華麗なる週末

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
華麗なる週末
The Reivers
監督 マーク・ライデル
脚本 アーヴィング・ラヴェッチ
ハリエット・フランク・ジュニア
製作 アーサー・クレイマー
アーヴィング・ラヴェッチ
出演者 スティーブ・マックイーン
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 リチャード・ムーア
編集 トーマス・スタンフォード
公開 アメリカ合衆国の旗 1969年12月25日
日本の旗 1969年12月20日
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

華麗なる週末』(かれいなるしゅうまつ、原題:The Reivers)は、1969年に製作されたスティーブ・マックイーン主演のアメリカ映画ウィリアム・フォークナーの小説「自動車泥棒」の映画化。

あらすじ[編集]

1905年ミシシッピ州ジェファースン、11歳の少年ルーシアス(ミッチ・ボーゲル)の祖父(ウィル・ギア)が町で最初の自動車を購入。ボスの使用人であり、ルーシアスの年長の友であるブーン(スティーブ・マックイーン)がその車の世話を任された。

ある時、ルーシアスの母方の叔父が亡くなり、一家は葬式に参列するため家を明ける事になった。一行を駅へ送っての帰り、ブーンは急にテネシー州メンフィスへドライブへ行こうと提案。ルーシアスはブーンに説得されやむなく同意し、黒人のネッド(ルパート・クロス)と共にメンフィスへと向かった。わずか4日間の旅の中で、ルーシアスは心優しい娼婦や黒人など、様々な人々と出会い、また人生の裏面をも知り、成長してゆく。

出演[編集]

外部リンク[編集]