火曜クラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
火曜クラブ
The Thirteen Problems
著者 アガサ・クリスティー
発行日 イギリスの旗1932年
発行元 イギリスの旗Collins Crime Club
日本の旗早川書房 ほか
ジャンル 推理小説(短編集)
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
形態 ハードカバー
ページ数 256ページ(原著初版、ハードカバー)
前作 邪悪の家
次作 エッジウェア卿の死
ウィキポータル 文学
[ ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

火曜クラブ』(かようクラブ、原題:The Thirteen Problems, 米題:The Tuesday Club Mystery)は、1932年に刊行されたアガサ・クリスティの短編集。クリスティの4作目の短編集であり、ミス・マープルの初登場作「火曜クラブ」を含むマープルものの短編推理小説13編が収録されている。

イギリスのペンギンブック版 "Miss Marple and the Thirteen Problems" によった訳題『ミス・マープルと13の謎』(創元推理文庫)もある。

概要[編集]

1927年に雑誌『スケッチ誌』に短編「火曜クラブ」を皮切りに連載されたマープルもの短編12編に、オリジナルの1篇が加筆され刊行された短編集である。マープルの初登場作品を含むが、短編集として刊行された2年前の1930年に長編『牧師館の殺人』が刊行されたため[注 1]、本作は初登場作品と見なされないことが多い。

本作は後述する3つの場面より構成されるが、最後の「溺死」以外は6名の登場人物が各々が真実を知る迷宮入り事件(ないし、それに類するもの)を話し、残りのメンバーがそれを推理するが、結局全てマープルだけが解いてしまうという展開である。ただし、マープルが話す事件は誰にも解けず、「バンガロー事件」は会の最中に推理が披露されない。

「火曜クラブ」から「聖ペテロの指のあと」まで
マープルの甥レイモンド・ウェストが彼女の家を借りて主催する火曜クラブが舞台。
「青いゼラニウム」から「バンガロー事件」まで
火曜クラブのメンバーであるサー・ヘンリーによってマープルが客として招かれたバントリー夫妻の晩餐会が舞台。
「溺死」
唯一の進行形の事件。短編集刊行の際に加えられた作品。

また、その形式と知名度から安楽椅子探偵作品の代表作にも挙げられる。また、クリスティ自身がお気に入り作品10作のうちのひとつに挙げている作品である[2]

登場人物[編集]

共通の登場人物[編集]

ミス・マープル
主人公の老嬢。参加者の話す迷宮入り事件を次々と解く。詳細はミス・マープルを参照。
ヘンリー・クリザリング
元スコットランドヤード警視総監。作中ではもっぱらサー・ヘンリーと呼ばれている。

火曜ナイトクラブ[編集]

レイモンド・ウェスト
マープルの甥。作家。火曜ナイトクラブの発案者。
ペンダー博士
教区の老牧師。
ジョイス・ランプリエール
女流画家。
ペサリック
弁護士。

バントリー夫妻の晩餐会[編集]

アーサー・バントリー
退役軍人(大佐)。サー・ヘンリーの友人。妻と共に長編『書斎の死体』の登場人物でもある。
ドリー・バントリー
アーサーの妻。ミセス・バントリー。
ロイド
初老の医者。セント・メアリ・ミードで唯一の医者で、マープルの主治医でもある。
ジェーン・ヘリア
人気女優。美しく気立てもいいが「頭の中身は空っぽ」と評されている。

収録作品[編集]

