2020年東京オリンピックの開会式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2020年東京オリンピックの開会式
Games of the XXXII Olympiad XXIII Opening Ceremony
第32回オリンピック競技大会開会式
第32回オリンピック競技大会開会式
イベントの種類 開会式
開催時期 2021年7月23日20:00 - 23:51 JST (UTC+9)
(3時間51分)
会場 日本の旗 日本 東京都オリンピックスタジアム(国立競技場)
主催 IOC
運営 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

2020年東京オリンピックの開会式(2020ねんとうきょうオリンピックのかいかいしき、英語: 2020 Summer Olympics opening ceremony)は、2021年令和3年)7月23日金曜日スポーツの日)20時から約3時間半、オリンピックスタジアム国立競技場)で行われた東京2020オリンピック競技大会開会式[1]。式典はオリンピック憲章に従って行われた。

概要[編集]

開会式が催されている会場の様子

開会式のコンセプトは“United by Emotion”(参考和訳:感動で、私たちは一つになる)[2][3]

当初は2020年7月24日に予定していたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行に伴い、1年延期となったため上記日程となった。

入場券は最高で30万円、最低で12,000円で販売していたが[4]東京都COVID-19流行拡大による緊急事態宣言発令を受け、無観客で開催された[5][6]

当初は23時に式典を終了させる予定だったが、入場行進において、ソーシャルディスタンス対策として、選手間の距離を2メートル以上空ける必要性が生じ、本来の計画よりも時間を要することが判明したため、23時30分に変更した[7]。実際には大会組織委員会会長 橋本聖子国際オリンピック委員会(IOC)会長 トーマス・バッハによるスピーチが予定よりも長くなったため、23時30分になっても式典が続き、23時47分に聖火台への点火が行われた[8]

アトラクション[編集]

出席した徳仁天皇と高官ら

当初は野村萬斎佐々木宏らで構成される演出チームが担当予定だったが、野村はアドバイザーを担当。総合演出は小林賢太郎が担当していたが、開幕前日の2021年7月22日に過去のホロコーストに関する問題発言で解任され、空席となった[9]。2016年のリオデジャネイロオリンピック開会式でエグゼクティブ・プロデューサーを務めたマルコ・バリッチと、2012年のロンドンオリンピック開会式でテクニカルディレクターを務めたピアース・シェパードが参加[要出典]

アトラクションの途中でオリンピック栄誉賞の受賞式が行われ、経済学者ムハマド・ユヌスバングラデシュ)がIOCからオリンピック月桂冠を授与された[10][11]。また、新型コロナウイルス感染症や1972年のミュンヘンオリンピックでのテロ事件で被害に遭ったイスラエル選手などの犠牲者に対して黙祷が捧げられた[12][13]

オリンピックの最高位(TOP)スポンサーを務めるインテルによる1824台のドローンショーが行われ、2018年の平昌冬季オリンピック開会式の時に記録していた1218台のギネス記録を更新した[注釈 1][16][17]

プログラム[編集]

全9章による構成[編集]

[18]

出演者(※一部抜粋)
1 WHERE THE STORIES BEGIN[19] 津端ありさ
2 APART BUT NOT ALONE[20]
3 A WELCOME FROM THE HOST[21]
4 A LASTING LEGACY[22] 森山未來 / 真矢ミキ[注釈 2]熊谷和徳東京ゲゲゲイ
5-1 HERE TOGETHER (PARADE OF ATHLETES)[24]
5-2 HERE TOGETHER[25] なだぎ武辻本耕志[26][27] / 子どもたち
6 PEACE THROUGH SPORT[28]
7 LET THE GAMES BEGIN[29] が〜まるちょば(HIRO-PON)、GABEZ南大介松本亮[30]
8 TIME TO SHINE[31] (VTR:劇団ひとり荒川静香[32][33])、市川海老蔵上原ひろみ
9 HOPE LIGHTS OUR WAY[34]

国旗掲揚と国歌独唱[編集]

選手入場[編集]

入場順はオリンピック発祥地であるギリシャを先頭に個人参加の難民選手団のあと、頭文字五十音順に入場した。

例外として、イギリスは「英国(えいこく)」として、ウルグアイ英領バージン諸島の間で[37]、2019年にドーピングの検査データ改ざん問題による排除処分を受けて、国ではなく、個人資格での参加を余儀なくされたROCロシア)はロシアオリンピック委員会ロシア語版英語版フランス語による表記「COR(Comité Olympique Russe)」の英語読み「シー・オー・アール」でサンマリノシエラレオネの間で[38][39]中華民国台湾)から派遣されたチャイニーズ・タイペイ選手団は「台北(タイペイ)」として、韓国(大韓民国)とタジキスタンの間で入場した[40]。なお、チャイニーズ・タイペイについては「台湾(たいわん)」[注釈 3]の五十音順の読み方に従ったとする説もあるが[43]、組織委員会が7月24日の記者会見で『タイペイの「タ」で入場することになった』と明確に説明した[注釈 4][44]

最後の三番はアメリカフランスと続き、開催国である日本の順に入場した[45]。アメリカとフランスが五十音順とは関係なく、終盤の入場になっているのは前者が2028年のロサンゼルスオリンピック、後者が2024年のパリオリンピックでそれぞれ夏季オリンピックの開催国になっているためとされている[注釈 5][48]

夏季・冬季問わず、オリンピックにおいて、五十音順を軸とした入場が行われるのは史上初である[注釈 6]

選手団入場の際、日本語での国名を読み上げたのはフリーアナウンサー関野浩之[49]。行進曲として日本を代表する人気ゲームの音楽19曲が使用された[50]。使用された曲については下述する。

国名のプラカードや、プラカードを持つ人の衣装は漫画をモチーフにしており、吹き出し集中線がデザインされていた[51]

