F1総集編

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

F1総集編(エフワンそうしゅうへん)とは、シーズン終了後の12月に、その年のF1の全グランプリをダイジェスト方式で放映している特別番組のことである。フジテレビでのF1中継開始2年目の1988年から放送されている。

概要[編集]

地上波放送においては、1988年から2009年までの毎年12月(1988年、1989年のみ翌年の開幕直前)にフジテレビ系列(一部地域を除く)で放送されていた。F1のブーム期(特に1991年から1993年ごろ)には放送時間が5時間に達する年も存在したが、F1ブームが沈静化すると放送時間はしだいに短くなり、末期は2時間30分〜3時間程度まで短縮され、2009年を最後に地上波での放送はされていない。

その後地上波放送からBSフジに移行し、2014年に無料放送では6年ぶりに総集編が放送された。

1999年からはCS放送・フジテレビ721→フジテレビTWOおよびフジテレビNEXTでも放送されており、地上波版とは放送内のCMが挿入されないなどの差異があった。2008年以降は地上波版から完全に独立し、CS用に編集された5時間ほどの特別編として放送されている。しかし2016年は2時間に短縮されたが2017年には3時間に戻った。

放送データ[編集]

※地上波分はフジテレビでの放送日時。

F1総集編放送日時
年度 地上波 BS放送(BSフジ CS放送(フジテレビNEXT
1988年 1989年3月20日(月) 25:25 - 28:55(3時間30分) (放送なし) (放送なし)
1989年 1990年3月5日(月) 25:40 - 29:10(3時間30分)
1990年 12月28日(金) 23:40 - 26:40(3時間)
1991年 1992年1月1日(水) 24:15 - 29:15(5時間)
1992年 12月27日(日) 23:55 - 28:55(5時間)
1993年 12月28日(火) 24:00 - 29:00(5時間)
1994年 12月28日(水) 23:50 - 28:20(4時間30分)1
1995年 12月29日(金) 24:05 - 27:35(3時間30分)
1996年 12月30日(月) 23:50 - 26:50(3時間)
1997年 12月30日(火) 23:45 - 27:45(4時間)
1998年 12月28日(月) 25:00 - 28:30(3時間30分)
1999年 12月28日(火) 24:30 - 28:00(3時間30分) 地上波放送分をノーカットで放送
2000年 12月28日(木) 25:30 - 28:44(3時間14分)
2001年 12月27日(木) 25:30 - 28:14(2時間44分)
2002年 12月29日(日) 26:05 - 28:00(1時間55分)
2003年 12月28日(日) 25:15 - 27:45(2時間30分)
2004年 12月26日(日) 26:00 - 28:30(2時間30分)
2005年 12月18日(日) 26:40 - 28:10【1部】
12月25日(日) 26:55 - 28:25【2部】(計3時間)
2006年 12月17日(日) 25:30 - 28:00(2時間30分)
2007年 12月16日(日) 24:50 - 27:20(2時間30分)
2008年 12月14日(日) 25:00 - 27:30(2時間30分) 12月31日(水) 25:00 - 30:00(5時間)
2009年 12月13日(日) 25:00 - 27:30(2時間30分) 12月31日(木) 17:00 - 22:00(5時間)
2010年 (放送なし)2 12月31日(金) 18:00 - 22:30(4時間30分)[1]
2011年 (放送なし) 12月23日(金) 19:00 - 24:00(5時間)3
2012年 12月23日(日) 16:00 - 21:00(5時間)
2013年 12月22日(日) 13:00 - 18:00(5時間)4
2014年 2015年1月11日(日)23:00 - 24:55(1時間55分) 12月20日(土) 14:00 - 19:00(5時間)5
2015年 2016年1月8日(金)22:00 - 23:55(1時間55分) 12月25日(金) 19:00 - 24:00(5時間)6
2016年 (放送なし) 12月20日(火) 22:00 - 24:00(2時間)
2017年 12月17日(日) 20:00 - 23:00(3時間)
2018年 12月23日(日) 19:00 - 22:00(3時間)7[2]
2019年 12月29日(日) 19:00 - 22:00(3時間)[3]

