カール・ヴェルスバッハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Auer von Welsbach

カール・ヴェルスバッハ(カール・アウアー・フォン・ヴェルスバッハ、Carl Auer von Welsbach1858年9月1日 - 1929年4月8日)はオーストリア化学者発明家である。科学的研究の才能だけでなく、商業的に成功した製品を発明した。化学者としての功績は1885年希土類元素プラセオジムネオジムを発見した。

経歴[編集]

1858年、ウィーンにてオーストリア・ハンガリー帝国の印刷技師のアロイス・アウアーの息子として生まれた。軍務についた後、ウィーン大学数学化学物理学熱力学を学んだ。1880年からハイデルベルク大学で、ロベルト・ブンゼンのもとで化学を学んだ。ウィーン大学にもどり無給の助手になり、希土類元素の研究を行った。

1956年から1966年まで発行された20オーストリア・シリング紙幣に肖像が使用されている。

発見・発明[編集]

その後再び学問の世界に戻り、化学、分光学の研究を行った。