ジャルパック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社ジャルパック
JALPAK Company, Limited
JAL Building.jpg
本社の入居する野村不動産天王洲ビル
種類 株式会社
略称 JALパック
本社所在地 日本の旗 日本
140-8658
東京都品川区東品川2丁目4番11号
野村不動産天王洲ビル
設立 1978年4月1日(ティーディーエー商事株式会社)
業種 サービス業
事業内容 旅行業
代表者 代表取締役社長 藤田克己
資本金 8000万円
売上高 単体:1,894億円(2005年3月期)
従業員数 562人[1]
主要株主 日本航空株式会社
外部リンク http://jalpak.jp/
テンプレートを表示

株式会社ジャルパックJALpak)は、JALグループ旅行会社の名称、及び同社が実施しているパッケージツアーのブランド名である。

概要[編集]

日本初の海外パックツアー[編集]

高度経済成長による外貨獲得高が伸びたため、第二次世界大戦後以降の日本人の海外渡航制限が1964年昭和39年)に解除されたことを受けて、1965年昭和40年)1月20日に日本初の海外パッケージツアーブランドである「ジャルパック」第一弾の発売が日本航空によって開始され、全7コースがIATA加盟旅行代理店から一斉発売された。

当時はツアー参加者にサービスとしてトラベルバッグを配布しており、そのバッグが海外旅行者の間でステータスとされていた。現在では高級なイメージは払拭され一部の高額パッケージツアーは残しているものの一般的なパッケージツアーとなっている。

日本航空から独立[編集]

その後「ジャルパック」は、海外パッケージツアーの代名詞となるほどに好調であり、1969年昭和44年)4月4日に日本航空と主要旅行会社の出資により、「ジャルパック」を企画・運営・管理・販売するホールセラーとして、「旅行開発株式会社」が設立された。1991年平成3年)には社名を「株式会社ジャルパック」に改名した。

JALグループ内での再編[編集]

2000年平成12年)から翌年にかけて国内各地の支店業務をJALセールスネットワーク(JSN)へ業務委託した。2002年平成14年)の日本航空による日本エアシステムの実質的な吸収合併(日本航空システム発足)に伴い、JALセールスネットワークはJALセールス(JSA)へと組織変更したが、この時期は日本航空グループが販売体制の模索をしている時期で、JALセールスはジャルパックだけでなく日本航空本体の契約旅行会社への営業も担当するようになった。しかしこの一元セールス方式は社内からも社外からも不評で、2006年平成18年)に日本航空グループの販売体制再編に伴い、札幌東京名古屋大阪福岡地区の支店業務をジャルパックへ戻した。尚、2010年平成22年)2月以降、再度の販売体制再編に伴い、国内拠点は本社(東京)のみとなった。

日本航空グループの国内旅行部門『ジャルステージ』『ふらり』『JMBツアー』『JAL旬感倶楽部』を担当する株式会社JALツアーズ(以前の国内旅行開発株式会社→株式会社ジャルストーリーと旧日本エアシステム系のティーディーエー商事株式会社→ジェイエイエス商事株式会社→株式会社ジャスナイスウイングが2003年に合併。存続会社はジャスナイスウイング)は当初より別会社であり、先のJALセールスは日本航空グループの営業担当会社という位置付けから離れ、旧ジャルトラベル(以前のジャパンツアーシステム(JTS))の流れを汲む日本航空グループの旅行代理店として現在に至っている。ジャルパックやJALツアーズ商品を自社で販売または市中の旅行会社へ取次する他、「JAL紀行倶楽部」というブランド名で国内パッケージツアー/フリープランを自社企画し、市中の旅行代理店経由で発売している。「JAL紀行倶楽部」はJALツアーズの商品と内容が酷似しているため、混同しないように注意が必要である。
また、日本航空の市内カウンター(旅行商品も販売する)「JALプラザ」は東京・大阪が「JALナビア」、札幌は「JALセールス北海道」が運営を担っている。

2011年平成23年)4月1日をもって株式会社JALツアーズと合併した。存続会社はJALツアーズで、合併時にジャルパックに社名変更する(いわば逆さ合併)。そのため旅行業の登録番号はJALツアーズが持っている第705号となった。

専業ホールセラーからの転換[編集]

ジャルパックはその成り立ちから自社販売店舗を持たず専ら他旅行会社に販売を委託する、いわゆる専業ホールセラーであったが、近年の顧客のパッケージツアー離れとそれに対応するための旅行会社の顧客の囲い込みや自社商品の直販重視の動きは、ジャルパックに従来のホールセラー専業からの転換を促した。その新しい方向性の一つがツアーオペレーター事業であり、もう一つがインターネットによる直接販売である。

ツアーオペレーター事業[編集]

日本の旅行会社が海外旅行の手配を行なう場合、直接海外のホテルバス会社などと連絡しあって手配することはまれで、ツアーオペレーターと呼ばれる海外旅行の手配を専門に行なう会社に手配を委託するのが一般的である。ジャルパックは世界各地にこの手配を行なうための子会社を多数持っているが、このネットワークを利用してジャルパックのパッケージツアーの手配だけではなく、他の旅行会社から委託を受けて他の旅行会社のツアーや個人旅行の手配も行なうようになった。長年のホールセラー事業で手配の実績があるジャルパックに自社の手配を委託する旅行会社は多く、現在ではこのツアーオペレーター事業はホールセラー事業と並んでジャルパックの経営の柱の一つとなっている。