火曜クラブ(火曜ナイトクラブ) - The Tuesday Night Club
サー・ヘンリーの話。夫妻とコンパニオンの3人が夕食後に苦しみだし、妻はそのまま帰らぬ人に。当初、食中毒事件と思われていたが妻の体内からは砒素が検出される。
アスタルテの祠(アスターテの祠) - The Idol House of Astarte
ペンダー博士の話。不吉な噂を付き纏う屋敷を買った男。招待された従兄が、いわく付きのアスタルテの祠で皆を前に刺殺される。
金塊事件(金塊) - Ingots of Gold
レイモンドの話。レイモンドはコーンウォールの海岸に金塊を積んだ沈没船が眠っていると聞き、そこに向かう。
舗道の血痕(血に染まった敷石) - The Bloodstained Pavement
ジョイスの話。コーンウォールの漁村に滞在していたジョイスは白い敷石の舗道に点々とした赤い血が付いていることに気づく。そして、村の浜辺で殺人事件が起きる。
動機対機会 - Motive v Opportunity
ペサリックの話。金庫で厳重に預かっていた遺言状が白紙に変わっていた。すりかえる動機がある者には機会が無く、機会がある者には動機が無い。
聖ペテロの指のあと(聖ペテロの指の跡) - The Thumb Mark of St Peter
マープルの話。マープルの姪に夫殺しの噂がたった。マープルは姪の名誉を守るため、真相を調べる。
青いゼラニウム(青いジェラニウム) - The Blue Geranium
1年後、クリザリング卿はセント・メアリー・ミードのアーサー・バントリー夫妻の家に滞在し、1年前にミス・マープルが驚きの推理をやってのけたことを話し、彼女を夕食に招いてアーサーの話を聞かせる。アーサーの友人ジョージ・プリチャードの亡き妻は、気難しい半病人で担当看護師を次々と変えたが、コプリング看護師だけは例外で、癇癪や苦情を他の看護師よりもうまく処理していた。プリチャード夫人は占いが好きで、ある日ジョージとコプリングが別々の用事で家を空けているときに、ザリダと名乗る占い師を家に入れた。帰宅したジョージにプリチャード夫人は、ザリダからこの家は「邪悪」であり青い花を避けるようにと言われたと告げた。すると数日後にプリチャード夫人の部屋の壁に描かれていた花が青くなり、夫人は神経質になった。そしてある朝、プリチャード夫人がベッドで死んでいるのが発見され、部屋にはかすかなガスの臭いが漂い、壁のゼラニウムの花の絵が青くなっていた。ミス・マープルは真相を推理する。スズメバチを殺すために使われるシアン化カリウムを水に溶いてプリチャード夫人が常用していた薬とすり替えられた。壁の花は赤いリトマス試験紙で、薬品で青く変色したのだった。ザリダに変装したコプリング看護婦が犯人であり、夫人を殺してプリチャードと結婚することを目論んだのだ。
二人の老嬢(お相手役) - The Companion
ロイド医師の話。海外保養地で資産家とその話し相手というよく似た2人の老嬢を見かける。そして海水浴中に片方が溺死するが、死んだのは話し相手の方だった。
四人の容疑者 - The Four Suspects
サー・ヘンリーの話。ローゼン博士はある犯罪組織に潜入して潰したが、それによって報復を受け殺された。容疑者は同居していた4人に絞られたが、どうやって外部から指令を受けたのかという謎が残っていた。
クリスマスの悲劇 - A Christmas Tragedy
マープルの話。クリスマスに水治療院を訪れたマープルは、そこで見かけた夫妻を観察して夫が妻を殺すと予見する。そして、予想通りに妻が殺されるが、夫にはアリバイがあった。
毒草(死の草) - The Herb of Death
ミセス・バントリーの話。ある資産家の食卓で食中毒が起こり、女の子が一人死亡する。原因は、食材に紛れ込んだジギタリスの葉だと判明する。
バンガロー事件 - The Affair at the Bungalow
ジェーンの話。彼女が地方巡業していた頃、手紙を貰ったと名乗る青年が現われる。
溺死 - Death by Drowning
唯一進行形の話。ある身重の娘が溺死体で発見され自殺と思われたが、マープルはヘンリーの下に赴き、これは殺人事件であると述べる。

日本語訳書[編集]

一般書

一般書[編集]

