白昼の決闘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
白昼の決闘
Duel In The Sun
監督 キング・ヴィダー
脚本 デヴィッド・O・セルズニック
オリヴァー・H・P・ギャレット
原作 ニーヴン・ブッシュ
製作 デヴィッド・O・セルズニック
出演者 グレゴリー・ペック
ジョゼフ・コットン
ジェニファー・ジョーンズ
音楽 ディミトリ・ティオムキン
撮影 リー・ガームス
レイ・レナハン
ハロルド・ロッソン
編集 ハル・C・カーン
配給 アメリカ合衆国の旗 セルズニック
日本の旗 東宝
公開 アメリカ合衆国の旗 1946年12月31日
日本の旗 1951年9月18日
上映時間 144分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 約8,000,000ドル
配給収入 11,300,000ドル(北米配収)
8231万円[1] 日本の旗
テンプレートを表示

白昼の決闘』(はくちゅうのけっとう、Duel In The Sun)は、1946年アメリカ合衆国の映画。製作者デヴィッド・O・セルズニックが、『風と共に去りぬ』の西部劇版を意図し自ら脚本を執筆したキング・ヴィダー監督による西部劇。当時としては珍しい西部劇に家庭の不和~老夫婦の永年の確執と犬猿の仲である優等生弁護士(兄)と乱暴なカウボーイ(弟)の敵対関係とヒロインをめぐる近親憎悪に近い三角関係~を持ち込んだのが特筆すべき点で、先行ロードショーのロサンゼルス地区では1946年に1週間強上映されているので1946年度作品としてジェニファー・ジョーンズはアカデミー主演女優賞にノミネートされているが、他の州=全米公開は1948年である事から資料によって製作年度が異なった記述になっている。またグレゴリー・ペックも同年アカデミー主演男優賞にノミネートされているがこちらは『仔鹿物語』の演技が対象であり両作共に当時はまだ希少価値だったテクニカラー映画である。

ストーリー[編集]

奔放な女性パールは、両親を亡くしたことで父親の旧知の女性ローラの元へ預けられる。ローラの夫マキャンレスは保守的でインディアンの血を引くパールを異端視。しかしマキャンレスの2人の息子ジェシーとルートは共にパールに関心を持ち、ルートはパールの体を奪う。マキャンレスは鉄道会社との間に軋轢を抱えており、鉄道会社の肩を持ったジェシーを勘当。ルートは父親の後継者としての優れた一面を見せ、パールの心を支配し始めるが、婚約は拒否。神経を苛立たせたパールは年輩の男サムとの関係を深め、婚約まで漕ぎ付ける。ルートは女は渡さないとしてサムを射殺。夜陰に紛れてパールと再会したルートは、メキシコへ逃亡する旨を伝えるが、パールを連れて行くことは再び拒否。前々から病気がちだったローラは心労のため死去、その頃都会で名士としての扱いを受けていたジェシーはパールを自分の元へ置こうとする。ジェシーの婚約者は彼の態度に疑問を持ち、パールに自分と一緒に暮らさないかと提案。ルートはジェシーの考えを許さず銃撃して重傷を負わせる。ルートの呼び出しを受けたパールはルートを撃ち、パールもルートに撃たれる。息を引き取る寸前ルートはパールを本当に愛していたと言い、パールもそれを認めて満足しながら死んでいった。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)89頁

外部リンク[編集]