ドーバー海峡殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドーバー海峡殺人事件
Ordeal by Innocence
監督 デズモンド・デイヴィス
脚本 アレクサンダー・スチュアート
原作 アガサ・クリスティ
(「無実はさいなむ」より)
製作 ジェニー・クレイヴン
製作総指揮 メナヘム・ゴーラン
ヨーラム・グローバス
出演者 ドナルド・サザーランド
フェイ・ダナウェイ
クリストファー・プラマー
音楽 デイヴ・ブルーベック
撮影 ビリー・ウィリアムズ
編集 ティモシー・ギー
製作会社 キャノン・フィルムズ
配給 イギリスの旗 キャノン・フィルムズ
日本の旗 ヘラルド
公開 イギリスの旗 1985年2月
日本の旗 1984年12月22日
上映時間 91分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

ドーバー海峡殺人事件』(ドーバーかいきょうさつじんじけん、原題:Ordeal by Innocence)は、1984年制作のイギリスミステリ映画

アガサ・クリスティ原作の長編推理小説「無実はさいなむ」(Ordeal by Innocence、1957年発表)の映画化。

あらすじ[編集]

南極探検から戻って来た科学者のアーサー・カルガリーは、サニー・ポイント岬にあるアーガイル家にやってきた。この家の次男坊であるジャッコから預かった住所録を返すためだ。

しかし、ジャッコは母レイチェル殺害の犯人として逮捕され、無実を主張したものの、それを証明する人物が現れず、死刑を宣告されて処刑されていた。

ジャッコの無実を信じるカルガリーは独自に調査を開始。その結果、レイチェルが家では独裁者的な性格だったこと、子供たちが皆養子であることや、秘書、家政婦も含めた家族全員に殺人動機があることが判明する。

そんな中、次女ティナと、長女メアリーの夫フィリップが何者かに殺される…。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え。

脚注[編集]

外部リンク[編集]