天平の甍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

天平の甍』(てんぴょうのいらか)は、井上靖歴史小説。初刊は中央公論社で1957年12月に刊行(現・新潮文庫、改版2005年)。作者は訪中後に加筆している。芸術選奨受賞作。

遣唐使(第9次)で大陸に渡った留学僧たち。高僧を招くという使命を受け、後に鑒眞と会う普照栄叡を軸とした若い留学僧たちの運命を描く。

映画[編集]

天平の甍
監督 熊井啓
脚本 依田義賢
原作 井上靖
製作 佐藤一郎
金原文雄
磯野理
遠藤雅也
ナレーター 城達也
出演者 中村嘉葎雄
大門正明
田村高廣
音楽 武満徹
撮影 姫田真佐久
編集 小川信夫
製作会社 「天平の甍」製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 1980年1月26日
上映時間 152分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 11億5000万円[1]
テンプレートを表示

1980年1月26日に公開された。製作は芸苑社、配給は東宝

ねばり強さで知られる熊井啓監督が、1957年の小説連載開始から映画化を企画していたもので、ねばり強い中国ロケ折衝が実り[2]、非常に困難だった中国ロケの戦後一番乗りを勝ち取った[2][3]。最初に1979年6月下旬から8月まで、蘇州などで中国側から全面協力を得てロケをスムーズに行い[4]、同年10月から再び中国ロケを行った[4]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

舞台[編集]

前進座が舞台化している。依田義賢:脚色、十島英明:演出[5]河原崎長十郎嵐圭史など。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1980年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  2. ^ a b 河原一邦「話題の邦画BIG15を特別誌上公開!」、『ロードショー』1979年8月号、集英社、 246頁。
  3. ^ 二代目襲名を固辞しつつ 父バンツマを敬愛し続けた田村高廣 | シネマズby松竹
  4. ^ a b 河原一邦「邦画マンスリー」、『ロードショー』1979年11月号、集英社、 233頁。
  5. ^ 2018年5月1日中日劇場(中日新聞文化芸能局)発行「中日劇場全記録」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]