新鮮さを出せるのか」という問いに悩み抜いた結果、本作のサウンドトラックには1980年代のヒット曲及びそのカバーが収録されることとなった。カバー曲も収録したのは、1980年代的な雰囲気を維持しつつ、そこに現代的な雰囲気を足すためであった[18]。使用権の獲得交渉が難航する可能性が懸念されていたが、当初予定の4分の3の楽曲の使用許可を取り付けることができた[19]

公開[編集]

当初、本作は2017年8月11日に全米公開される予定だったが[20]、後に同年7月28日に公開日が前倒しされた[21]

2017年3月12日、本作はサウス・バイ・サウスウエスト映画祭でプレミア上映された[22]

興行収入[編集]

本作は『絵文字の国のジーン』と同じ週に公開され、公開初週末に2000万ドルを稼ぎ出すと予想されていたが[23]、実際の数字はこれを下回るものであった。2017年7月28日、本作は全米3304館で封切られ、公開初週末に1828万ドルを稼ぎだし、週末興行収入ランキング初登場3位となった[24]

評価[編集]

本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには255件のレビューがあり、批評家支持率は76%、平均点は10点満点で6.5点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『アトミック・ブロンド』のストーリーは主役のインパクトの前に埋もれているという感がある。しかし、スタイリッシュなアクションシーンとシャーリーズ・セロンという極めて魅力的なスターのお陰で、その欠点は相殺されている。」となっている[25]。また、Metacriticには50件のレビューがあり、加重平均値は63/100となっている[26]。なお、本作のシネマスコア英語版はBとなっている[27]

出典[編集]

  1. ^ アトミック・ブロンド”. 2017年6月22日閲覧。
  2. ^ Focus Pre-Empts N.A. Rights To ‘The Coldest City;’ Charlize Theron To Star, ‘John Wick’s David Leitch & Chad Stahelski Directing: Cannes”. 2017年6月22日閲覧。
  3. ^ a b c Atomic Blonde (2017)”. Box Office Mojo. 2017年9月10日閲覧。
  4. ^ キネマ旬報』2018年3月下旬 映画業界決算特別号 p.51
  5. ^ アトミック・ブロンド ブルーレイ:セル専用”. 2017年12月22日閲覧。
  6. ^ Focus Pre-Empts N.A. Rights To ‘The Coldest City;’ Charlize Theron To Star, ‘John Wick’s David Leitch & Chad Stahelski Directing: Cannes”. 2017年10月24日閲覧。
  7. ^ How Charlize Theron Got Ripped, Bruised (and Naked!) for ‘Atomic Blonde’”. 2017年10月24日閲覧。
  8. ^ John Wick Inspired Charlize Theron to Make Atomic Blonde”. 2017年10月24日閲覧。
  9. ^ David Leitch Leaves ‘John Wick 2’ to Direct Charlize Theron Spy Movie ‘The Coldest City’”. 2017年10月24日閲覧。
  10. ^ Charlize Theron Would ‘Love to’ Do a Prequel to ‘Mad Max: Fury Road’”. 2017年10月24日閲覧。
  11. ^ a b Charlize Theron breaks down her steamy love affair in Atomic Blonde”. 2017年10月24日閲覧。
  12. ^ James McAvoy to Join Charlize Theron in Focus’ ‘Coldest City’”. 2017年10月24日閲覧。
  13. ^ John Goodman In Talks To Join ‘Coldest City’”. 2017年10月24日閲覧。
  14. ^ Charlize Theron on Fighting Men Twice Her Size in a Blonde Bob and 6-Inch Heels”. 2017年10月24日閲覧。
  15. ^ ‘Atomic Blonde’ Director: “I Really Wanted To Try Some Provocative Things With Action” – SXSW”. 2017年10月24日閲覧。
  16. ^ Charlize Theron and Keanu Reeves: Action-movie sparring partners?”. 2017年10月24日閲覧。
  17. ^ On the Set for 12/4/15: Gal Gadot Grabs Her Lasso for ‘Wonder Woman’, Brad Pitt Wraps ‘War Machine’, ‘Resident Evil’ Team Finish Final Chapter”. 2017年6月22日閲覧。
  18. ^ How ‘Atomic Blonde’ Director David Leitch Used Music To Turn A Stuffy Cold War Film Into A Spy Thriller”. 2017年10月24日閲覧。
  19. ^ Interview: Atomic Blonde & Deadpool 2 Director David Leitch”. 2017年10月24日閲覧。
  20. ^ Charlize Theron, James McAvoy thriller The Coldest City gets release date”. 2017年6月22日閲覧。
  21. ^ Charlize Theron Spy Thriller ‘The Coldest City’ Moves Up To July – Update”. 2017年6月22日閲覧。
  22. ^ Charlize Theron MI6 Movie ‘The Coldest City’ Retitled & Will Debut At SXSW”. 2017年6月22日閲覧。
  23. ^ Will ‘Dunkirk’ Stay Afloat Against ‘Atomic Blonde,’ ‘Emoji Movie’ at Box Office This Weekend?”. 2017年10月24日閲覧。
  24. ^ July 28-30, 2017”. 2017年10月24日閲覧。
  25. ^ Atomic Blonde”. 2017年10月28日閲覧。
  26. ^ Atomic Blonde (2017)”. 2017年10月28日閲覧。
  27. ^ ‘Dunkirk’ Marches Ahead Of ‘Emoji Movie’ After Close Battle For No. 1 – Final Sunday Update”. 2017年10月28日閲覧。

外部リンク[編集]