順番 チーム[52] 女性旗手[53] 男性旗手[53]
1 ギリシャ ギリシャ (GRE) アンナ・コラカキ エレフテリオス・ペトルニアス
2 なんみん難民選手団 難民選手団 (EOR) ユスラ・マルディニ タクロウィニ・ガブリエソス
3 アイスランド アイスランド (ISL) スネフリドゥル・ソル・ヨルナルドッティル アントン・マッキー
4 アイルランド アイルランド (IRL) ケリー・アン・ハリントン ブレンダン・アーバイン
5 アゼルバイジャン アゼルバイジャン (AZE) ファリダ・アジゾワ ルスタム・オルジョフ
6 アフガニスタン アフガニスタン (AFG) カミア・ユーソフィ ファルザド・マンスーリ
7 アラブ首長国連邦 アラブ首長国連邦 (UAE) N/A ユスフ・マトルーシ
8 アルジェリア アルジェリア (ALG) アメル・メリヒ モハメド・フリシ
9 アルゼンチン アルゼンチン (ARG) セシリア・カランサ・サロリ サンティアゴ・ラウル・ランヘ
10 アルバ アルバ (ARU) アライソン・ポンソン ミケル・スフレーダース
11 アルバニア アルバニア (ALB) ルイザ・ゲガ ブリケン・カリャ
12 アルメニア アルメニア (ARM) バルセニク・マヌチャリャン ホバネス・バチコフ
13 アンゴラ アンゴラ (ANG) ナタリア・サントス マティアス・モンティーニョ
14 アンティグア・バーブーダ アンティグア・バーブーダ (ANT) サマンサ・ロバーツ シージェイ・グリーン
15 アンドラ アンドラ (AND) モニカ・ドリア・ビラルブラ ポル・モヤ
16 イエメン イエメン (YEM) ヤサミーン・アッ=ライミ アフメド・アヤシュ
17 イスラエル イスラエル (ISR) ハンナ・ミネンコ ヤコブ・トマルキン
18 イタリア イタリア (ITA) ジェシカ・ロッシ エリア・ビビアーニ
19 イラク イラク (IRQ) ファティマ・アッバス・ワヒーブ・アル=カビ モハンメド・アル=ハファジ
20 イラン・イスラム共和国 イラン・イスラム共和国 (IRI) ハニイエ・ロスタミヤン モハンマドサマド・ニック・ハバーラミ
21 インド インド (IND) マングテ・チュングネイジャング・メアリー・コム マンプリート・シン
22 インドネシア インドネシア (INA) ヌルル・アクマル 和井田理央
23 ウガンダ ウガンダ (UGA) キラボ・ナムテビ シャディリ・ブウォギ
24 ウクライナ ウクライナ (UKR) オレナ・コステビッチ ボグダン・ニキシン
25 ウズベキスタン ウズベキスタン (UZB) ニゴラ・トゥルスンクロワ バホディル・ジャロロフ
26 ウルグアイ ウルグアイ (URU) デボラ・ロドリゲス ブルノ・セトラロ・ベリオロ
27 えいこく英国 英国 (GBR) ハンナ・ミルズ モハメド・スビヒ
28 えいりようはーしんしよとう英領バージン諸島 英領バージン諸島 (IVB) エリナ・フィリップ カイロン・マクマスター
29 エクアドル エクアドル (ECU) マリア・アレクサンドラ・エスコバル・ゲレロ フリオ・セサル・カスティージョ・トレス
30 エジプト エジプト (EGY) ヘダヤ・ワフバ アラッディン・アブエルカセム
31 エストニア エストニア (EST) ディナ・エレルマン トヌ・エンドレクソン
32 エスワティニ エスワティニ (SWZ) ロビン・ヤング タビソ・ドラミニ
33 エチオピア エチオピア (ETH) N/A アブデルマリク・ムクタル
34 エリトリア エリトリア (ERI) ナズレト・ウェルドゥ ギルマイ・エフレム
35 エルサルバドル エルサルバドル (ESA) セリナ・マルケス エンリケ・ホセ・アラトーン・パカス
36 オーストラリア オーストラリア (AUS) ケイト・キャンベル パティ・ミルズ
37 オーストリア オーストリア (AUT) ターニャ・フランク トーマス・ツァヤク
38 オマーン オマーン (OMA) N/A イサ・サミル・ハメド・アル=アダウィ
39 オランダ オランダ (NED) ケート・オルデンベービング チュランディ・マルティナ
40 ガーナ ガーナ (GHA) ナディア・エーケ スレマヌ・テッテ
41 カーボベルデ カーボベルデ (CPV) ジャイラ・ピナ ジョルディン・アンドラーデ
42 ガイアナ ガイアナ (GUY) チェルシー・エッジヒル アンドリュー・ファウラー
43 カザフスタン カザフスタン (KAZ) オリガ・リパコワ カムシベク・クンカバエフ
44 カタール カタール (QAT) タラ・アブジュバラ モハンメド・アッ=ルマイヒ
45 カナダ カナダ (CAN) ミランダ・アイム ネイサン・ヒラヤマ
46 ガボン ガボン (GAB) アヤ・ジラール・デ・ラングラデ・ンパリ アントニー・ミュラン・オバメ
47 カメルーン カメルーン (CMR) ジョセフ・エミリーヌ・エソンベ・ティアコ N/A
48 ガンビア ガンビア (GAM) ジーナ・バス エブリマ・カマラ
49 カンボジア カンボジア (CAM) ブンピチモラカト・ケウン ソコン・ペン
50 きたまけとにあ北マケドニア共和国 北マケドニア共和国 (MKD) アルブレシャ・レジェピ デヤン・ゲオルギエフスキ
51 ギニア ギニア (GUI) N/A N/A
52 ギニアビサウ ギニアビサウ (GBS) タシアナ・セザール N/A
53 キプロス キプロス (CYP) アンドリ・エレフトエリウ ミラン・トライコビッチ
54 キューバ キューバ (CUB) ヤイメ・ペレス ミハイン・ロペス・ヌニェス
55 キリバス キリバス (KIR) キナウア・ビリボ ルーベン・カトアタウ
56 キルギス キルギス (KGZ) カニケイ・クバニチェベコワ デニス・ペトラショフ
57 グアテマラ グアテマラ (GUA) イサベジャ・マエグリ フアン・マエグリ
58 グアム グアム (GUM) レジーン・ケイト・トゥガデ ジョシュター・アンドリュー
59 クウェート クウェート (KUW) ララ・ダシュティ タラル・アッ=ラシディ
60 クック諸島 クック諸島 (COK) カーステン・アンドレア・フィッシャー=マースターズ ウェズリー・ティキアリキ・ロバーツ
61 グレナダ グレナダ (GRN) キンバリー・インス デルロン・フェリックス
62 クロアチア クロアチア (CRO) サンドラ・ペルコビッチ ヨシプ・グラスノビッチ
63 ケイマン諸島 ケイマン諸島 (CAY) ジリアン・クルークス ブレット・フレーザー
64 ケニア ケニア (KEN) マーシー・モイム アンドリュー・アモンデ
65 コートジボワール コートジボワール (CIV) マリー=ジョゼ・タ・ルー シェイク・サラ・シセ
66 コスタリカ コスタリカ (CRC) アンドレア・カロリナ・バルガス イアン・サンチョ・チンチラ
67 コソボ コソボ (KOS) マイリンダ・ケルメンディ アキル・ジャコバ
68 コモロ コモロ (COM) アメッド・エルナ ファダーヌ・ハマディ
69 コロンビア コロンビア (COL) カテリーン・イバルグエン ジュベルヘン・エルネイ・マルティネス・リバス
70 コンゴ コンゴ (CGO) ナターシャ・ゴエ・アカマビ N/A
71 コンゴ民主共和国 コンゴ民主共和国 (COD) マルセラ・サコビ・マッツ ダビッド・チャマ・ムウェネカブウェ
72 サウジアラビア サウジアラビア (KSA) ヤスミーン・アッ=ダバグ フセイン・アリーレザー
73 サモア サモア (SAM) N/A アレックス・ローズ
74 サントメ・プリンシペ サントメ・プリンシペ (STP) ジャミーラ・タバレス ブリー・ダ・コンセイソン・トリスチ
75 ザンビア ザンビア (ZAM) ティルカ・パルク エバリスト・ムレンガ
76 サンマリノ サンマリノ (SMR) アリアンナ・バローニ ミレス・ナゼム・アミネ
77 ROC中華民国 ROC (ROC) ソフィア・ベリカヤ マクシム・ミハイロフ
78 シエラレオネ シエラレオネ (SLE) マギー・バリー フレデリック・ハリス
79 ジブチ ジブチ (DJI) N/A アデン=アレグザンドル・フセイン
80 ジャマイカ ジャマイカ (JAM) シェリー=アン・フレーザー=プライス リカード・ブラウン
81 ジョージア ジョージア (GEO) ニーノ・サルクワゼ ラシャ・タラハゼ
82 シリア・アラブ共和国 シリア・アラブ共和国 (SYR) ヘンド・ザザ アフマド・サベル・ハムチョ
83 シンガポール シンガポール (SGP) 于夢雨 駱建佑
84 ジンバブエ ジンバブエ (ZIM) ドナタ・カタイ ピーター・パーセル=ジルピン
85 スイス スイス (SUI) ムジンガ・カンブンジ マックス・ハインツァー
86 スウェーデン スウェーデン (SWE) サラ・アルゴットソン・オストルト マックス・サルミネン
87 スーダン スーダン (SUD) エスラ・モハメド・アフメド・モハメド アボバクル・アバス
88 スペイン スペイン (ESP) ミレイア・ベルモンテ サウル・クラビオット
89 スリナム スリナム (SUR) N/A レンゾ・ジョン=ア=ジョー
90 スリランカ スリランカ (SRI) ミルカ・ゲハニ・エルピティヤ・バダルジ・ドナ チャマラ・レピヤラゲ
91 スロバキア スロバキア (SVK) ズザナ・リハク・ステフェツェコバ マテイ・ベヌーシュ
92 スロベニア スロベニア (SLO) エバ・テルチェリ ボヤン・トキッチ
93 セーシェル セーシェル (SEY) フェリシティ・パッソン ロドニー・ゴビンデン
94 せきとうきにあ赤道ギニア 赤道ギニア (GEQ) アルバ・ボ・ンチャマ ベンヤミン・エンゼマ
95 セネガル セネガル (SEN) ジャンヌ・ブトビアン ムバニク・ンジャイエ
96 セルビア セルビア (SRB) ソーニャ・バシッチ フィリップ・フィリポビッチ
97 セントクリストファー・ネービス セントクリストファー・ネービス (SKN) エーミャ・クラーク ジェイソン・ロジャース
98 セントビンセント及びグレナディーン諸島 セントビンセント及びグレナディーン諸島 (VIN) シャフィクア・マロニー N/A
99 セントルシア セントルシア (LCA) ラバーン・スペンサー ジーン=リュック・ゼファー
100 ソマリア ソマリア (SOM) ラムラ・サイード・アフメド・アリ アリ・イドー・ハッサン
101 ソロモン諸島 ソロモン諸島 (SOL) シャロン・フィリスア エドガー・リチャードソン・イロ
102 タイ タイ (THA) ナファスワン・ヤーンパイブーン サワテ・スレスタポーン
103 たいかんみんこく大韓民国 大韓民国 (KOR) キム・ヨンギョン ファン・ソヌ