インターネット販売[編集]

インターネットの発達によるB2Cの流れは、自社販売店舗を持たないジャルパックにもリテーラーに頼らず直接ツアーを顧客に販売する道を開いた。ジャルパックは直販サイト「eトラベル( http://www.etravel.co.jp )」を1999年5月に立ち上げ、自社の海外旅行はもちろんのこと関係会社のアジア旅行開発株式会社の中華民国(同社では「台湾」と表記)旅行やJALツアーズの国内旅行、海外航空券(アクセス国際ネットワークと提携)、他社旅行周辺商品(アップルワールドと提携しての海外ホテル、ワールドブライダルと提携しての海外挙式手配、ジェイアイ保険と提携しての保険商品販売)などの販売を行なっている。2004年頃よりJALツアーズの国内旅行もeトラベルでの取り扱いを開始した。(現在ではアップルワールド及びワールドブライダルとの提携は終了)なお、「eトラベル」は2006年12月に「JAL eトラベルプラザ( http://www.jal.co.jp/intltour/ 旧名称eJMBツアーデスク)」に統合・改称され、2008年9月末より日本航空インターナショナル公式サイト内の「海外ツアー」「国内ツアー」メニューへ内包された。

展開ブランド[編集]

  • JALパック(JALPAK):2010年1月20日に発表された2010年上期(4月~)からの新ブランド。これまでのアイルとアヴァを統合し設定され、ブランド名としては19年ぶりに復活した。
  • アイル(I'll):第1ブランド。1991年にJALPAKから改名した。2010年3月末出発のツアーをもってその歴史に幕を下ろした。
  • アヴァ(AVA):第2ブランド。由来は「なたのヴァカンス」から。2010年3月末出発のツアーをもってその歴史に幕を下ろした。
  • びゅうワールド1993年東日本旅客鉄道(JR東日本)の海外パッケージツアー企画・実施部門として日本航空との合弁で発足したが、JR東日本の方針転換により2007年4月1日より同部門を譲受し、ジャルパックのブランド・商品群となった(法人としては現在のびゅうトラベルサービス)。販売はびゅうプラザ・専用の「リン・リン・ダイヤル」・JAL eトラベルプラザ(一部)に限定されている。元々びゅうワールドはジャルパックからユニットを仕入れるなどの関係が有った。

関連会社[編集]

アジア旅行開発[編集]

中華民国向けの海外パッケージツアーは、中華人民共和国の旅行商品を扱うジャルパックではできなかった(中華人民共和国の中国共産党政府からの圧力があるため。そのため他の大手旅行会社も中華民国専門の別会社があった)ことから、JALグループの日本アジア航空の子会社で関連会社となる「アジア旅行開発」(出資比率はJAA70%、ジャルパック30%)が独自に展開していた。しかし2008年平成20年)4月1日に日本アジア航空が日本航空インターナショナルに合併されたのと同時に中華民国のツアーもジャルパックが催行することになり、アジア旅行開発は事業を停止した。同年4月30日付で解散。同年8月27日付で清算終了し、完全消滅した。

かつての展開ブランド
  • センチュリー(Century):第1ブランド ※後に「アイル(I'll)」に統合
  • ビバ(VIVA):第2ブランド ※後に「アヴァ(AVA)」に統合

ジェイプロ[編集]

ジャルパックの100%子会社。旅行日程表作成及び旅行パンフレットの発送を行う。

http://www.j-pro.co.jp/

海外支店[編集]

海外支店はそれぞれ現地法人として以下が設置されている。

イギリス(ロンドン):http://www.jalpak.co.uk
イタリア(ローマ):http://www.jalpak.it
フランス(パリ):http://www.jalpak.fr
ドイツ(フランクフルト・デュッセルドルフ):http://www.jalpak.de
イギリス(ロンドン):http://www.ectuk.com
アメリカ(ホノルル・コナ・マウイ)
インドネシア(ジャカルタ)
中華民国(台北・台中・高雄)
香港
中華人民共和国(北京市)

脚注[編集]

  1. ^ ジャルパック企業情報 2015年3月現在のホームページの記載

関連項目[編集]

  • 天才バカボン - 「TENSAI BAKABON IN AMERICA」という話で、バカボンのパパがバカ田大学の後輩から教えてもらった瞬間移動の呪文が「ジャルパックジャルパック○○!!」だった。この話は『元祖天才バカボン』で「天才バカボン・イン・アメリカ」(第55話)としてアニメ化されたが、呪文は「ジャルクックジャルクック○○!!」に変更された。
  • 川村カオリ - 1991年、I'llのCMに本人の歌うCMソング『アイル・ビー・ゼア』と共に起用される。
  • NOKKO - I'll初期のCMキャラクターを努めていた。
  • JET STREAM - 現在も続くJAL(日本航空)提供のラジオ番組。城達也担当時代が特に有名。
  • ときめきトゥナイト - 「ジャルパックの扉」が登場する。扉には『鶴丸』マークがついている。
  • あぽやん〜走る国際空港 - 2013年1月17日 - 3月21日にTBS系列で放送された連続ドラマ。主人公他複数の登場人物がジャルパック社員及び契約社員という設定。

外部リンク[編集]