ランプ (光源)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
白熱電球
ナトリウムランプ
アセチレンランプ

ランプオランダ語: lamp)は、発光器具や発光部品の総称。

光源とランプ[編集]

三分類[編集]

光源は燃焼系光源、放電系光源、発光素子系光源に分けることがある[1]

二分類[編集]

以下のように、光源の発光原理で熱放射ルミネセンスに分けることもある[2]

  • 熱放射
  • ルミネセンス
    • 電界発光 - エレクトロルミネセンス(EL)ランプ、LEDランプ
    • フォトルミネセンス

ランプの用途[編集]

一般照明用のほか、電球には特殊用途のものとして分光分布を制御した製品、配光を制御した製品、表示用小形電球(信号灯用、電話交換用など)、小形特殊電球(医療用、顕微鏡用、腕時計用など)、装飾用電球がある[3]

特に分光分布を制御した製品には、着色電球(写真現像用の赤色電球など)、紫外線電球(鑑定用、ブラックライトなど)、赤外線電球(医療健康用、こたつ用など)がある[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 石田聖次. “あかりとエコデザイン - 人と自然に優しい照明環境”. デザイン学研究特集号 vol.18-3 No.71. 2022年7月17日閲覧。
  2. ^ 岩井彌. “照明視環境設計の立場からのLED照明の技術の色彩”. 映像情報メディア学会誌 vol.69 No.7. 2022年7月17日閲覧。
  3. ^ a b 石﨑有義. “白熱電球の技術の系統化調査”. 独立行政法人国立科学博物館産業技術史資料情報センター. 2022年7月17日閲覧。