※ 短篇タイトルの左の英字A - Mは、早川書房のクリスティー文庫版『火曜クラブ』の収録順、該当がない場合は省いている。

番号 出版年 書名 シリーズ名等 文庫名等 収録話数 編者等 訳者 巻末 ページ数 ISBNコード カバーデザイン 備考
01 1959年
7月15日
火曜クラブ
〈ミス・マープルと13の事件〉
世界ミステリシリーズ ハヤカワ・ポケット・ミステリ
No.498
13 中村妙子 解説 ミス・マープル初登場
の記念的作品
編集部F
263
02 1978年
11月30日
火曜クラブ クリスティー短編集 6 ハヤカワ・ミステリ文庫
HM1-41(ク-1-41)
13 中村妙子 解説
クリスティーとミス・マープル
中村妙子
341 4150700419 真鍋博
03 2003年
10月
火曜クラブ クリスティー文庫
54
13 中村妙子 訳者あとがき クリスティーとミス・マープル
解説 芳野昌之 ミス・マープルの径
453 978-4151300547 Hayakawa
Design
(巻頭)著者のことば
04 2021年
11月19日
クリスマスの殺人 クリスティー傑作選 12 深町眞理子真崎義博、中村妙子、嵯峨静江、坂口玲子、宇野輝雄田村隆一 336 978-4-15-210066-5
05 2022年
11月16日
クリスマスの殺人 クリスティー傑作選 2022年版 12 深町眞理子、乾信一郎、真崎義博、中村妙子、嵯峨静江、坂口玲子、宇野輝雄、田村隆一 解説 霜月蒼
書誌情報
344 978-4-15-210189-1 序 アガサ・クリスティー(乾信一郎 訳)
番号 01 02 03 04 05 備考
A 火曜クラブ
B アシタルテの祠
C 金塊事件
D 鋪道の血痕
E 動機対機会
F 聖ペテロの指のあと
G 青いゼラニウム
H 二人の老嬢
I 四人の容疑者
J クリスマスの悲劇 クリスマスの悲劇
(中村妙子)
K 毒草
L バンガロー事件
M ある溺死
その他の収録作 狩人荘の怪事件
(真崎義博)
チョコレートの箱
(真崎義博)
クィン氏登場
(嵯峨静江)
バグダッドの大櫃の謎
(中村妙子)
牧師の娘
(坂口玲子)
プリマス行き急行列車
(宇野輝雄)
ポリェンサ海岸の事件
(中村妙子)
教会で死んだ男
(宇野輝雄)
世界の果て
(嵯峨静江)
エドワード・ロビンソンは男なのだ
(田村隆一)
クリスマスの冒険
(深町眞理子)
番号 出版年 書名 シリーズ名等 文庫名等 収録話数 編者等 訳者 巻末 ページ数 ISBNコード カバーデザイン 備考
06 1960年5月6日 ミス・マープルと13の謎 クリスティ短編全集 8 創元推理文庫
105-8
13 高見沢潤子 解説 中島河太郎 318 4488105084 装画:ひらいたかこ
装幀:小倉敏夫
(巻頭)著者のことば
07 2019年
1月11日
ミス・マープルと13の謎【新訳版】 創元推理文庫
M-ク-2-26、
105-26
13 深町眞理子 解説 大矢博子 430 978-4-488-10546-4 装画:吉實恵
装幀:柳川貴代+Fragment
(巻頭)著者まえがき
番号 06 07 備考
A 火曜ナイトクラブ 〈火曜の夜〉クラブ
