会津サティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
会津サティ
AIZU SATY
会津サティ(2009年3月)
会津サティ(2009年3月)
店舗概要
正式名称 会津サティ
所在地 965-0041
福島県会津若松市駅前町6-47
座標 北緯37度30分23.2秒 東経139度55分52.8秒 / 北緯37.506444度 東経139.931333度 / 37.506444; 139.931333
開業日 1982年7月1日
(ニチイ会津若松店)
閉業日 2009年6月30日
施設所有者 株式会社マイカル東北

株式会社マイカル
施設管理者 株式会社マイカル東北

株式会社マイカル
敷地面積 4,163 m²
延床面積 20,587 m²
商業施設面積 10,019m2
ニチイ時代6,000 m²
営業時間 9:00 - 21:00
(一部専門店は異なる)
駐車台数 500台(無料・ニチイ開店当初は有料)
屋内立体駐車場・サティ第2駐車場・田村駐車場台
前身 大善

ニチイダイゼン

ニチイ会津若松店
商圏人口 会津若松都市圏、約190,000
最寄駅 東日本旅客鉄道(JR東日本) 会津若松駅
最寄IC 磐越自動車道 会津若松IC
外部リンク 会津サティ(閉鎖)
MYCAL

会津サティ(あいづさてぃ)は、かつて福島県会津若松市駅前町にあった、イオングループの一企業であったマイカル(現:イオンリテール)が運営していたGMS

会津サティの前身に当たる、「大善(大善デパート)」、「ニチイダイゼン」、「ニチイ会津若松店(ニチイ会津若松ショッピングデパート)」についても記述する。

概要[編集]

大善デパート→ニチイダイゼン[編集]

会津若松市内で洋裁店を営んでいた畑清三郎が、1961年(昭和36年)に、それまでの洋裁店から、会津若松市初の百貨店として市の中心部である神明通りに、開店した「大善(大善デパート)」が前身[1]。1971年(昭和46年)には、建物を増築するも[2][3]、それからまもなくニチイ傘下に入り、名称も「ニチイダイゼン」となり、社長も畑から山田百貨店社長だった山田英二に交代した[4]

ニチイダイゼン時代は、文房具店である栄町オサダが入る「オサダビル」と、中町フジグランドホテルが入る「フジビル」とが、ニチイダイゼンの建物と連結させて、それぞれのビルから行き来できる構造となっていた。

ニチイ会津若松店→会津サティ[編集]

1982年(昭和57年)7月には、会津若松駅前に「ニチイ会津若松店」(SC名としては「ニチイ会津若松ショッピングデパート」)として移転開業[5]1993年3月には、それまで駐車場だった4階のフロアを増床し、「会津サティ」(東北ニチイ初のサティ業態店舗)として業態転換[6]。本来、市の中心部ではない会津若松駅前という立地ではあったが、立体駐車場を完備した大型店として、市の中心部である神明通りにあった長崎屋会津若松店や会津中合(中合会津店)とともに、会津地方を代表する大型店として一翼を担った。

しかし、2006年(平成18年)3月に開業したアピタ会津若松店[7]などの郊外への大型店の進出に伴う売上の低下や、建物自体の老朽化も重なり[8]2009年6月30日に閉店した[9]

閉店後すぐに解体され駐車場となったが、2009年6月29日にマイカルや隣接した商店などの地権者で構成する「会津若松駅前地区再開発協議会」が発足して旧サティ周辺を含めた約9,300m2の土地の利用方法の検討を行い、大型店が撤退後に跡地を売却せずに地元側とまちづくりに乗り出すのは全国的にも珍しい取り組みとして注目を集めた。しかし、協議が難航したため2012年2月に結論が出ないまま協議会が解散となったが、協議は今後も継続するとしている[10]。また、旧マイカルでこのような取り組みは初めてのケースであった。

年表[編集]

大善→ニチイダイゼン[編集]

  • 1961年(昭和36年) - 畑清三郎が、会津若松市初の百貨店大善」を神明通りに開店。鉄筋コンクリート地上5階建ての建物であった[1]
  • 1963年(昭和38年)5月27日 - 百貨店法に基く百貨店営業の認可を受ける[1]
  • 1971年(昭和46年)4月2日 - 増改築竣工[2][3]
  • 1971年(昭和46年)6月 - ニチイ傘下に入り、「ニチイダイゼン」となる[4]

ニチイ会津若松店[編集]

