ラヴ・オブ・マイ・ライフ (クイーンの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラヴ・オブ・マイ・ライフ
クイーン楽曲
収録アルバム オペラ座の夜
リリース 1975年11月21日
録音 1975年
ジャンル バラード
ロック
時間 3分39秒
レーベル イギリスの旗EMI
アメリカ合衆国の旗エレクトラ・レコード
作詞者 フレディ・マーキュリー
プロデュース クイーンロイ・ベイカー

オペラ座の夜 収録曲
A面
  1. デス・オン・トゥ・レッグス
  2. うつろな日曜日
  3. アイム・イン・ラヴ・ウィズ・マイ・カー
  4. マイ・ベスト・フレンド
  5. '39
  6. スウィート・レディ
  7. シーサイド・ランデヴー
B面
  1. 預言者の唄
  2. ラヴ・オブ・マイ・ライフ
  3. グッド・カンパニー
  4. ボヘミアン・ラプソディ
  5. ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン
ミュージックビデオ
「Love Of My Life」 - YouTube

ラブ・オブ・マイ・ライフLove Of My Life)は、1975年イギリスのロックバンドクイーンが発表した楽曲。

概要[編集]

1975年に発売された4作目のアルバム『オペラ座の夜』に収録されている[1]

フレディ・マーキュリーによって書かれた楽曲で、当時の恋人メアリー・オースティンに向けたバラード[2][3][4][5]。後に同じ趣旨の楽曲として、ロジャー・テイラーは「輝ける日々」という楽曲を書いている。

スタジオとライブでアレンジが異なり、ライブではブライアン・メイによる12弦ギターの伴奏のみというアレンジになっている。

ライブ演奏[編集]

1979年に行われた「Live Killers Tour」で演奏されたときは、フレディが途中で唄うのをやめ、観客に引き継がせた。このパフォーマンスが好評で、後にこの音源がシングルとしてリリースされた[1]

1981年南アメリカで行なわれたライブで演奏された音源もシングルとしてリリースされており、ブラジルアルゼンチンで最高1位を記録している。

1985年1月10日から20日にかけてブラジルリオデジャネイロで開催された「ロック・イン・リオ」でも演奏されており、曲の前半で観客が合唱した。この時のパフォーマンスは、2018年に公開された映画『ボヘミアン・ラプソディ』でも再現された[注釈 1]

プレイヤー[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 音源は当時のものが使用され、サウンドトラック盤『ボヘミアン・ラプソディ (オリジナル・サウンドトラック)』にも収録された。

出典[編集]

  1. ^ a b Love of My Life AllMusic. 2019年1月11日閲覧
  2. ^ Top 10 Freddie Mercury Queen Songs”. Ultimate Classic Rock. 2019年1月11日閲覧。
  3. ^ Mary Austin: The woman who inspired Freddie Mercury as a muse and stood by him at the end”. Timera Inc. (2017年7月18日). 2019年1月11日閲覧。
  4. ^ Runtagh, Jordan. “Freddie Mercury: 10 Things You Didn’t Know Queen Singer Did”. Rolling Stone. 2019年1月11日閲覧。
  5. ^ 映画『ボヘミアン・ラプソディ』が伝えるクイーンについての10の事実”. uDiscoverMusic.. ユニバーサル ミュージック グループ (2018年12月22日). 2019年1月11日閲覧。