阿含の星まつり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

阿含の星まつり(あごんのほしまつり)は、毎年2月11日、阿含宗主催で、「炎の祭典・阿含の星まつり 神仏両界大柴燈護摩供」として京都府京都市山科区北花山大峰の阿含宗本山境内地にて開催する護摩法要を用いた宗教行事である。KBS京都の制作により毎年2月11日のテレビ中継(2013年まで)や、主要新聞、週刊文春、週刊新潮などにも記事が紹介されている。

沿革[編集]

  • 1975年2月 第一回星まつり大柴燈護摩供を開催
  • 1981年2月 この年より護摩壇が二つになり、宝生解脱大柴燈護摩供と呼ばれるようになる
  • 1988年2月 「星まつり」を通信衛星により全国阿含宗本部へ生中継
  • 1994年2月 この年より、神仏両界大柴燈護摩供と呼ばれるようになる

テレビ中継[編集]

  • 全ての独立局にて毎年2月11日に放送していた。9:00からの1時間の生放送であるが、局によっては編成の都合により当日に遅れ放送を行う。2013年の放送を最後に、以降は放送されていない。

近年の放送実績[編集]

2010年2月11日


2011年2月11日


2012年2月11日

2012年は東日本大震災復興祈願として、東北地方向けにも後日放送を行う。

参考文献[編集]

  • 阿含宗公式サイト
  • 阿含宗報
  • ブリタニカ大百科事典

外部リンク[編集]