メガネの田中チェーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メガネの田中チェーン株式会社
Megane no Tanaka Chain Co., Ltd.
種類 株式会社
略称 メガネの田中
本社所在地 日本の旗 日本
730-0036
広島県広島市中区袋町1-23-102[1]
設立 1966年3月25日(創業は1913年[1]
業種 小売業
法人番号 2240001011714
代表者 代表取締役社長 デイミアンホール[2][1]
資本金 1億5000万円[1]
売上高 125億4000万円(2017年3月期)[1]
従業員数 約850人(2017年3月現在)[1]
外部リンク http://www.tanaka-megane.co.jp/
特記事項:創業は1913年3月25日
テンプレートを表示
愛情メガネのタナカ時代のロゴ

メガネの田中チェーン(メガネのたなかチェーン)は、広島県広島市大阪府大阪市に本社を置き、「メガネの田中(旧:メガネのタナカ)」などを運営する企業。メガネコンタクトレンズ補聴器福祉機器光学品の取り扱いを行っている。広島県を中心に124店舗(2017年6月末時点)[1]展開している。この項目では、本部機能などを担当しているメガネの田中ホールディングスについても取り上げる。

概要[編集]

1913年(大正2年)に広島県で創業し、2013年3月で創業100周年を迎えた。創業当初より「半医半商」を掲げ、顧客に合わせた最適な商品を提供できる人材育成と多様なニーズに合わせた商品開発を企業方針としている。認定眼鏡士(196名)、アイウェアコーディネーター(20名)、認定補聴器技能者(205名)(2015年3月時点)はいずれもメガネ業界トップとなり、顧客対応を重視している。また、広島県に店舗を集中させることにより地元産業としての地位を確立している。

店舗名を「メガネのタナカ」から「メガネの田中」に変更した際にロゴも変更している。眼鏡をかけた顔のトレードマークは細部が変更され、角の取れた赤い四角の中に白線で描かれる形になった。

沿革[編集]

  • 1913年3月25日 - 広島堀川町虎屋饅頭店隣りに開業(田中眼鏡店)[3]
  • 1932年 - 広島流川店出店[3]
  • 1945年 - 原爆にて崩壊[3]
  • 1946年 - 広島流川で再開業[3]
  • 1947年 - 平田屋町(広島本通り)へ移転[3]
  • 1954年 - 有限会社田中眼鏡店に改組[3]
  • 1959年 - 広島駅前店を出店し多店舗化開始[3]
  • 1966年 - メガネの田中チェーン株式会社設立[3]
  • 1996年 - 100店舗達成[3]
  • 2015年 - 株式会社田中眼鏡店をメガネの田中ホールディングス株式会社に社名変更し本部機能などを分離する[3]。メガネの田中チェーンは小売り専業になる。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 会社概要 - メガネの田中チェーン
  2. ^ 代表メッセージ
  3. ^ a b c d e f g h i j 沿革 - メガネの田中チェーン

外部リンク[編集]