B アスターテの祠 アシュタルテの祠
C 金塊 消えた金塊
D 血に染まった敷石 鋪道の血痕
E 動機対機会
F 聖ペテロの指の跡
G 青いジェラニウム 青いゼラニウム
H お相手役 コンパニオンの女
I 四人の容疑者
J クリスマスの悲劇
K 死の草 死のハーブ
L バンガロー事件 バンガローの事件
M ある溺死 水死した娘
番号 出版年 書名 シリーズ名等 文庫名等 収録話数 編者等 訳者 巻末 ページ数 ISBNコード カバーデザイン 備考
08 1960年
5月5日
クリスティ短編集(一) 新潮文庫
赤135-B
(ク-3-2)
13 井上宗次石田英二 訳注
解説 井上宗次、石田英二
323/改版336 4102135022 鈴木邦治、野中昇 改版
09 1961年
12月20日
クリスティ短編集(二) 新潮文庫
赤135-C
(ク-3-3)
14 井上宗次、石田英二 訳注
解説 井上宗次、石田英二
357/改版374 4102135030 鈴木邦治、野中昇 55刷改版1994
  • 番町書房
番号 出版年 書名 シリーズ名等 文庫名等 収録話数 編者等 訳者 巻末 ページ数 ISBNコード カバーデザイン 備考
10 1977年
2月
クリスティー傑作集 イフ・ノベルズ 11 各務三郎 深町眞理子 284 山下秀男新井苑子
11 1977年
11月
続 世界暗号ミステリ傑作選 イフ・ノベルズ 27 9 レイモンド・ボンド 編
長田順行 監修
松村喜雄 342
番号 10 11 備考
G 青いゼラニウム
I 四人の容疑者
その他の収録作 すずめばちの巣
二十四羽の黒つぐみ
バグダッド櫃の秘密
風変わりな悪戯
鉄壁のアリバイ
ハーリ・クィン登場
ヘレンの顔
明けの明星消失事件
ランプ
人形
番号 出版年 書名 シリーズ名等 文庫名等 収録話数 編者等 訳者 巻末 ページ数 ISBNコード カバーデザイン 備考
12 1979年
7月15日
安楽椅子探偵傑作選 講談社文庫103-4
BX238
8 各務三郎 編 各務三郎、大村美根子、深町眞理子、小倉多加志池央耿 276
13 1979年
8月15日
クリスティーの6個の脳髄 講談社文庫103-5
BX239
11 各務三郎 編 深町眞理子 329
番号 12 13 備考
D 舗道の血痕
(深町眞理子)
G 青いゼラニウム
その他の収録作 鉄壁のアリバイ
ハーリー・クィン登場
ヘレンの顔
ランプ
明けの明星消失事件
バグダッドの櫃の秘密
風変わりな悪戯
二十四羽の黒つぐみ
すずめばちの巣
人形
番号 出版年 書名 シリーズ名等 文庫名等 収録話数 編者等 訳者 巻末 ページ数 ISBNコード カバーデザイン 備考
14 1997年
6月20日
ミス・マープル 世界の名探偵コレクション 10:8 集英社文庫
特10-8
8 雨沢泰 解説 大津波悦子 ミス・マープル誕生
鑑賞 赤川次郎 「お隣の犯罪者」
282 978-4-087485639 装画:塚本昇司
装丁:菊地信義
番号 14 備考
G 青いゼラニウム
H 話し相手
I 四人の容疑者
M 溺死
その他の収録作 風変わりないたずら
申し分のないメイド
ミス・マ-プル、風邪をなおす[注(一般書) 1]
やすらぎの地[注(一般書) 2]