  • 1 放送直前に三陸はるか沖地震が発生したため24:20から放送。1部、2部構成。
  • 2 地上波では代わりに12月26日に「F1 サムライの涙~音速を駆けぬけたプロフェッショナル~」と題した1時間の特番を放送[4]
  • 3 30日にフジテレビONEで再放送(何度か再放送されている)。後に判明する2012年全戦衛星放送(BSフジ)移行に先駆ける形で、地上波での放送が無くなる。
  • 4 31日に同時刻で再放送。またフジテレビONEでも12月29日(日)19:00 - 24:00に放送された。
  • 5 30日に19:00 - 24:00で再放送。またフジテレビONEでは12月29日(月)21:00 - 23:00に独自編集による2時間バージョンが放送された(BSフジ版はこれをそのまま放送)[5]
  • 6 30日に15:00 - 20:00で再放送。またフジテレビONEでは12月27日(日)24:45 - 26:45に独自編集による2時間バージョンが放送された(BSフジ版はこれをそのまま放送)[6]
  • 7 31日に10:10 - 13:10で再放送。

エンディング曲[編集]

エンディングで使用される曲、及び流れるナレーションにファンが多いのも当番組の特徴である。

エンディング使用曲
年度 地上波 CS放送
1988年 Tony MacAlpine「Porcelain Doll」 (放送なし)
1989年 Rod Stewart & Jeff Beck「People Get Ready」
1990年 Styx「Show Me The Way」
1991年 Steelheart「She's Gone」
1992年 Alias「More Than Words Can Say」
1993年 Europe「Prisoners in Paradise」
1994年 Bon jovi「Bed of Roses」
1995年 Def Leppard「When Love & Hate Collide」
1996年 Boston「Livin' for you」
1997年 Elton John & Luciano Pavarotti「Live Like Horses(Live Finale Version)」
1998年 Sky Of Avalon & Uli Jon Roth「Bridge to Heaven」
1999年 Enigma「Return to Innocence」
2000年 Damn Yankees「High Enough」
2001年 Gamma Ray「The Silence('95 Version)」
2002年 Jon & Vangelis「Journey to Ixtlan」
2003年 Westlife「Flying Without Wings」
2004年 Journey「Faithfully」
2005年 Enrique Iglesias「Héroe」【1部】
Bryan Adams「(Everything I do)I do it for you」【2部】
2006年 Gerardina Trovato & Andrea Bocelli「Vivere」
2007年 Queen「Teo Torriatte (Let Us Cling Together)」
2008年 Journey「Turn Down The World Tonight」 エンディング曲なし
2009年 Neal E.boyd「Is Nothing Sacred」
2010年 (放送なし)
2011年
2012年 Treat「A Life To Die For」
2013年 FireHouse「Love Of A Lifetime」
2014年 Journey「Open Arms」
2015年 Robin Zander「In This Country」
2016年 Bad English「When I See You Smile」
2017年 Tauese Tofa「Dress Up」
2018年 Bon jovi「Thank You For Loving Me」
2019年 Enya「May It Be」

ナレーター[編集]

スタッフ[編集]

  • 総合監修:今宮純
  • 構成:高桐唯詩
  • ナレーション:#ナレーターを参照
  • カメラ:永野進、三浦博紀、馬塲義土、細野太郎、生谷吉亜、夏目利夫
  • 編集:西勝隆行、岡本和也、田村義景
  • MA:荻野賢
  • 音響:長谷川龍
  • オープニングCG:佐藤康夫
  • CG:北岡誠
  • 渉外:福本洋
  • 海外コーディネート:藤井美智子
  • 通訳:高橋克
  • デスク:草薙結喜子
  • AD:高田和典、齋藤佳伸
  • ディレクター:高木健太郎、酒井範行、東厚志、伊藤雄司、井上博昭、フレデリーカ・ヘンス、藤井将人
  • チーフディレクター:山本剛志
  • プロデューサー:藤山太一郎
  • 制作著作:フジテレビ

参照[編集]

関連項目 [編集]