104 たいへい台湾 台湾 (TPE) 郭婞淳 盧彦勲
105 タジキスタン タジキスタン (TJK) N/A テムル・ラヒモフ
106 タンザニア連合共和国 タンザニア連合共和国 (TAN) N/A N/A
107 チェコ共和国 チェコ共和国 (CZE) ペトラ・クビトバ トマーシュ・サトランスキー
108 チャド チャド (CHA) デモス・メムネルーム バシル・アフマト・マハマト
109 ちゆうおうあふりか中央アフリカ共和国 中央アフリカ共和国 (CAF) クロエ・サウボウレル フランキー・ムボット
110 ちゆうかしんみんきようわこく中華人民共和国 中華人民共和国 (CHN) 朱婷 趙帥
111 チュニジア チュニジア (TUN) イネス・ブバクリ メフディ・ベン・シェイフ
112 チリ チリ (CHI) フランシスカ・クロベット・チャディド マルコ・グリマルト
113 ツバル ツバル (TUV) マティー・スタンリー カラロ・ヘポイテロト・マイブカ
114 デンマーク デンマーク (DEN) サラ・スロット・ペーターセン ヨナス・ワーラー
115 ドイツ ドイツ (GER) ラウラ・ルートビヒ パトリック・ハウスディンク
116 トーゴ トーゴ (TOG) クレア・エイボン ドジ・ファニー
117 ドミニカ ドミニカ (DMA) テア・ラフォンド デニック・ルーク
118 ドミニカ共和国 ドミニカ共和国 (DOM) プリシージャ・リベラ・ブレンス ロドリゴ・マルテ・デ・ラ・ロサ
119 トリニダード・トバゴ トリニダード・トバゴ (TTO) ケリー=アン・バプティステ N/A
120 トルクメニスタン トルクメニスタン (TKM) グルバダム・ババムラトワ メルダン・アタエフ
121 トルコ トルコ (TUR) メルベ・トゥンジェル ベルケ・サカ
122 トンガ トンガ (TGA) マリア・パセカ ピタ・タウファトファ
123 ナイジェリア ナイジェリア (NGR) オドゥナヨ・フォラサデ・アデクオロエ クアドリ・アルナ
124 ナウル ナウル (NRU) ナンシー・ゲンゼル・アボウケ ジョナ・ハリス
125 ナミビア ナミビア (NAM) マイケ・ディークマン ジョナス・ジョナス
126 ニカラグア ニカラグア (NCA) セマ・ナンシー・ルドリック・リバス エドウィン・オルランド・バルベレナ・メルカド
127 ニジェール ニジェール (NIG) ルーカヤ・ムサ・マハマヌ アブドゥル・ラザク・イスフ・アルファガ
128 ニュージーランド ニュージーランド (NZL) サラ・ヒリニ デービッド・ニイカ
129 ネパール ネパール (NEP) ゴーリカ・シン アレクサンデル・シャフ
130 ノルウェー ノルウェー (NOR) アネ・トゥクセン トモエ・フバス
131 バーレーン バーレーン (BRN) ヌール・ユスフ・アブドッラー フサイン・アッ=サイヤド
132 ハイチ ハイチ (HAI) サビアナ・アネストル ダレル・バルサン・ジュニア
133 パキスタン パキスタン (PAK) マフール・シャハザド ムハンマド・ハリル・アフタール
134 パナマ パナマ (PAN) アテイナ・ビロン アロンソ・エドワード
135 バヌアツ バヌアツ (VAN) N/A リーリオ・リー
136 バハマ バハマ (BAH) ジョアナ・エバンズ ドナルド・トーマス
137 パプアニューギニア パプアニューギニア (PNG) ロア・ディカ・トゥア モレア・バル
138 バミューダ バミューダ (BER) N/A ダラ・アリザデ
139 パラオ パラオ (PLW) オシサン・チルトン アドリアン・ジャスティン・ヒメナ・イリラウ
140 パラグアイ パラグアイ (PAR) ベロニカ・セペデ・ロイグ ファブリシオ・サノッティ
141 バルバドス バルバドス (BAR) ダニエル・タイタス アレックス・ソバーズ
142 パレスチナ パレスチナ (PLE) ダニア・ヌール モハンメド・ハマダ
143 ハンガリー ハンガリー (HUN) モハメド・アイダ・ガブリエラ チェ・ラースロー
144 バングラデシュ バングラデシュ (BAN) N/A アリフル・イスラム
145 ひかしていもーる東ティモール民主共和国 東ティモール民主共和国 (TLS) イメルダ・ヒメネス・ベロ フェリスベルト・デ・デウス
146 フィジー フィジー (FIJ) ルシラ・ナガサウ タイチ・ワカヤマ
147 フィリピン フィリピン (PHI) 渡辺聖未 エウミル・マーシアル
148 フィンランド フィンランド (FIN) サトゥ・マケラ=ヌンメラ アリ=ペッカ・リウッコネン
149 ブータン ブータン (BHU) カルマ・カルマ サンゲイ・テンジン
150 プエルトリコ プエルトリコ (PUR) アドリアーナ・ディアス ブリアン・アファナドル
151 ブラジル ブラジル (BRA) ケトレイン・クアドロス ブルーノ・モッサ・レゼンデ
152 ブルガリア ブルガリア (BUL) マリア・グロズデバ ヨシフ・ミラディノフ
153 ブルキナファソ ブルキナファソ (BUR) アンジェリカ・ウエドラオゴ ユーグ・ファブリス・ザンゴ
154 ブルネイ・ダルサラーム ブルネイ・ダルサラーム (BRU) N/A ムハンマド・イサ・アフマド
155 ブルンジ ブルンジ (BDI) オルネラ・ハビアリマナ ベリ=クレスス・ガニラ
156 へいりようさもあ米領サモア 米領サモア (ASA) ティラリ・スカンラン タヌマフィリ・マリエトア・ユングブルト
157 へいりようはーしんしよとう米領バージン諸島 米領バージン諸島 (ISV) ナタリア・ジーン・カイパーズ アドリエル・サネス
158 ベトナム ベトナム (VIE) クアック・ティ・ラン グエン・フイ・ホアン
159 ベナン ベナン (BEN) ナフィサト・ラジ プリベル・インカティ
160 ベネズエラ ベネズエラ (VEN) カレン・レオン アントニオ・ホセ・ディアズ・フェルナンデス
161 ベラルーシ ベラルーシ (BLR) ハンナ・マルサワ ミキタ・ツミフ
162 ベリーズ ベリーズ (BIZ) サマンサ・ダークス ショーン・ギル
163 ペルー ペルー (PER) ダニエヤ・ロサス ルカ・メシナス
164 ベルギー ベルギー (BEL) ナフィサトゥ・ティアム フェリックス・ベロニク・デナイエ
165 ポーランド ポーランド (POL) マヤ・ヴウォシュチョフスカ パベウ・コジェニョフスキ
166 ボスニア・ヘルツェゴビナ ボスニア・ヘルツェゴビナ (BIH) ラリサ・ツェリッチ アメル・トゥカ
167 ボツワナ ボツワナ (BOT) アマントル・モントショー ラジャブ・オツキレ・マホメッド
168 ボリビア ボリビア (BOL) カレン・トレス ガブリエル・カスティージョ
169 ポルトガル ポルトガル (POR) テルマ・モンテイロ ネルソン・エボラ
170 ホンコン・チャイナ ホンコン・チャイナ (HKG) 謝影雪 張家朗
171 ホンジュラス ホンジュラス (HON) ケイラ・パオラ・アビラ・ラミレス フリオ・オレゴ
172 マーシャル諸島 マーシャル諸島 (MHL) コリーン・ファージソン フィリップ・キノノ
173 マダガスカル マダガスカル (MAD) ダミエラ・ノメンジャナハリー エリク・ヘルマン・アンドリアンツィトハイニア
174 マラウイ マラウイ (MAW) ジェシカ・マクウェンダ アラネオ・デービッド
175 マリ マリ (MLI) N/A セイドゥ・フォファナ
176 マルタ マルタ (MLT) エレノール・ベッジーナ アンドリュー・チェトクティ
177 マレーシア マレーシア (MAS) 呉柳瑩 李梓嘉
178 ミクロネシア連邦 ミクロネシア連邦 (FSM) テヤンナ・アダムズ スコット・ジェームズ・フィティ
179 みなみあふりか南アフリカ 南アフリカ (RSA) プメレラ・ルフムロ・ムバンデ チャド・ル・クロス
180 みなみすーたん南スーダン 南スーダン (SSD) ルシア・モリス アブラハム・グエム
181 ミャンマー ミャンマー (MYA) N/A N/A
182 メキシコ メキシコ (MEX) ガブリエラ・ロペス ロメル・パチェコ・マルフォ
183 モーリシャス モーリシャス (MRI) マリー・アニトラ・ロワリャ・ラネーボソア ルイス・リカルノ・コリン
184 モーリタニア モーリタニア (MTN) フレイェ・バ アービディーン・アービディーン
185 モザンビーク モザンビーク (MOZ) ラディ・アドジンダ・グラマネ ケビン・ロフォルテ
186 モナコ モナコ (MON) 楊暁欣 クエンティン・アントニェリ
187 モルディブ モルディブ (MDV) アブドゥル・ラザク・ファティマト・ナバーハ ムバル・アザム・イブラヒム
188 モルドバ共和国 モルドバ共和国 (MDA) アレクサンドラ・ミルカ ダン・オラル
189 モロッコ モロッコ (MAR) ウーマイマ・ベル・アフビブ ラムジ・ブーヒアム
190 モンゴル モンゴル (MGL) フラン・オノルバータル ドゥーレンバヤル・ウルジーバヤル
191 モンテネグロ モンテネグロ (MNE) ヨバンカ・ラディチェビッチ ドラシュコ・ブルグリャン
192 ヨルダン ヨルダン (JOR) ジュリアナ・アッ=サデク ゼヤド・エイシャイフ・フセイン・エアシャシュ
193 ラオス人民民主共和国 ラオス人民民主共和国 (LAO) シリナ・パー・アパイ サンティスック・インタウォン
194 ラトビア ラトビア (LAT) エレナ・オスタペンコ アグニス・ツァバルス
195 リトアニア リトアニア (LTU) サンドラ・ヤブロンスキテ ギエドリウス・ティテニス
196 リビア リビア (LBA) N/A アル=フセイン・ガムブール
197 リヒテンシュタイン リヒテンシュタイン (LIE) ユリア・ハスラー ラファエル・シュウェンディンガー
198 リベリア リベリア (LBR) エボニー・モリソン ジョゼフ・ファーブッレ
199 ルーマニア ルーマニア (ROU) シモナ・ラディシュ ロベルト・グリンツァ
200 ルクセンブルク ルクセンブルク (LUX) クリスティーヌ・マジェルス ラファエル・スタキオッティ
201 ルワンダ ルワンダ (RWA) アルフォンシーヌ・アガホゾ ジョン・ハキジマナ
202 レソト レソト (LES) N/A N/A
203 レバノン レバノン (LBN) レイ・バシル ナシフ・エリアス
204 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA) スー・バード エディ・アルバレス
205 フランス フランス (FRA) クラリス・アグベニェヌ サミール・アイット・サイード
206 にほん日本 日本 (JPN) 須崎優衣 八村塁

