あみプレミアム・アウトレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プレミアム・アウトレット > あみプレミアム・アウトレット
あみプレミアム・アウトレット
Ami Premium Outlets
あみプレミアム・アウトレット
あみプレミアム・アウトレット
店舗概要
所在地 300-1155
茨城県稲敷郡阿見町よしわら4-1-1[1]
座標 北緯35度59分0.57秒 東経140度14分12.5秒 / 北緯35.9834917度 東経140.236806度 / 35.9834917; 140.236806座標: 北緯35度59分0.57秒 東経140度14分12.5秒 / 北緯35.9834917度 東経140.236806度 / 35.9834917; 140.236806
開業日 2009年7月9日
施設所有者 三菱地所・サイモン
施設管理者 三菱地所・サイモン
敷地面積 207,500 m²
商業施設面積 31,000 m²
店舗数 151店舗
営業時間 10:00 - 20:00
駐車台数 3,900台
外部リンク 公式ホームページ
Mitsubishi Estate Japanese logo.png

あみプレミアム・アウトレットAmi Premium Outlets)は、茨城県稲敷郡阿見町よしわら4-1-1[1](旧地番・大字吉原2700)に所在するアウトレットモールである。2009年7月開業。三菱地所グループの三菱地所・サイモンが経営する。

概要[編集]

三菱地所・サイモンの「プレミアム・アウトレット」としては、日本で8番目(首都圏では佐野に次ぐ2番目)に開業した施設である。首都圏中央連絡自動車道(圏央道)阿見東インターチェンジと事実上一体になっており、一般道路をほとんど走行せずアクセスできる。

牛久大仏の近くに所在し、施設内から同大仏の胴体から頭部を見ることができる。

沿革[編集]

  • 2009年7月9日 - オープン(物販:97店舗、飲食:6店舗、フードコード:1店舗の計104店舗。駐車場:2,500台)
  • 2011年12月8日 - 第2期増設オープン(計150店舗に増設、駐車場を3,900台に増設)[2][3]

店舗[編集]

交通アクセス[編集]

JRバス関東
牛久浄苑と牛久大仏

バス[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)常磐線の駅を発着する路線バスが敷地内の建物北側入口前[4]にある「あみプレミアムアウトレット」バス停留所を発着する。停留所名には中黒が入らない[5]。いずれも終着。この他、守谷駅新守谷駅発着、東京駅発着のバスが運行された時期もあるがいずれも短命に終わっている。

  • 荒川沖駅東口より(2009年7月8日運行開始)
    直行便。2社の共同運行で、15時以前の便が関東鉄道土浦営業所)、15時以後の便がジェイアールバス関東土浦支店)担当である。所要時間は20分程度で、列車と組み合わせることにより東京都心から約90分以内のアクセスを実現している[6]。開業当初は30分間隔で運転していたが、現在はおよそ90分毎(1日9往復)運行。店が用意した送迎バスではなく一般乗合バスであるが、復路券配布や広告への時刻表掲載など店側も広報に力を入れている。
    • 毎年元日の早朝には初売り臨時便[7]も運行される。
    • 運賃は現在片道520円であるが、荒川沖駅から乗車してアウトレットを利用する場合に限り復路専用無料乗車券が配布されるため、実質片道260円(往復520円)となる。
  • 牛久駅東口より(土休日及び特定日)(2015年12月5日運行開始)[8]
    途中牛久浄苑・牛久大仏のみ停車の事実上の急行便。1日8往復で、所要時間は30分程度。全便が関東鉄道(竜ヶ崎営業所)担当。この系統ができるまでは牛久大仏との間にバス路線はなかった。沿線の観光施設には他にシャトーカミヤ(牛久駅付近)がある。
    • 運賃は牛久浄苑・牛久大仏より片道170円、牛久駅より片道580円。前述の荒川沖駅発で配布された復路専用無料乗車券は利用不可。

買い物ツアー[編集]

当施設を含む観光旅行商品が度々企画されている。2015年現在は隣県(栃木県千葉県東京都23区)からのバス旅行商品が用意されている。過去にはつくば市福島県いわき市からもツアーが企画されていた。

自動車[編集]

首都圏中央連絡自動車道(圏央道)阿見東インターチェンジと接続している。この道路は筑波研究学園都市常磐自動車道成田国際空港方面(東関東自動車道)と接続、さらに東北自動車道との接続が予定されており、同アウトレットは国内外のアクセスが重視された立地となっている。

周辺施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]