ガス灯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガス灯
ランプ部分の拡大
姉小路通、京都市中京区

ガス灯(ガスとう)は、ガス燃料燃焼による照明

種類[編集]

魚尾灯[編集]

18世紀末、スコットランドのウィリアム・マードック(William Murdoch)がガスの燃焼を利用した照明を考案した[1]。初期のガス灯は、直接火口から火を点灯し、炎を直接明かりとして利用するものだったため、光量を上げる必要があり、火口を平たくしてガスの放出面積を広げ扇形の炎が出るようにしていた[1]。このタイプのガス灯は炎の形状から魚尾灯と呼ばれた。魚尾灯の明るさは約15ワット程度とされている[2]

イングリッド・バーグマンの主演で知られる「ガス燈」は、舞台設定が1875年で魚尾型の時代であるが、現れるガス灯のほとんどはガスバーナーのような単管の裸火タイプである[3]

白熱ガス灯[編集]

白熱ガス灯は燭光を強めるためガスマントルを利用したガス灯である[2]。1886年(明治19年)、オーストラリアの化学者のカール・ヴェルスバッハ(Carl Auer von Welsbach)が、麻や木綿などの網袋にトリウムやセリウムといった金属化合物を含浸させたガスマントルを発明した[1][2]。ガスマントルを炎に被せて高温にすることで、その熱輻射を使用して明るくするもので従来のガス灯の約5倍の明るさとなった[1][2]

従来の裸火のガス灯と区別する為に白熱ガス灯という。現在見ることのできるガス灯の大半はこの白熱ガス灯である。

歴史[編集]

欧米[編集]

1792年、イギリス人技師のウィリアム・マードックが、自分の小屋で石炭から出るガスによる照明の実験に成功[1][2]1797年にはイギリスマンチェスターでガス灯が設置された[2]。1886年にはオーストラリアの化学者のカール・ヴェルスバッハがガスマントルを用いた白熱ガス灯を発明した[1][2]

産業革命後、工場の稼働率を上げるため夜間照明への期待が高まり、ガス灯が使用されたものの、作業用照明としては明るさが不足していた[4]。また、19世紀半ばには一般家庭の室内照明としてもガス灯は普及していたが、当時のガス灯は爆発の危険もあり室内の使用に適したものではなかった[5]。ガス灯を使用すると室内の壁が黒ずんだり、硫黄臭やアンモニア臭が発生することもあった[5]。また、ガス灯の使用は大量の酸素を必要としたため、室内の人にめまいや頭痛を引き起こすこともあった[5]

そこで19世紀半ば以来、ガスではなく電気を利用したアーク灯や白熱電球などの電灯が開発された。白熱光による照明の開発には20人以上の発明家が取り組み[5]、1870年代末にイギリスのジョゼフ・スワンやアメリカのトーマス・エジソンによって白熱電球が生み出された[5]

日本[編集]

日本においても18世紀頃には、既に越後地方において「陰火」(いんか)として天然ガスの存在が知られており、ガスを灯火として用いた最古の記録としては、安政の大地震以前に盛岡藩の医師であった島立甫が、亀戸の自宅においてコールタールから発生させたガスを灯火として燃焼させたことが記されており(石井研堂『明治事物起原』より)、また同時期に盛岡藩の医師・鉱山技術者大島高任水戸藩の建設した那珂湊反射炉の燃焼ガスを用いて照明とした記録(大島信蔵編『大島高任行実』より)や鉱山石炭ガスを燃焼させて灯火として燃やした例などがある。

1857年安政4年)には鹿児島県鹿児島市仙巌園において、既存の石灯籠にガスの管を繋ぎ、照明としてガスを燃焼させた。この装置の製作を命じたのは島津斉彬であり、藩内各地において同様の装置を設置する構想も立てていたが、翌年の急逝で構想は流れた。

造幣局創業当時(1871年)のガス灯

明治時代に入ってから本格的な西洋式ガス灯の照明器具が用いられるようになった。日本で最初に西洋式ガス灯が灯されたのは1871年(明治4年)、大阪府大阪市造幣局周辺においてで、機械の燃料として用いていたガスを流用する形で工場内および近隣の街路にてガス灯が点灯された。その時使われたガス灯の器具は造幣局内に現存する。

