城達也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
じょう たつや
城 達也
プロフィール
本名 城 達也[1]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本大分県別府市[2]
生年月日 (1931-12-13) 1931年12月13日
没年月日 (1995-02-25) 1995年2月25日(63歳没)
血液型 A型[3]
職業 声優俳優ナレーター
事務所 東京俳優生活協同組合(最終)[1]
公称サイズ([1]時点)
身長 / 体重 162 cm / 55 kg
活動
活動期間 1950年代 - 1994年
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

城 達也(じょう たつや、1931年12月13日[4] - 1995年2月25日[5])は、日本声優俳優ナレーターである。東京俳優生活協同組合に所属していた[1]

来歴[編集]

大分県別府市出身[2]大分県立別府鶴見丘高等学校[6]早稲田大学第一文学部仏文専修卒業。

劇団東京[7]、タレント・エージェント[7]を経て、東京俳優生活協同組合に所属し[1]、在籍中は専務理事を務めた。

大学在学中に俳優としてデビューし『七人の刑事』などに出演していたが、1961年にその美声を生かして俳協に移籍し声優業に転向[6]。以後、FMラジオ番組『JET STREAM』の初代パーソナリティ、テレビ番組『ビッグイベントゴルフ』などといった番組やコマーシャルのナレーション、またグレゴリー・ペックロバート・ワグナーなどの洋画の吹き替えなどで絶大な人気を集めた[注 1]。特に『JET STREAM』のパーソナリティは、1967年7月の放送開始から1994年12月まで27年半(7387回)に渡って務めたことから、城の代名詞的番組と捉えられた[5]

1975年には「ナレーターとしては黒沢良矢島正明と並び三羽烏に入る」と評されており[8]1979年にはACC賞(ナレーション部門)を受賞[5]

1993年12月に喉の不調を訴え[注 2]検査を受けた結果、食道癌に侵されている事が判明。その時点で、すぐに入院して手術を受けるよう医師から勧められるが、『JET STREAM』の放送が入院により途切れてしまう事を心配してすぐには入院せず、約2か月間まとめ録りを行ってから[注 3]1994年2月末に入院し、同年3月1日に癌の摘出手術を受ける[注 4]。5月に退院後も治療を受け、番組収録前に点滴を打つなどできる限り声質を保つようにしながら仕事を続けたが、実際には癌を患う前に比べ声が擦れるなどにより本調子とは言えず、8月に肝臓への癌転移が判明してからは入退院を繰り返すようになった。最終的には「自分が納得出来る声が出せなくなった」と感じるようになり、27年半担当した『JET STREAM』の降板を決意、1994年12月31日(30日深夜)の放送を最後に降板[注 5][注 6]。その直後に再入院するが、1995年に入り黄疸が出て急激に痩せるなど病状が悪化する。同年2月25日午後8時10分、食道癌のため、東京都新宿区の慶応義塾大学病院で死去[5]。63歳没。

没後、2008年に第2回声優アワード特別功労賞を受賞[9]

人物・エピソード[編集]

声種バリトン[7]。城の声について、『JET STREAM』の企画に携わった伊東恒は「渋みがあって、心を揺さぶってくれるような声」と評している。タモリは城が死去した際、自身が司会を務める『笑っていいとも』内のコーナー「テレフォンショッキング」の冒頭で、「城達也さんが亡くなられました。私は城達也さんに薬の使用上の注意を読み上げてもらったことがあるんですが、聞き入ってしまって言葉にならない感動があった。あれは感動しましたね」と語っている。弟子に小野田英一らがいる。

趣味は仕事とハンディ9でのゴルフ[5]。特技は乗馬[1]

愛煙家であり、「これ(タバコ)がないと落ち着かない」と自認するほどだった。ある対談では「城さんほどの良いお声をお持ちの方だと、タバコは吸われないんでしょうね」と言われた際、すかさずタバコを取り出して深々と煙を吸い込んで笑顔を見せたため、対談相手を戸惑わせたという。