入場行進で使用されたゲーム楽曲の一覧[編集]

曲名 出典 作曲
序曲:ロトのテーマ ドラゴンクエストIII そして伝説へ…
ドラゴンクエストシリーズ[注釈 7]
すぎやまこういち
勝利のファンファーレ ファイナルファンタジーシリーズ 植松伸夫
メインテーマ ファイナルファンタジーシリーズ[注釈 8] 植松伸夫
王都-威風堂々 テイルズ オブ グレイセス 桜庭統
青山響
田村宏史
スレイのテーマ〜導師〜 テイルズ オブ ゼスティリア 桜庭統
英雄の証 モンスターハンターシリーズ 甲田雅人
旅立ちの風 モンスターハンター4 鈴木まり香
Olympus Coliseum - The Shining Sun キングダム ハーツ シリーズ 下村陽子
Hero's Fanfare キングダム ハーツIII 下村陽子
カエルのテーマ クロノ・トリガー 光田康典
ロボのテーマ クロノ・トリガー 光田康典
eFootball walk-on theme ウイニングイレブンシリーズ 不明
First Flight エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー 小林啓樹
Star Light Zone ソニック・ザ・ヘッジホッグ(第1作) 中村正人
01 ACT I-1 グラディウスII -GOFERの野望- 古川もとあき
Guardians ファンタシースターユニバース 小林秀聡
イニシエノウタ ニーアシリーズ 岡部啓一
オープニングタイトル[注釈 9] ロマンシング サ・ガシリーズ 伊藤賢治
The Brave New Stage of History ソウルキャリバー 中鶴潤一

オリンピック宣誓[編集]

開催国の選手・審判・コーチおよび役員の代表によるオリンピック宣誓はそれぞれ男女ペアとなり、従来の計3人から6人に増やして行われた。この理由についてIOCは「IOCと大会組織委員会の男女平等推進に沿ったものだ」と説明している。選手は日本選手団主将で陸上男子の山縣亮太と副主将で卓球女子の石川佳純、コーチは柔道男子の井上康生ソフトボール宇津木麗華が務めた[54]

開会宣言[編集]

大会組織委員会会長の橋本聖子国際オリンピック委員会(IOC)会長のトーマス・バッハによる挨拶に続き[55]天皇 徳仁が開会宣言を行った[56][注釈 10]

私はここに第32回近代オリンピアードを記念する、東京大会の開会を宣言します。

宣言後、ローマ数字の「ⅩⅩⅩⅡ」(32)を表わす花火がオリンピックスタジアムから上がった。

なお、IOC会長のトーマス・バッハが挨拶の終盤で、天皇に開会宣言を促す形となったことで、開会宣言の前に予定していた「起立」を促すアナウンスが流せなかった。そのため、内閣総理大臣菅義偉東京都知事小池百合子らが、宣言が始まってから立ち上がることになってしまった[57]

