発光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

発光(はっこう)は、を発すること。

主に、熱放射黒体放射) (恒星白熱灯などの光)やルミネセンス(冷光)が知られる。その他、荷電粒子線の制動放射による発光、 チェレンコフ光などがある。

熱放射(黒体放射)[編集]

ルミネセンス[編集]

励起状態にある量子系(電子など)が、より低い励起状態や基底状態に遷移することにより光を発する。どのように電子が励起されたかによって分類することができる。

励起方法による分類[編集]

UV光照射による発光(フォトルミネセンス)

発光する生物の例[編集]

発光過程メカニズムによる分類[編集]

出典[編集]

関連文献[編集]

関連項目[編集]