本町 (横浜市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 神奈川県 > 横浜市 > 中区 > 本町
本町
—  町丁  —
横浜市開港記念会館
本町の位置(横浜市内)
本町
本町
本町の位置(神奈川県内)
本町
本町
本町の位置
座標: 北緯35度26分56.0秒 東経139度38分18.6秒 / 北緯35.448889度 東経139.638500度 / 35.448889; 139.638500
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
中区
面積[1]
 - 計 0.072km2 (0mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 - 計 517人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 231-0005[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

本町(ほんちょう)は神奈川県横浜市中区町名[5]。現行行政地名は本町1丁目から本町6丁目(字丁目)で、住居表示未実施[6]郵便番号は231-0005[3]。面積は0.072km2[1]

地理[編集]

中区北西部の関内地区に位置し、南東から北西にかけて国道133号(本町通り)に沿った細長い町域をもつ。海に近い北東側は北仲通、南西側は南仲通、南東端は日本大通に接する。県庁に近い南東側が1丁目であり、日本大通との境にみなと大通、 1~2丁目境に関内仲通(ベイスターズ通り)2~3丁目境に関内桜通、3~4丁目境に関内大通、4~5丁目境に馬車道万国橋通が横切る。本町通りは本町5丁目交差点で桜木町駅方面に折れ、これが5~6丁目境となる。幕末の開港以来より横浜の商業・行政の中枢で、銀行官公庁の施設が多く集まる[5]

歴史[編集]

江戸時代末期からの地名で、当初は横浜町、1878年に横浜区、1889年に横浜市、1947年からは横浜市中区の町名となる。町名は横浜村の目抜き通りを中心とする地域であり、1859年安政6年)の横浜港開港に際し建設された市街の中心をなすことから付けられた。当初は北西から順に1~5丁目が置かれたが、1871年明治4年)に南東から1~5丁目に改められ、北西に新たに6丁目が設けられた。1872年、本町通りにガス灯が10基灯された。1874年には石造2階建で時計台をもつ横浜町会所が作られ、1889年に横浜市役所となったが、1911年には港町に移転した。その跡には1917年横浜市開港記念会館が建てられた[7]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]。なお、2〜3丁目と5〜6丁目は非公表。

丁目 世帯数 人口
本町1丁目 107世帯 134人
本町4丁目 165世帯 250人
357世帯 517人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[8]

丁目 番地 小学校 中学校
本町1丁目 全域 横浜市立本町小学校 横浜市立横浜吉田中学校
本町2丁目 全域
本町3丁目 全域
本町4丁目 全域
本町5丁目 全域
本町6丁目 全域

施設[編集]

1丁目[編集]

南西側に「ジャックの塔」の愛称で親しまれる横浜市開港記念会館、向かいには横浜市認定歴史的建造物毎日新聞社横浜支局などが入居する綜通横浜ビルがある。

2丁目[編集]

南西側の三井住友銀行横浜支店1931年竣工で、現在も銀行店舗として使用されている。本町通り周辺は「ハマのウォール街」と呼ばれ[9]、銀行が多く集まる。

4丁目[編集]

本町通りと馬車道が交わる本町4丁目交差点角には旧富士銀行横浜支店があり、銀行移転後は東京藝術大学大学院映像研究科のキャンパスとして使用されている。

6丁目[編集]

栄本町線と本町通りに挟まれた一角には超高層ビル「横浜アイランドタワー」と、その下層部に旧第一銀行横浜支店の一部を移転保存したYCC ヨコハマ創造都市センターがある。大岡川に面した敷地では、横浜市庁舎の移転新築工事が進められている。みなとみらい方面に向かう栄本町線と分かれた本町通りは弁天橋で大岡川を渡り、桜木町方面に通じる。

交通[編集]

本町通りの地下を走る横浜高速鉄道みなとみらい線日本大通り駅および馬車道駅が最寄り駅となり、横浜市営地下鉄ブルーラインおよびJR根岸線関内駅桜木町駅も徒歩圏内である。本町通りには横浜駅方面と本牧磯子駅戸塚駅大船駅などを結ぶ路線バスも多数運行されている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ a b 『角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p1015
  6. ^ 横浜市中区の町名一覧(横浜市役所) (PDF) 2016年7月30日閲覧
  7. ^ 『角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p798
  8. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年1月24日閲覧。
  9. ^ NPO法人横浜シティガイド協会 『ハマの建築探検』 神奈川新聞社2002年6月26日、32-33頁。ISBN 978-4-87645-315-3

参考文献[編集]