オリンピック旗入場[編集]

スタジアムの中では、オリンピック旗が、6人の国際地域社会に貢献のあった オリンピアンによって運ばれて入場する間に、その5大陸など各地域を代表する6人の紹介がアナウンスされた[注釈 11] [58]

そして、掲揚台に近づくと、世界各地のエッセンシャルワーカーに敬意を表す意味で、代表する東京都の8人のワーカーに旗は引き継がれ、掲揚台まで運ばれた後、男女半数ずつの6人の職業自衛官が指揮官とともに受け継いだ。

オリンピック旗掲揚とオリンピック賛歌合唱[編集]

福島県郡山市郡山高校の生徒8人(男声)と東京都の豊島岡女子学園高校の生徒12人(女声)で編成された男女合唱団が、東京都交響楽団オーケストラ演奏に合わせてオリンピック賛歌(英語歌詞)を合唱する中、自衛官の代表によってオリンピック旗が掲揚された[65]

聖火点火[編集]

オリンピックスタジアムでのリレーは、いずれもオリンピック三連覇を果たした経験のある、元レスリング選手の吉田沙保里と元柔道選手の野村忠宏の2名、元野球選手の長嶋茂雄[注釈 12]王貞治松井秀喜の3名、クルーズ客船ダイヤモンド・プリンセス」で発生した新型コロナウイルス感染症の集団感染の対応にあたった医師の大橋博樹と看護師の北川純子、東京パラリンピックトライアスロン出場予定選手の土田和歌子東日本大震災の被災地のうち岩手県宮城県福島県児童6名が聖火を引き継ぎ、テニス選手で、今大会に出場した大坂なおみが最終ランナーを務め、聖火台に点火した[37]

最終点火者に大坂が選ばれた理由として、大会組織委員会でエグゼクティブプロデューサーを務めた日置貴之は「大会コンセプトであるダイバーシティインクルージョンを最重要視し、慎重に人選を重ねてきた。復興のシンボルとして東北の子どもたち、レジェンドの方たち、アスリートの方たち、ジェンダーバランスも考慮した。(大坂は)日本を代表するアスリートでいろいろなメッセージを発している方。最もふさわしい最終走者として組織委員会として決定した」と説明している[67]

聖火台は消防法との兼ね合いで大会期間中、オリンピックスタジアムに点火し続けるのは困難との指摘が競技場の建て替え時東京消防庁からあった。その為、聖火はその後、江東区夢の大橋に移され、元バドミントン選手で、2016年のリオデジャネイロオリンピックにおいて女子ダブルスで金メダルを獲得した高橋礼華が再度点火した[68][69][70]

主な出席者[編集]

ホスト国[編集]

政府代表団[編集]

出席した高官ら

国際機関[編集]

備考[編集]

当初はオリンピックのTOPスポンサーを務める、トヨタ自動車社長の豊田章男パナソニック社長の楠見雄規プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)の経営幹部らの出席が予定されていたが、開会式が無観客開催になったことやオリンピック開催に反対する国内世論も根強いことに配慮して欠席することを事前に発表した[注釈 14][90][91][92]。この影響は東京オリンピックのオフィシャルパートナーにも波及し、日本電信電話(NTT)や味の素日本電気(NEC)なども社長や役員などの出席見送りが相次いだ[93][94]。また、前内閣総理大臣の安倍晋三日本経済団体連合会会長の十倉雅和日本商工会議所会頭の三村明夫経済同友会代表の櫻田謙悟なども同様の理由で欠席した[95][96]

トラブル[編集]

  • KADOKAWAは開会式の公式プログラムを開催翌日の7月24日に発売することを予定していたが、インタビューが掲載されていた小林賢太郎の解任を受け、同月22日に発売中止にすることを発表した[97][98]
  • アトラクションでは当初俳優竹中直人も出演を予定しており、7月21日に行われたリハーサルにも出演していた。しかし、竹中は1985年に発売されたオリジナルビデオにおいて、視覚障害者を揶揄するようなコントを演じ、関連団体から批判を受けて謝罪した経緯があったため、「みんなに迷惑をかける」として、開会式前日に組織委員会に辞退を申し出て、受け入れられたことが後日判明した[99][100]
  • 入場行進の際にキルギスタジキスタンなどの一部の国の選手団がマスクを着用せずに入場したため、SNS上などで批判が相次いだ。大会組織委員会は該当国への注意は行わず、各国選手団の担当責任者に周知していくことを示したが、IOCは「露骨な場合は何らかの措置を講じる」として、警告する方針を明らかにした[101][102][103]
  • 天皇が開会宣言を始めた際、内閣総理大臣の菅義偉東京都知事小池百合子は着席したままであり、後に促されてから立ち上がった様子がテレビ中継で放映されたため、SNSなどで不敬であると批判された[104][105]。後に組織委員会はIOC会長のトーマス・バッハが天皇に開会宣言を求める発言をしたため、起立を促す場内アナウンスを入れることが出来なかったとし、謝罪した[106]
  • 前述の事情から無観客での開催になったにも関わらず、会場のオリンピックスタジアム周辺には多数の人が集まり、NTTドコモ携帯電話位置情報から推計した滞留人口調査によると、14時台は3,000人台後半だったのが開会式が近づくにつれ、人数も増加し、式典開始後の20時台には4,700人になり、式典終了後の23時台も約4,500人が会場周辺に残り、それ以後は未明まで減ることは殆ど無かった。これを受けて、大会組織委員会は自宅からのテレビ観戦を改めて呼び掛けるコメントを出した[103][107]
  • 開会式翌日の7月24日にTBSテレビ系列にて放送された『報道特集』において、オリンピックスタジアムの会場運営にあたるボランティア用の弁当おにぎり数千食分が消費期限切れの前に廃棄されていたことが報じられた。組織委員会は同月28日の会見で開会式において、全体の4割にあたる約4000食分のフードロスが発生した事実を認め、謝罪した[108][109][110]

日本での放送[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

視聴率[編集]

ビデオリサーチによると、NHK総合の世帯平均視聴率は56.4%(関東)、49.6%(関西)、49.6%(名古屋)、48.2%(北部九州)だったと7月26日に発表した[112]