  • 1981年(昭和56年)10月9日 - 会津若松駅前に新築移転のため建物の建設工事が始まる。当初計画の商業施設面積15,073m2から6,000m2に大幅に縮小した。[11]
  • 1982年(昭和57年)7月1日 - 「ニチイ会津若松店」(ニチイ会津若松ショッピングデパート)開店[5]。ニチイダイゼンは解体後、駐車場となる。
  • 1992年(平成4年)12月1日 - サティ業態転換にともなう売りつくしセール開始。改装工事開始。売場に用途変更のため、4階駐車場が閉鎖。また3階 - 4階のエスカレーター増設工事も行われ2階 - 3階のエスカレーターもサティ開店まで使用休止となる。コンクリート無塗装のままだった天井の塗装も施工。
  • 1993年(平成5年)2月21日 - 地下1階食品売場のみ営業終了。
  • 1993年(平成5年)2月28日 - ニチイ会津若松店が営業終了。

会津サティ[編集]

  • 1993年(平成5年)3月13日 - 「会津サティ」が開店[6]
  • 2001年(平成13年)9月1日 - マイカル東北の運営からマイカル直営となる。福島県内では、福島サティ(現:イオン福島店)やいわきサティ(現:イオンいわき店)などとともに店舗譲渡されマイカル直営店舗となる。
  • 2003年(平成15年) - 外壁塗装、誘導灯照明器具交換、立体駐車場天井補修など店舗の改修工事が行われる。
  • 2008年(平成20年)11月13日 - 来年6月末での閉店を表明[8]
  • 2009年(平成21年)3月5日 - 閉店のための売りつくしセールが始まる。それまで行われていた特売企画の火曜得々市が廃止され木曜大市に変更。
  • 2009年(平成21年)6月30日 - 午後6時をもって完全閉店。
  • 2009年(平成21年)7月12日 - 11月30日 - 建物の解体工実施。

フロア構成[編集]

閉店直前[編集]

  • 地下1階 - 食料品と日用雑貨のフロア
  • 1階 - レディスファッションと服飾雑貨のフロア
  • 2階 - レディス・メンズファッションのフロア
  • 3階 - 子供ファッションと肌着・靴下のフロア
  • 4階 - 住まいと暮らし・ホビーのフロア
  • 5階 - 屋内駐車場
  • 屋上 - 駐車場

サティ業態変更当初[編集]

  • 地下1階 - 食料品と暮らしの必需品フロア
  • 1階 - ヤングファッションとおしゃれ雑貨のフロア
  • 2階 - 婦人と紳士のファッションフロア
  • 3階 - ちびっ子用品と生活ウェアのフロア
  • 4階 - 住まいと暮らしのフロア
  • 5階 - 屋内駐車場
  • 屋上 - 駐車場

テナント(専門店)[編集]

斜字 はニチイ会津若松店時代から存在した専門店)

地下1階[編集]

  • ブランドール会津若松店(インストアベーカリー・閉店)→カンテボーレ(閉店)→レパコガーデン(閉店)→ウイングのパン工房(2008年11月閉店)

1階[編集]

  • Laid Back(雑貨・婦人服・子供服)
  • FAN FAN(雑貨店)
  • ミスタードーナツ会津若松店
    閉店後、会津若松駅食品館ピボットへ移転。
    ニチイ開店時から延べ400万人の来店客があった。
  • GALLERY FAN(宝飾店)
  • ミスターミニット(合鍵・靴修理)
    閉店後、店主が独立して、サティ跡地の斜め前の位置に、「靴修理・合鍵しらいし」として営業している。
  • The GAP(閉店、駅側入口付近)
  • タカラブネ(2008年閉店)         
  • 薬の若薬(閉店)
  • ベニフジ(洋菓子店・会社倒産のため閉店。ニチイ時代は地下1階)                    
  • 銀座ジュエリーマキ(2008年12月閉店)
  • フラワーショップよしかわ(閉店、正面入口付近)→ワタナベ花店サティ店(2009年1月閉店)
    サティ閉店まで地下1階食品売場の花売場で商品の取扱いはあった。)
  • アオイカラーサティ店(写真店・閉店、正面入口付近)→写親館(閉店)→SNAPS!会津店(閉店)
  • 会津復古会
    ニチイ開店から地下1階にあったが、サティ開店後は1階に変更、閉店。サティ閉店まで地下1階の銘店コーナーで商品の取扱いはあった。)
  • 宝くじ会津サティチャンスセンター[12]
  • ゆうちょ銀行郵便貯金)ATM
  • 東邦銀行ATM(ニチイ時代はCD機のみ存在した)