1966年に『土曜洋画劇場』で『子鹿物語』が放送されてからは、グレゴリー・ペックの吹き替えをほとんどの作品で担当した。自身が吹き替えたペック出演作の中では『ローマの休日』『子鹿物語』『白鯨』の三本が印象深いと語り、特に『白鯨』は、収録後三日間声が思うように出なくなるほど執念を込めて演じたという。また、ペックについて「演じて出てくる優しさ、人柄の良さ」が好きだと語っている[10]

JET STREAM[編集]

城の『JET STREAM』への熱意は、本人にとって「生きがい」と呼べるほど並々ならぬものであった。収録の際は「夜間飛行のお供をするパイロット」という舞台設定に入り込むため、必ずスーツを着用[注 7]、スタジオの照明を暗くして収録するなど、番組に対して真摯なプロ意識を持っていたという。また、食道癌発症後、他の番組は手術時までにほとんど降板したが、『JET STREAM』だけはしばらく続けていた。

『JET STREAM』の放送が始まってからは、機長としてのイメージを壊さないように顔出しでのテレビ出演はほとんど断っていた。例外はあるものの、1990年5月11日放送の『徹子の部屋』、1972年放送のNHKドラマ『タイム・トラベラー[注 8]』など、数えるほどである。

『JET STREAM』は海外旅行を題材にした番組だったが、城自身は担当期間中海外旅行には一度も行っていなかった。そのためか、番組降板の際「これから旅に出ようかな」と周囲に語っていたが、直後に体調が悪化し再入院となったため実現しなかった。

『JET STREAM』降板後も仕事への熱意は持ち続けており、死去する直前には「3月にはアニメの仕事があるので行かなくちゃ」と妻に語っていた。このオファーは城の入院を知った俳協が事前にキャンセルしており、その事は城本人にも伝わってはいたが、城は最期まで「(病気は)治るから大丈夫だ」と言っていたという[5]

後任[編集]

城の死後、役を引き継いだ人物は以下の通り。

主な出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

吹き替え[編集]

俳優[編集]

グレゴリー・ペック
ロバート・ワグナー

映画[編集]

ドラマ[編集]

ラジオ[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場版アニメ[編集]

CD[編集]

  • JET STREAM
同名ラジオ番組をCD化したもの。今まで何度か再プレスされるなどして複数の版が存在する。
2002年には、10枚組みのCD「JALとFM東京から出されたもの」が出されている。

カセットテープ[編集]

ナレーション[編集]

ドラマ・番組[編集]

第270話「妻は夫の秘密をさぐるな」(1970年)
第296話「走れ蒸気機関車!恐怖の逃亡者」(1970年)
第310話「女子学園スキャンダル殺人」(1971年)
第317話「恋人を殺して姉弟心中」(1971年)
地上の星座(1974年)
離婚・ゆれる幸福(1978年)

CM[編集]

※すべてナレーション
ほか多数

テレビ番組[編集]

※すべて顔出しでの出演

記録映画[編集]

※すべてナレーション
  • 制作:東京シネマ、企画:KDD(現・KDDI
    • 「太平洋横断ケーブル」(1964年)
    • 「衛星通信」(1964年)
    • 「ケーブル・シップ KDD丸」(1967年)
  • 制作:東京シネマ、企画:松下電器産業(現・パナソニック))
    • 「光の技術」(1961年)
    • 「音響創造-電子の技術-」(1961年)
    • 「パルスの世界-エレクトロニクスと生体と-」(1962年)
    • 「力の技術-モートル-」(1963年)
  • 制作:東京シネマ、企画:日本通運
    • 「68の車輪」(1965年)
    • 「花開く日本万国博」(1970年)[注 19]
  • 制作:東京シネマ、企画:大洋海底電線
    • 「大洋海底電線工場」(1965年)
  • 制作:東京シネマ、企画:第一原子力産業グループ
    • 「原子力発電の夜明け」(1966年)

その他[編集]