IOCは8月3日の記者会見において、日本国内で7000万人、全世界で推定約6億人が視聴していたと発表した[113]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 但し、平昌オリンピックの際はロシア連邦軍参謀本部情報総局によるサイバー攻撃の影響でドローンを飛ばすことが出来ず、事前に収録した映像を使用したため、開会式本番での成功は今回が初めてとなった[14][15]
  2. ^ 当初は竹中直人も出演する予定だった[23]#トラブル参照)。
  3. ^ 2018年に台湾で実施された「東京オリンピック代表団の名前を『中華台北』から『台湾』へ改名することへの賛否を問う国民投票英語版中国語版」に対して、国際オリンピック委員会(IOC)はチャイニーズタイペイ・オリンピック委員会中国語版に公式の反対声明を送ったため、IOCおよびJOCが「台湾」という呼称を公式に認める可能性が極めて低いと考えられる[41]。ただし、開会式を生中継していたNHK特別番組で司会を担当したアナウンサー和久田麻由子は、「チャイニーズタイペイ」選手団を「台湾」として紹介した[42]
  4. ^ チャイニーズ・タイペイのフランス語表記「Taipei chinois」に由来。
  5. ^ 今大会の開会式はアメリカ向けの放映権を独占的に保有しているNBCテレビが時差の関係でアメリカ東部時間では午前中の開催となる開会式を初めて生中継で放映するため、五十音順の関係上、早めにアメリカの入場行進が終わってしまい、視聴者がチャンネルを変える可能性を回避したいNBCの親会社であるNBCユニバーサルからの要請もあったとされる[46][47]
  6. ^ 過去に日本で開催されたオリンピックは夏季冬季含め、1964年の東京大会と1972年の札幌大会、1998年の長野大会の3回あるが、いずれも国際的なわかりやすさを重視し、英語表記のアルファベット順を軸に入場が行われた[48]
  7. ^ 曲のアレンジは『序曲XI(ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて)』に近い。
  8. ^ 使用されたバージョンは『ファイナルファンタジーIX』のもの。
  9. ^ 表記は『魔界吟遊詩-サガシリーズメドレー2016』だが、流れた部分は「オープニングタイトル」のみであった。
  10. ^ 開会宣言では五輪憲章に基づいて『祝う』という語句が用いられるのが慣例だが、新型コロナウイルス感染症の感染が終息していない現状に配慮し、原文により忠実な『記念する』という表現に変更された[56]
  11. ^ 紹介されたアスリートたちは、COVID-19パンデミックが世界に広がって東京2020オリンピックが1年延期される中にあって、困難と闘う地域社会のために捧げられた自身の医療・看護、学術的研究、チャリティー、支援呼びかけ、キャンペーン参加などの行為が称えられている。
  12. ^ 長嶋は2004年アテネオリンピック野球日本代表監督として同大会に参加する予定であったが、自身が脳梗塞で倒れたこともあって参加は叶わなかった経緯がある[66]
  13. ^ IOC倫理委員会の委員長として出席。
  14. ^ 但し、パナソニック会長の津賀一宏は組織委員会の副会長も務めているため、開会式に出席した[90]
  15. ^ 豊原は、イラン代表団が入場した時、イランを「アラブ諸国」として紹介したが、約50分後に訂正した[111]
  16. ^ 当初は23:30終了予定だった。同日23:00 - 翌日2:30にBS1で録画、翌日9:00 - 10:05にEテレでダイジェスト放送。また8月5日深夜に手話通訳版を同様にダイジェスト放送

出典[編集]