2階[編集]

  • スーパーブランドミュージアム ニミウス会津店
  • きもの東京さが美(2008年閉店)
    郊外には、さが美と同じユニーグループの「アピタ会津若松店」が存在し、閉店後アピタに統廃合した形となる。

3階[編集]

  • おしゃれ工房(衣類リフォーム)
  • 銀座和真メガネ
    サティ開店当初4階にあったが、かつて神明通りにあった長崎屋会津若松店6階の店舗と統合の為3階に移転。
    閉店直前の2009年4月に、セブン-イレブン会津大町店(福島県会津若松市大町2丁目14-26)跡に移転。  
  • 布恋人
    閉店、ニチイ時代は1階。

4階[編集]

  • THE CITY(書店・2009年5月31日閉店)
  • レストラン森永会津若松店(閉店)→そば処伊達の里(レストラン)
  • テレコムショップ(携帯電話店・2008年閉店)[13]
  • Aeon Fantasy (アミューズメント)

その他[編集]

  • サティ開店当初地下1階に冷蔵ロッカーがあったが、短期間で撤去されている。当時のマイカルカード会員専用であった。
  • 当店のみの「ためらんせ スタンプカード」が存在していた。スタンプ10個でマイカル商品券500円と交換ができた。スタンプカードが有効期限内であれば土曜日・日曜日にサティ直営売場で当日合計税込2000円以上ごと買うと、サービスコーナー(地下1階・4階)でスタンプ1個押印してもらうことができた。なお酒類・書籍など対象外商品もあった。
  • ニチイ時代、4階には屋内駐車場に併設してレストラン「レストランポニー」と子ども向けの遊具が設置されていた(ともに客用エレベーター付近)
  • エレベーターは客用、業務用いずれも東芝製だった。サティ時代は4階のイオンファンタジーの正面(ニチイ時代は4階駐車場への車道上)に業務用エレベーターがあり、一般客でも目にすることができた(他の階はバックヤード)。
  • 立体駐車場のスロープ棟を上がった所の5階・R階駐車場は車は右側通行になっていた(ニチイ時代の4階駐車場も右側通行で業務用エレベーターの脇を車が通行していた)。
  • 駐車場内の案内板はニチイ時代の物をほぼそのまま使用していた。一部の消火器の表示板にもニチイマークがサティ閉店まで残っていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 神明通り商店街振興組合 『神明通り開通20周年記念誌「神明通り」』 1965年、83頁。
  2. ^ a b 「売り場ぐんと広く 大善デパート 全館落成祝う」 『福島民報』(福島民報社)1971年(昭和46年)4月3日 朝刊12面、会津版。
  3. ^ a b 福島民報』(福島民報社)1971年(昭和46年)4月2日 朝刊8面、全面広告より。
  4. ^ a b 福島民報』(福島民報社) 1971年(昭和46年)6月1日 朝刊16面、会津版 広告より。
  5. ^ a b 「ニチイ若松ショッピングデパートきょうオープン」『福島民報』(福島民報社)1982年7月1日 朝刊・「8万5千人の買い物客 駅前再開発に期待 にぎやかに開店」『福島民報』(福島民報社) 1982年7月2日 朝刊。
  6. ^ a b 「13日オープンの会津サティ 東北初の生活百貨店 初日から大にぎわい」『福島民報』(福島民報社)1993年3月15日 朝刊。
  7. ^ 「アピタ会津若松店オープン 41の専門店、会津最大規模」『福島民友』(福島民友新聞) 2006年3月25日、朝刊。
  8. ^ a b 「会津サティ閉店へ 来年6月限り」『福島民報』(福島民報) 2008年11月13日、朝刊1面。
  9. ^ 「会津サティ歴史に幕 従業員再就職先大半決まらず」『福島民友』(福島民友新聞) 2009年(平成19年)7月1日 朝刊。
  10. ^ 「若松駅前再開発協が解散へ 協議は今後も継続」『福島民報』(福島民報社) 2012年1月28日。
  11. ^ 「ニチイ出店新たな火ダネ」『福島民報』(福島民報社)1981年10月24日。
  12. ^ "宝くじ販売開始". FTVスーパーニュース. 福島テレビ. 2007年11月26日放送. 2017年4月20日閲覧。
  13. ^ 沿革”. 株式会社エヌ・エス・シー. 2017年4月20日閲覧。

外部リンク[編集]