マドラス (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マドラス株式会社
madras inc.
Madras Headquarter Office 20140824.JPG
マドラス本社(2014年8月)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
460-0008
愛知県名古屋市中区二丁目15-6
北緯35度9分55.5秒
東経136度54分7.6秒
座標: 北緯35度9分55.5秒 東経136度54分7.6秒
設立 1921年5月18日
(亜細亜製靴株式会社)
業種 その他製品
法人番号 9180001011086
事業内容 革靴の製造販売
代表者 代表取締役社長 岩田達七
資本金 5,000万円[1]
従業員数 310名
主要子会社 クラウン製靴株式会社 100%
外部リンク http://www.madras.co.jp/
テンプレートを表示

マドラス株式会社: madras inc.)は、愛知県名古屋市中区に本社を置く高級革靴メーカーである。高級紳士靴「madras」ブランドで知られる。

概要[編集]

1921年、革靴メーカーとして亜細亜製靴株式会社創業。

1965年、イタリアのマドラス社と技術提携を行い、1983年にはマドラス株式会社に商号を変更。

1994年、イタリアのバレンチノ社より全世界におけるマドラスの商標権を譲り受ける。

社名の「マドラス」とは、1946年にイタリア人のバレンチノ ピコロットが一人で設立した会社の名前に由来する。

沿革[編集]

  • 1874年 - 名古屋市鉄砲町(現・中区栄3丁目)に岩田商店として創業し、1915年に合名会社岩田商店となる。代表、岩田武七。
  • 1921年5月18日 - 米国グッドイヤー式製靴機械を輸入し、「亜細亜製靴株式会社」として瑞穂区豆田町5-2に設立し、機械製靴業に乗り出す[2]
  • 1965年 - マドラス社(イタリア)と技術提携。
  • 1983年 - 「マドラス株式会社」に商号を変更。
  • 1987年 - アダムアンドイヴと提携。
  • 1989年 - トラサルディ社(イタリア)と提携[1]
  • 1993年 - テーン社(フランス)と提携。
  • 1994年 - 全世界におけるマドラスの商標権をバレンチノ社(イタリア)より譲受。
  • 1998年 - ユーピーレノマ(フランス)と提携。
  • 1999年 - ストーンフライ社(イタリア)と輸入独占販売契約を締結。
  • 2000年 - マリオヴァレンティーノ社(イタリア)と提携。
  • 2002年 - アラ社(ドイツ)と輸入独占販売契約を締結。
  • 2003年 - エル社、株式会社寛齋スーパースタジオ、ダックス社(イギリス)と提携。
  • 2005年 - アラン・ドロン社(フランス)と提携。
  • 2006年 - カルバン・クライン社(アメリカ)と提携。
  • 2009年8月3日 - ECサイト「madras shoe-style」をオープン。
  • 2011年 - マドラスコーポレーション株式会社、マドラスインターナショナル株式会社、スポーツマドラス株式会社の3社を吸収合併。
  • 2013年8月29日 - 倒産したクラウン製靴株式会社(旧クラウン社)とスポンサー契約を締結。マドラスは7月31日に設立した全額出資子会社のクラウン製靴株式会社を譲受会社として靴事業のすべてを譲受[3]

事業所[編集]

関連会社[編集]

  • 岩田工機株式会社
  • 犬山瓦斯株式会社
  • 下呂温泉 湯之島館

出典[編集]

  1. ^ マドラス株式会社公式WEBサイト
  2. ^ 金融資本成立期における皮革産業古庄正、駒澤大學商經學部研究紀要 24, 222-243, 1966-03
  3. ^ クラウン製靴株式会社事業譲受のお知らせ”. マドラス株式会社 (2013年9月12日). 2013年10月2日閲覧。
[ヘルプ]

外部リンク[編集]