  1. ^ Panja, Tariq; Rich, Motoko (2020年3月30日). “Summer Olympics in Tokyo to Start on July 23, 2021”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2020/03/30/sports/olympics/tokyo-olympics-date-coronavirus.html 2020年12月1日閲覧。 
  2. ^ 開会式”. Olympics.com. 2021年8月1日閲覧。
  3. ^ “オリパラ東京大会、モットーは「United by Emotion」に 選考委員が込めた思いは...”. J-CAST ニュース. (2020年2月17日). https://www.j-cast.com/2020/02/17379823.html?p=all 2021年7月24日閲覧。 
  4. ^ 東京五輪、開会式は30万~1万2千円 価格公表”. 日本経済新聞 (2019年1月30日). 2021年7月25日閲覧。
  5. ^ “五輪、1都3県は一律無観客に決定 「完全な形」ならず”. 朝日新聞デジタル. (2021年7月8日). https://www.asahi.com/articles/ASP786WYSP78UTQP00Z.html 2021年7月24日閲覧。 
  6. ^ “東京オリンピック、無観客の中 開会式”. TBS NEWS. (2021年7月24日). https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4322164.html 2021年7月24日閲覧。 
  7. ^ 五輪開会式、30分延長し午後11時半終了に…コロナ対策で入場行進に時間”. 読売新聞 (2021年7月2日). 2021年7月25日閲覧。
  8. ^ スピーチ長すぎ!?聖子&バッハで9分の予定が20分に…”. スポーツニッポン (2021年7月23日). 2021年7月25日閲覧。
  9. ^ 五輪開閉会式ディレクターの小林賢太郎氏を解任 組織委”. 朝日新聞デジタル (2021年7月22日). 2021年7月24日閲覧。
  10. ^ Nobel Peace Prize awardee Professor Muhammad Yunus to receive Olympic Laurel”. International Olympic Committee (2021年7月15日). 2021年8月5日閲覧。
  11. ^ ムハマド・ユヌス博士、IOCより「オリンピック月桂冠」を授与される”. ユヌス&椎木 ソーシャル・ビジネス研究センター (2021年7月26日). 2021年8月5日閲覧。
  12. ^ 開会式、コロナ犠牲者に黙とう ダンス披露後、静寂の時間”. 共同通信 (2021年7月23日). 2021年7月24日閲覧。
  13. ^ 開会式で黙とう ミュンヘン五輪で犠牲のイスラエル選手ら追悼”. 毎日新聞 (2021年7月23日). 2021年7月24日閲覧。
  14. ^ 【平昌五輪】サイバー攻撃か?! 開会式のさなかにネットがダウン 国防省も巻き込んで原因調査中”. 産経新聞 (2018年2月10日). 2021年7月28日閲覧。
  15. ^ ロシアがサイバー攻撃、東京五輪など標的 英政府発表”. AFP通信 (2020年10月20日). 2021年7月28日閲覧。
  16. ^ インテルが東京2020オリンピックに提供した技術とは--ドローンや楽曲も”. ZDNet Japan (2021年7月21日). 2021年7月28日閲覧。
  17. ^ 開会式で地球をかたどったドローンは1824台のIntel製「Shooting Star」”. ITmedia NEWS (2021年7月24日). 2021年7月28日閲覧。
  18. ^ https://olympics.com/tokyo-2020/ja/news/photos/
  19. ^ https://olympics.com/tokyo-2020/ja/news/photos/galleries/opening-ceremony-where-the-story-begin
  20. ^ https://olympics.com/tokyo-2020/ja/news/photos/galleries/opening-ceremony-apart-but-not-alone
  21. ^ https://olympics.com/tokyo-2020/ja/news/photos/galleries/opening-ceremony-a-welcome-from-the-host
  22. ^ https://olympics.com/tokyo-2020/ja/news/photos/galleries/opening-ceremony-a-lasting-legacy
  23. ^ Tokyo2020jpのツイート(1418535639469805571) キャッシュ
  24. ^ https://olympics.com/tokyo-2020/ja/news/photos/galleries/opening-ceremony-here-together
  25. ^ https://olympics.com/tokyo-2020/ja/news/photos/galleries/opening-ceremony-here-together-2
  26. ^ 「楽しんでもらいたい、笑ろてもらいたい」 なだぎ武、オリンピック開会式を終えて思いつづる(1/2 ページ) - ねとらぼ
  27. ^ 小林賢太郎のコント公演メンバー、開会式出演終え「喜んでくれてた」と投稿 - 日刊スポーツ
  28. ^ https://olympics.com/tokyo-2020/ja/news/photos/galleries/opening-ceremony-peace-through-sport
  29. ^ https://olympics.com/tokyo-2020/ja/news/photos/galleries/opening-ceremony-let-the-games-begin
  30. ^ Tokyo2020jpのツイート(1418754123558625281)
  31. ^ https://olympics.com/tokyo-2020/ja/news/photos/galleries/opening-ceremony-time-to-shine
  32. ^ gorinのツイート(1418583240990887942)
  33. ^ MISIA、海老蔵、劇団ひとり…五輪開会式に著名人続々登場! - RBB TODAY
  34. ^ https://olympics.com/tokyo-2020/ja/news/photos/galleries/opening-ceremony-hope-lights-our-way
  35. ^ “開会式、日本国旗を高橋尚子さんらが運ぶ”. 読売新聞. (2021年7月23日). https://www.yomiuri.co.jp/olympic/2020/20210723-OYT1T50137/ 2021年7月25日閲覧。 
  36. ^ “MISIAさんが君が代歌い上げる オリンピック開会式”. 毎日新聞. (2021年7月23日). https://mainichi.jp/articles/20210723/k00/00m/050/234000c 2021年7月24日閲覧。 
  37. ^ a b 【東京五輪】 異例の大会が開幕 大坂なおみ選手が聖火点灯”. BBCNEWS JAPAN (2021年7月24日). 2021年7月24日閲覧。
  38. ^ 東京五輪・パラからロシア排除 ドーピング不正で”. 日本経済新聞 (2019年12月9日). 2021年8月5日閲覧。
  39. ^ ロシア、「ROC」なのに77番目に登場 仏語で「しーおーあーる」:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年7月23日閲覧。
  40. ^ 五輪開会式、台湾は104番目に入場 蔡総統「一緒に頑張りましょう」 日本にエール | 芸能スポーツ | 中央社フォーカス台湾”. japan.cna.com.tw. 2021年7月23日閲覧。
  41. ^ 自由時報電子報 (2018年5月18日). “東京奧運正名公投恐破局 國際奧會來函「不予核准」 - 自由體育”. 自由時報電子報. 2021年7月24日閲覧。
  42. ^ NHK和久田麻由子アナ「台湾です」と紹介 - 芸能 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com (2021年7月23日). 2021年7月24日閲覧。
  43. ^ 開会式、台湾は五十音「たいわん」の順番で登場「チャイニーズ-」ではなかった/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online (2021年7月24日). 2021年7月25日閲覧。
  44. ^ “台湾、「チ」ではなくタイペイの「タ」で入場 東京五輪開会式”. 毎日新聞. (2021年7月25日). https://mainichi.jp/articles/20210725/k00/00m/030/060000c 2021年7月25日閲覧。 
  45. ^ 日本放送協会. “東京オリンピック開会式【随時更新】選手団の入場続く”. NHKニュース. 2021年7月23日閲覧。
  46. ^ 東京五輪7千時間放送、米NBC 過去最大規模”. 共同通信 (2021年6月8日). 2021年7月24日閲覧。
  47. ^ 「あいうえお順」で入場行進なのに米国が最終盤になったワケとは”. 毎日新聞 (2021年7月23日). 2021年7月24日閲覧。
  48. ^ a b 入場行進は初の五十音順、旗手は男女1人ずつ 開会式”. 産経新聞 (2021年7月23日). 2021年7月24日閲覧。
  49. ^ ドラフト会議でおなじみの声が… 開会式の国名読み上げは関野浩之さん 野球ファンがノリノリ【東京五輪】”. 東京中日スポーツ (2021年7月23日). 2021年7月24日閲覧。
  50. ^ 【五輪開会式】ドラクエ、FF、モンハンのテーマ曲で選手入場 【楽曲一覧あり】”. ORICON NEWS (2021年7月23日). 2021年7月24日閲覧。
  51. ^ 国名プラカード、漫画の吹き出しがモチーフ…持つ人の衣装も合うようにデザイン : 東京オリンピック2020速報 : オリンピック・パラリンピック : 読売新聞オンライン”. 読売新聞オンライン (2021年7月23日). 2021年7月24日閲覧。
  52. ^ NOCリスト”. 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会. 2021年7月23日閲覧。
  53. ^ a b The flagbearers for the Tokyo 2020 Opening Ceremony - Olympic News” (英語). International Olympic Committee (2021年7月23日). 2021年7月23日閲覧。
  54. ^ “開会式宣誓も男女ペアに、東京五輪でIOC方式変更”. サンケイスポーツ. (2021年7月14日). https://www.sanspo.com/article/20210714-CAEO5ELUPBNU7DQHZDIB6AXNNU/?outputType=theme_tokyo2020 2021年7月24日閲覧。 
  55. ^ “オリンピック開会式 組織委 橋本会長・IOCバッハ会長スピーチ”. NHKニュース. (2021年7月24日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210724/k10013156341000.html?utm_int=news-new_contents_latest_with-image 2021年7月24日閲覧。 
  56. ^ a b “天皇陛下が五輪開会宣言、憲章に規定の「祝う」表現盛り込まれず”. 日刊スポーツ. (2021年7月23日). https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/news/202107230001162.html 2021年7月24日閲覧。 
  57. ^ “陛下の開会宣言、「起立」を促せず 五輪組織委が陳謝:朝日新聞デジタル”. (2021年7月28日). https://www.asahi.com/articles/DA3S14990661.html 
  58. ^ 東京2020開会式は、コロナウイルスのパンデミックの最前線にいる人々を称える” (英語). 国際オリンピック委員会 (2021年7月23日). 2021年7月28日閲覧。
  59. ^ 桃田賢斗(バドミントン男子)」『東京オリンピック2020 日本代表選手一覧』、朝日新聞デジタル、2003年7月、2021年8月1日閲覧。
  60. ^ エレナ・ガリアボビッチ」『東京オリンピック2020 選手プロフィール』、朝日新聞デジタル、2003年7月、2021年8月1日閲覧。
  61. ^ シリル・トシャトシェトⅡ」『東京オリンピック2020 選手プロフィール』、朝日新聞デジタル、2003年7月、2021年8月1日閲覧。
  62. ^ パウラ・パレト」『東京オリンピック2020 選手プロフィール』、朝日新聞デジタル、2003年7月、2021年8月1日閲覧。
  63. ^ メヘディ・エサディク」『東京オリンピック2020 選手プロフィール』、朝日新聞デジタル、2003年7月、2021年8月1日閲覧。
