ガール・ネクスト・ドア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ガール・ネクスト・ドア
The Girl Next Door
監督 ルーク・グリーンフィールド
脚本 スチュアート・ブラムバーグ
製作 ハリー・ギテス
チャールズ・ゴードン
マーク・スターンバーグ
製作総指揮 アーノン・ミルチャン
ガイ・リーデル
出演者 エリシャ・カスバート
エミール・ハーシュ
ティモシー・オリファント
音楽 ポール・ハスリンジャー
撮影 ジェイミー・アンダーソン
編集 マーク・リヴォルシー
製作会社 リージェンシー・エンタープライズ
ニュー・リージェンシー・プロダクションズ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2004年3月27日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $30,411,183[1]
テンプレートを表示

ガール・ネクスト・ドア』(原題: The Girl Next Door)は、2004年アメリカ合衆国の映画

概要[編集]

ルーク・グリーンフィールド監督、エリシャ・カスバート、エミール・ハーシュ主演の青春ロマンティック・コメディ映画。

日本では劇場未公開だが、主演のエリシャ・カスバートが『24 -TWENTY FOUR-』のキンバリー・バウアー(キム)役で有名になったことで日本語吹替版を収録したDVDBlu-ray Discが発売(ビデオスルー)された。(アメリカではDVDが2種類(Unrated版=110分とR-Rated版=109分)、Blu-ray DiscはUnrated版を発売)

作中、実在するアメリカのポルノスターがカメオ出演している。

あらすじ[編集]

勉強以外はパッとしない、卒業間近の真面目な男子高校生マシュー(エミール・ハーシュ)は、カンボジアの秀才であるサムヤンを迎い入れる為の留学費用2万5千ドルを寄付で集め、自身もジョージタウン大学に合格するも進学費用を工面するための奨学金選考に向けてスピーチ作りに焦っていた。殆どのクラスメイトがプロムで初体験を済ませるのに対してこれまで彼女がいない童貞。夢はアメリカ合衆国大統領

ある日、マシューの隣家にコンバーチブルに乗った一見清純そうで魅力的なダニエル(エリシャ・カスバート)が引っ越してくる。彼女の着替えを偶然覗いたマシューは一目惚れし虜になるが、自由奔放で少しシリアスな彼女に振り回されていくうちに恋愛感情が芽生える。ある日、マシューの親友が入手したアダルトビデオ(AV)を観せられ、ダニエルはそれに出演していたかつての人気ポルノ女優アテナだったこと知る。その後、親友のアドバイスからマシューはダニエルとモーテルに入るが、ダニエルは軽率だと嫌悪の仲になる。明くる日、AVプロデューサーで恋人関係にあったケリー(ティモシー・オリファント)がダニエルの前に現れ、AV業界へ復帰させようとラスベガスのパーティーへ連れて行く。二人の後を追ったマシューはダニエルの説得に成功し、彼女は学ぶ意欲を抱き始める。

奨学金の選考を兼ねた夕食会の当日、嫉妬と逆恨みを持ったケリーはマシューにエクスタシーを飲ませ、マシューは気分が高揚し原稿通りの発言ができず選考に漏れて失敗する。また、管理していたサムヤンの留学基金を顧問に成りすましたケリーが勝手に解約して持ち逃げした事も発覚する。その穴を埋めるべく、マシューはケリーのアイディアを盗用し、コンドームの装着法など性教育を題材とした斬新なアダルトビデオの企画をケリーのライバルのAVプロデューサーであるヒューゴ(ジェームズ・レマー)に持ちかけ、自分たちのプロムの最中に仲間達で撮影を敢行。商品化されたそのAVは世界中の学校で採用されて大ヒットとなり、それぞれの道へ歩み出す。

物語を通じてマシューは人間的に成長し、ダニエルは過去を捨てて生まれ変わろうとするのだった。

キャスト[編集]

役名:役者(日本語吹替)

スタッフ[編集]

挿入曲[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ The Girl Next Door”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年1月14日閲覧。

外部リンク[編集]