翌年の1872年(明治5年)9月1日に、実業家高島嘉右衛門とフランス人の技師プレグランの尽力により、神奈川県横浜市に最初のガス灯が造られ、日本におけるガス利用に先鞭をつけた[6]。伊勢山下石炭蔵跡(現在の横浜市中区花咲町・本町小学校あたり)に横浜瓦斯会社が造られガス灯が一般事業として運営されるようになり、同年9月29日にガス灯が横浜の大江橋(桜木町駅近く現在の国道16号橋)から馬車道本町通界隈に設置された。横浜市立本町小学校内にガス灯が保存されている。翌1873年には、銀座にもガス灯が建設された。当時、これらのガス街灯の点灯・消灯をする業務にあたる人を点消方といった[7]。1880年11月、2世新七の歌舞伎「木間星箱根鹿笛」(このまのほしはこねのしかぶえ)初演(新富座)で、幽霊の出没にガス灯を使用した[8]

配管・配線による供給が難儀し、一般家庭や店舗の門灯・軒灯はまだ石油ランプが一般的であった[9][7]

電灯の普及とその後[編集]

ガス灯には、煙の臭いがする、および火災の危険性という欠点がある[1]電灯の発明と配電システムの普及により、屋内用の照明としてのガス灯は、これらの欠点のない電灯に需要を奪われた[10]第二次世界大戦後の昭和20年代、昭和30年代には電力需要がひっ迫、連日のように停電が続くようになると夜間営業を行う飲食店などがガス灯に切り替える例[11]や、電球入手の困難さから家庭内で使われる卓上のガス灯が販売された時期もあったが、電力が安定すると共に再び電灯が寡占した。

煙の臭いや火災の危険性などの欠点があるガス灯は屋内照明としては廃れていった[1]。屋外では観光や趣のある景観の街灯としての使用がみられる。なお、ガス灯の燃料としての都市ガスの供給設備などのインフラは、調理用や暖房用のガス器具への燃料供給設備としてその後も整備が続けられている。


灯外内管・灯内内管[編集]

都市ガスの配管において、使用者の敷地内のガス設備を供給内管と言うが、ガスメーターを挟んで道またはボンベからメーターまでを灯外内管と言い、メーターから器具までの管を灯内内管と言う。それはガス灯が盛んだった時代にガス灯内のガス管に使われていた名称の名残である。

参考文献[編集]

  • 日本ガス協会編『解説・都市ガス-身近かなエネルギーの素顔-』ダイヤモンド社 1985年 ISBN 4-478-24022-1
  • ヴォルフガング・シヴェルブシュ『闇をひらく光 19世紀における照明の歴史』法政大学出版局 1988年 ISBN 4-588-27643-3
  • 岩井宏實『民具の世相史』(河出書房新社) ISBN 4-309-24204-9
  • 堀江誠二「ガス灯の点消方」(この100年消えいく職業7)、『週刊朝日百科日本の歴史』108号、1988年。

脚注欄[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 内藤卓哉. “照明の化学 1 - 白熱電球の技術 -(化学と教育65巻 11号 2017年)”. 公益社団法人 日本化学会. 2021年10月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 医学と公衆衛生に関する学術情報誌【モダンメディア】2010年9月号(第56巻9号)”. 栄研化学. 2021年10月9日閲覧。
  3. ^ ちなみにこの映画では、犯人である夫がガス灯の明るさを故意に変動させ主人公が自分の精神状態を疑うように仕向ける。ここから心理的虐待の一種を示すガスライティングという言葉が生まれた。
  4. ^ 博覧会 近代技術の展示場 電灯”. 国立国会図書館. 2021年10月9日閲覧。
  5. ^ a b c d e 松本, 栄寿「5 エジソンの電気料金」『「はかる」世界』玉川大学出版部、2000年、153-156頁。ISBN 9784472401114
  6. ^ 『民具の世相史』152頁。
  7. ^ a b 堀江誠二「ガス灯の点消方」。
  8. ^ 続々歌舞伎年代記 田村成義編
  9. ^ 『民具の世相史』152頁。
  10. ^ 『民具の世相史』153頁
  11. ^ 「大阪はガス燈時代 東北六県・中国も深刻」『朝日新聞』昭和26年10月6日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]