  64. ^ パオラオジェキ・エゴヌ」『東京オリンピック2020 選手プロフィール』、朝日新聞デジタル、2003年7月、2021年8月1日閲覧。
  65. ^ “福島・郡山市の郡山高校生徒8人が合唱披露 浪江の水素も使用 五輪開会式”. 福島民報. (2021年7月24日). https://www.minpo.jp/news/moredetail/2021072488719 2021年7月24日閲覧。 
  66. ^ 鷲田康 (2021年7月24日). “厳しすぎるリハビリを乗り越えて…長嶋茂雄が東京五輪にどうしても“参加”したかった理由《開会式・聖火ランナー》”. Sports Graphics Number Web. https://number.bunshun.jp/articles/-/849010?page=1 2021年7月25日閲覧。 
  67. ^ 【東京五輪】なぜ聖火最終ランナーに大坂なおみ? 組織委Pが起用理由を説明”. 東スポWEB (2021年7月24日). 2021年7月29日閲覧。
  68. ^ 新国立の聖火台どこに? 木材の屋根、消防法上の制約懸念”. 日本経済新聞 (2016年3月4日). 2021年7月26日閲覧。
  69. ^ 新国立競技場の聖火台、屋根への設置は厳しい”. 日刊スポーツ (2016年4月8日). 2021年7月26日閲覧。
  70. ^ 聖火、臨海部「夢の大橋」の聖火台に…組織委「観覧自粛を」”. 読売新聞 (2021年7月24日). 2021年7月26日閲覧。
  71. ^ a b c d Watson, Kathryn (2021年7月23日). “First lady Jill Biden participates in Olympics opening ceremony”. CBS. https://www.cbsnews.com/news/olympics-opening-ceremony-jill-biden/ 2021年7月24日閲覧。 
  72. ^ a b “Fewer than 30 leaders to attend Tokyo opening ceremony”. Washington Post. (2021年7月22日). https://nationalpost.com/sports/olympics/fewer-than-30-leaders-to-attend-tokyo-opening-ceremony 2021年7月24日閲覧。 
  73. ^ Kornhaber, Spencer (2021年7月23日). “The Haunting, Ambivalent Olympics Opening Ceremony”. The Atlantic. https://www.theatlantic.com/culture/archive/2021/07/tokyo-olympics-opening-ceremony/619555/ 2021年7月24日閲覧。 
  74. ^ President Sarkissian attends opening ceremony of Summer Olympic Games in Tokyo”. ArmenPress. 2021年7月24日閲覧。
  75. ^ “'Ask her': Coates says remarks to Palaszczuk were 'misinterpreted by people who weren't in the room'” (英語). Australia Broadcasting Corporation. (2021年7月22日). https://www.abc.net.au/news/2021-07-22/john-coates-annastacia-palaszczuk-tokyo-olympics-misinterpreted/100315280 2021年7月23日閲覧。 
  76. ^ “東京五輪の開会式、中国は閣僚級が出席”. 日本経済新聞. (2021年7月22日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM223180S1A720C2000000/ 2021年7月25日閲覧。 
  77. ^ a b c d e “Busy that day: Europe's leaders pass on Tokyo Olympics”. Politico.eu. (2021年7月23日). https://www.politico.eu/article/busy-that-day-world-leaders-pass-on-tokyo-olympics/ 2021年7月24日閲覧。 
  78. ^ a b “Suga, Macron vow to share Olympics experience, boost defense ties”. Kyodo News. (2021年7月24日). https://english.kyodonews.net/news/2021/07/6ef6f90807d7-japan-next-summer-olympics-host-france-begin-summit-talks.html 2021年7月24日閲覧。 
  79. ^ Gangitano, Alex (2021年7月23日). “Jill Biden attends Tokyo Olympics opening ceremony”. The Hill. https://thehill.com/homenews/administration/564490-jill-biden-attends-tokyo-olympics-opening-ceremony 2021年7月24日閲覧。 
  80. ^ Imahashi, Rurika; Regalado, Francesca (2021年7月23日). “Tokyo's Olympic flame burns at last after subdued ceremony”. Nikkei Asia. https://asia.nikkei.com/Spotlight/Tokyo-2020-Olympics/Tokyo-delivers-subdued-Olympic-opening-ceremony 2021年7月24日閲覧。 
  81. ^ Rtv, San Marino (2021年7月23日). “Olimpiadi: San Marino ha sfilato coi suoi cinque atleti, la Reggenza ricevuta dall'Imperatore” (イタリア語). San Marino Rtv. 2021年7月24日閲覧。
  82. ^ 「開会式に感動」 スロベニア・スポーツ相に聞く”. 産経新聞 (2021年7月26日). 2021年7月27日閲覧。
  83. ^ “Pandemic-Delayed Tokyo Olympics Begin”. KBS WORLD News. (2021年7月23日). http://world.kbs.co.kr/service/news_view.htm?lang=e&Seq_Code=163064 2021年7月24日閲覧。 
  84. ^ a b Suga kicks off Olympics diplomacy” (2021年7月22日). 2021年7月25日閲覧。
  85. ^ “Swiss president forced to miss meeting with Japanese emperor”. Expatica. (2021年7月23日). https://www.expatica.com/ch/latest-news/sw-swiss-president-forced-to-miss-meeting-with-japanese-emperor-216825/ 2021年7月24日閲覧。 
  86. ^ Slodkowski, Antoni (2021年7月24日). “IOC's Bach draws ire in Japan over long opening ceremony speech”. Reuters. https://www.reuters.com/lifestyle/sports/iocs-bach-draws-ire-japan-over-long-opening-ceremony-speech-2021-07-24/ 2021年7月24日閲覧。 
  87. ^ Mr Ban Ki-moon re-elected as Chair of the IOC Ethics Commission - Olympic News” (英語). International Olympic Committee (2021年7月20日). 2021年7月24日閲覧。
  88. ^ “Tokyo Olympics open”. Yonhap News Agency. (2021年7月23日). https://en.yna.co.kr/view/PYH20210723251100315 2021年7月24日閲覧。 
  89. ^ Tokyo Olympics Opening Ceremony: The Attendees and the No-Shows”. 2021年7月25日閲覧。
  90. ^ a b パナソニック、五輪開会式に社長出席せず”. 日本経済新聞 (2021年7月20日). 2021年7月27日閲覧。
  91. ^ トヨタ、社長ら五輪開会式に出席せず-国内で五輪CM放映もなし”. Bloomberg.com (2021年7月19日). 2021年7月27日閲覧。
  92. ^ 五輪開会式、「欠席」相次ぐ スポンサー企業・経団連会長も”. 朝日新聞 (2021年7月21日). 2021年7月27日閲覧。
  93. ^ 五輪テレビCM、味の素は「流すかどうか未定」…最高位スポンサーのトヨタは見送り”. 読売新聞 (2021年7月20日). 2021年7月28日閲覧。
  94. ^ 東京五輪開会式、スポンサー社長欠席相次ぐ-CMも選手応援中心”. Bloomberg.com (2021年7月20日). 2021年7月28日閲覧。
  95. ^ 財界3首脳、五輪開会式に欠席 協賛のパナソニック社長も”. 共同通信 (2021年7月20日). 2021年7月27日閲覧。
  96. ^ 安倍前首相、五輪開会式欠席へ コロナ禍、無観客を考慮か”. 共同通信 (2021年7月22日). 2021年7月27日閲覧。
  97. ^ 【お知らせ】7月24日(土)発売『東京2020オリンピック開会式公式プログラム』の販売中止について”. KADOKAWAオフィシャルサイト (2021年7月22日). 2021年7月27日閲覧。
  98. ^ KADOKAWA 五輪開会式プログラム発売中止を発表 演出担当の小林賢太郎氏解任受け”. スポーツニッポン (2021年7月23日). 2021年7月27日閲覧。
  99. ^ 開会式、竹中直人さん前日に辞退 出演作品が過去に批判”. 朝日新聞 (2021年7月28日). 2021年8月5日閲覧。
  100. ^ 竹中直人、五輪開会式前日辞退していた 過去に障害者揶揄コントが批判”. サンケイスポーツ (2021年7月29日). 2021年8月5日閲覧。
  101. ^ 五輪開会式でルール違反のノーマスク 組織委は注意しない方針”. 毎日新聞 (2021年7月24日). 2021年7月25日閲覧。
  102. ^ IOC、開会式のノーマスクに警告「許しがたい行為には対応」”. 毎日新聞 (2021年7月24日). 2021年7月25日閲覧。
  103. ^ a b マスク外し、「露骨なら措置」 IOCの五輪統括部長が強調〔五輪〕”. 時事通信 (2021年7月24日). 2021年7月25日閲覧。
  104. ^ 天皇陛下の開会宣言開始時に首相、知事が着席 「殿様気分」とSNSで批判”. 日刊スポーツ (2021年7月24日). 2021年7月28日閲覧。
  105. ^ 陛下の開会宣言、菅首相が着席 ネット上で批判―五輪開会式”. 時事通信 (2021年7月26日). 2021年7月28日閲覧。
  106. ^ 開会宣言の不起立問題、「起立アナウンス」できず 組織委謝罪”. 産経新聞 (2021年7月27日). 2021年7月28日閲覧。
  107. ^ 開会式の日の人出、深夜まで減らず 国立競技場の周辺”. 朝日新聞 (2021年7月24日). 2021年7月25日閲覧。
  108. ^ 【独自】オリンピックで弁当大量廃棄 オリパラ事務局が認める”. TBS NEWS (2021年7月27日). 2021年7月29日閲覧。
  109. ^ 開会式で4000食分の弁当など廃棄「過発注になってしまった」組織委が謝罪”. 日刊スポーツ (2021年7月28日). 2021年7月29日閲覧。
  110. ^ 日本テレビ (2021年7月28日). “組織委 弁当など“4000食”廃棄を謝罪”. 日テレNEWS24. 2021年7月29日閲覧。
  111. ^ NHK五輪開会式でイラン入場時に「アラブ諸国」と言い間違え豊原アナ謝罪 - 芸能 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com (2021年7月24日). 2021年7月24日閲覧。
  112. ^ 東京五輪の開会式、視聴率は56.4% 関東地区速報値:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年7月28日閲覧。
  113. ^ 日本テレビ (2021年8月3日). “東京五輪の開会式 全世界で約6億人が視聴”. 日テレNEWS24. 2021年8月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]