※すべてナレーション
  • 神戸プラネタリウムシアター(「ポートピア'81」の神戸館内にあったプラネタリウム、後の神戸市立青少年科学館
  • 株式会社メディウスの自己啓発教材(Future Design Program、通称:FDP)
  • 日韓トンネル・国際ハイウエイ紹介ビデオ ユーラシア大陸20000kmの旅
  • すばらしきわが人生 part2
  • 知床自然センター ダイナビジョン (1987年)

著書[編集]

  • “ジェットストリーム”にひとり (1981年) PHP研究所

関連書籍[編集]

  • JET STREAM旅への誘い詩集 -遠い地平線が消えて(2010年) - 城が朗読した詩から100篇を厳選して収載。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 二人の吹き替えは、城でなければ視聴者から苦情が来たほどだったという。
  2. ^ 60歳を過ぎた頃から、極度の疲労感が度々あったという。
  3. ^ 『JET STREAM』のナレーションは、通常は週に一度1週間分をまとめて収録していたが、この時(翌年2月末まで)は一回の収録で2、3週間分を一気に録音していた。
  4. ^ 城はこの時「声帯は私の命。声が変わらぬよう、ぜひよろしくお願いします。」と担当医に頼み込んだという。
  5. ^ 番組の生みの親で、当時放送局であるTOKYO FMの社長になっていた後藤亘が久々に番組を聴いたところ「まるで別人」「このままでは彼のイメージが壊れる」と思うほどだったといい、このことを伝えようと11月末に城を社長室に呼ぶと「ご心配かけました。腹を決めました」と自ら降板を切り出したという。
  6. ^ 最後の収録は同年12月13日(城にとっては最後の誕生日となった)に行われた。
  7. ^ 航空会社における定期運送用操縦士制服はダブルのスーツスタイルである。
  8. ^ 語り手としての出演。頭から照明を落とすダウンライトを使い、顔を映りにくくする配慮がなされていた。
  9. ^ 小野田が担当したのは2000年3月まで。2020年現在は福山雅治が担当。
  10. ^ 番組内では「パイロット」と称した。
  11. ^ ※グループ企業をまとめて記載。
  12. ^ ※主にフジテレビなるほど!ザ・ワールド」の番組中に放映されるCMを担当した。
  13. ^ 味の素ゼネラルフーズを含む。
  14. ^ ※2つの商品をまとめて放映したため、「・」と表記した。
  15. ^ ※「フィアンダカ・ファーコレクション」にはアルフレッド・フィアンダカファッションデザイナー)が出演した。
  16. ^ (※「新玄」はグループ会社の武田食品工業が販売)
  17. ^ (※「東芝住宅メイゾン」はグループ会社の東芝住宅産業が販売)
  18. ^ (※ボーデンジャパン - 「レディーボーデンクラシック」のナレーションも担当)
  19. ^ (※この作品には英語のナレーションもある。そのナレーションは矢口堅三が担当した)

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『日本タレント名鑑(1994年版)』VIPタイムズ社、1994年、179頁。 
  2. ^ a b 城 達也 とは”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年1月9日閲覧。
  3. ^ 『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』近代映画社、1985年、83頁。 
  4. ^ 『声優名鑑』成美堂出版、1999年7月、486頁。ISBN 4-415-00878-X 
  5. ^ a b c d e f ジェット・ストリーム司会の城達也さん死去/復刻 (1995年3月3日付)”. 日刊スポーツ (2017年3月3日). 2020年8月15日閲覧。
  6. ^ a b ラジオライフ(三才ブックス)1981年5月号 p.74
  7. ^ a b c 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、86頁。 
  8. ^ 佐伯浩明「ささやく"深夜のパイロット"」『夕刊フジ』、産業経済新聞社、1975年9月18日、 9頁。
  9. ^ 第二回声優アワード受賞者”. 声優アワード. 2020年8月15日閲覧。
  10. ^ 淀川長治 『映画はブラウン館の指定席で』テレビ朝日、1986年。ISBN 4881310798 
  11. ^ 忍風カムイ外伝”. エイケン オフィシャルサイト. 2016年6月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]