華麗なるレース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
華麗なるレース
クイーンスタジオ・アルバム
リリース
録音 1976年7月 - 11月
ジャンル ハードロック
時間
レーベル イギリスの旗EMI
アメリカ合衆国の旗エレクトラ・レコード
キャピトル・レコード(再発売)
ハリウッド・レコード(再々発)
プロデュース クイーンマイク・ストーン
専門評論家によるレビュー
クイーン 年表
オペラ座の夜
(1975年)
華麗なるレース
(1976年)
世界に捧ぐ
(1977年)
『華麗なるレース』収録のシングル
  1. 愛にすべてを
    リリース: 1976年11月12日
  2. タイ・ユア・マザー・ダウン
    リリース: 1977年3月4日
  3. 手をとりあって
    リリース: 1977年3月25日(日本)
  4. 懐かしのラヴァー・ボーイ
    リリース: 1977年5月20日
  5. ロング・アウェイ
    リリース: 1977年6月7日
    (アメリカ、カナダ、ニュージーランド)
テンプレートを表示

華麗なるレース』(A Day at the Races)は、イギリスロックバンドクイーンの5枚目のアルバムである。

解説[編集]

過去最高のヒットとなった前作『オペラ座の夜』と対となるイメージを持った形になっている。

当時の日本のファンを喜ばせたのは、このアルバムに日本語の歌詞が含まれる曲、「TEO TORRIATTE」(手をとりあって)が収録されたことであった。本来のローマ字の綴り方ならば「TEO TORIATTE」のはずなのだが、なぜか発表当初からRが重なっている。

クイーンにとって初の自己プロデュース作品であり、かつ前作『オペラ座の夜』の延長線上で、初期のピークとなった作品。曲単位の充実度は一部本作の方が上ともいえるが、ロックバンドとしてのショッキング性やバラエティーの豊かさでは、前作に軍配をあげるという評価が多い。また日本では、クイーンの歴史を通じ、前作『オペラ座の夜』から本作までのファンが最も多いともいわれている。

前作同様のメンバー全員の誕生星座をあしらったロゴマークは、フレディによるもの。また、アルバムタイトルも前作同様、アメリカのコメディ俳優マルクス兄弟の映画のタイトルからとられたものである。

発売日[編集]

チャートイン[編集]

  • 全英 1位 (UK ALBUMS CHART)
  • 全米 1位 (BILLBOARD)
  • 日本 1位 (オリコン)

収録曲[編集]

Side A[編集]

  1. タイ・ユア・マザー・ダウン - Tie Your Mother Down (May) - 4:47 *
  2. テイク・マイ・ブレス・アウェイ - You Take My Breath Away (Mercury) - 5:08
  3. ロング・アウェイ - Long Away (May)- 3:33 *
  4. ミリオネア・ワルツ - The Millionaire Waltz (Mercury) - 4:54
  5. ユー・アンド・アイ - You and I (Deacon) - 3:25

Side B[編集]

  1. 愛にすべてを - Somebody to Love (Mercury) - 4:56 *
  2. ホワイト・マン - White Man (May) - 4:59
  3. 懐かしのラヴァー・ボーイ - Good Old Fashioned Lover Boy (Mercury) - 2:54 *
  4. さまよい - Drowse (Taylor) - 3:45
  5. 手をとりあって- Teo Torriatte (Let Us Cling Together) (May) - 5:57 *
    • (*Single)