脚注(一般書)[編集]

  1. ^ 「管理人事件」。
  2. ^ 「教会で死んだ男」。
児童書

児童書[編集]

※ 短篇タイトルの左の英字A~Mは、早川書房のクリスティー文庫版『火曜クラブ』の収録順、該当がない場合は省いている。

  • 早川書房
番号 出版年 書名 シリーズ名等 文庫名等 収録話数 編者等 訳者 巻末 ページ数 ISBNコード カバーデザイン 備考
101 2024年
1月24日
ミス・マープルの名推理
火曜クラブ
ハヤカワ・ジュニア・ブックス 13 矢沢聖子 解説 大矢博子 368 978-4-15-210249-2 イラスト:藤森カンナ
イラスト編集:サイドランチ
装幀:早川書房デザイン室
番号 101 備考
A 火曜クラブ [注(児童書) 1]
B アシュタルテ女神の家
C 消えた金塊
D 石畳の血のあと
E 動機対機会
F 聖ペテロの指のあと
G 青いゼラニウム
H コンパニオン
I 四人の容疑者
J クリスマスの悲劇
K 死のハーブ
L バンガロー事件
M 溺死
番号 出版年 書名 シリーズ名等 文庫名等 収録話数 編者等 訳者 巻末 ページ数 ISBNコード カバーデザイン 備考
102 1974年 名探偵マープルおばさん 世界の名探偵物語 9 4 白木茂等 編 各務三郎 158 山中冬児
103 1985年1月 名探偵マープルおばさん 名探偵・なぞをとく 9 4 各務三郎 158 4265008097 山中冬児
104 1989年5月1日 名探偵マープルおばさん フォア文庫
B108
4 各務三郎 166 4265010660
105 2001年3月 ミス・マープル 世界の名探偵 6 4 各務三郎 195 4265067360 小泉英里砂
106 1991年
8月
クリスマスの悲劇 アガサ・クリスティー
探偵名作集5
3 各務三郎 174 4265049052 田中槙子
107 1994年
2月
火曜クラブ アガサ・クリスティー
探偵名作集13
4 各務三郎 174 4265049133 田中槙子
108 1994年
2月
教会で死んだ男 アガサ・クリスティー
探偵名作集14
3 各務三郎 174 4265049141 田中槙子
番号 102 103 104 105 106 107 108 備考
A 火曜クラブ 火曜クラブ
B アスタルテの祠
C なぞの金塊事件
D みえない血痕 血にそまった敷石
E 白紙の遺言状
F 聖ペテロの指のあと
G 青いゼラニューム
H コンパニオン
J クリスマスの悲劇
K 死の香草
M 溺死
その他の収録作 すばらしいメード 教会で死んだ男
管理人の老女
番号 出版年 書名 シリーズ名等 文庫名等 収録話数 編者等 訳者 巻末 ページ数 ISBNコード カバーデザイン 備考
109 1975年10月 推理・消えた人間の謎 ジュニアチャンピオン
ノベルズ 36
8 各務三郎 編 各務三郎 189 表紙デザイン:市川寛志
本文デザイン:田中紀男
表紙イラスト:田村元
本文イラスト:伊藤展安、岩本孝彦、中村英夫、祐天寺三郎
番号 109 備考
D まぼろしの血痕
番号 出版年 書名 シリーズ名等 文庫名等 収録話数 編者等 訳者 巻末 ページ数 ISBNコード カバーデザイン 備考
110 1986年5月 アガサ=クリスティ
推理・探偵小説集 第2
偕成社文庫 6 各務三郎 編 深町眞理子 241 4036513702
111 1997年11月 死のハーブ ほか アガサ・クリスティ
推理コレクション 4
偕成社文庫 5 茅野美ど里 201 4036522302
番号 110 111 備考
G 青いゼラニューム
H ふたり連れ
K 死のハーブ
その他の収録作 風変わりないたずら ポリェンサ湾の難題
鉄壁のアリバイ 牧師の娘
人形 大使の靴
ランプ
消えた貴婦人
番号 出版年 書名 シリーズ名等 文庫名等 収録話数 編者等 訳者 巻末 ページ数 ISBNコード カバーデザイン 備考
112 1997年3月 青いゼラニウム
ミス・マープルの部屋
ミステリー劇場 9 2 中尾明 121 4577017318 挿絵:赤坂三好
装幀:桜庭文一
番号 112 備考
A 火曜クラブ
G 青いゼラニウム
番号 出版年 書名 シリーズ名等 文庫名等 収録話数 編者等 訳者 巻末 ページ数 ISBNコード カバーデザイン 備考
113 2004年12月 風変わりないたずら ほか 名探偵ポワロと
ミス・マープル 3
3 中尾明 111 4811378865 挿絵:うちべ けい
114 2005年3月 クリスマスの悲劇 ほか 名探偵ポワロと
ミス・マープル 5
3 中尾明 107 4811378881 挿絵:うちべ けい
番号 113 114 備考
I 四人の容疑者
J クリスマスの悲劇
K 死のハーブ
その他の収録作 風変わりないたずら 巻尺殺人事件
申し分のないメイド
脚注(児童書)
  1. ^ 漢字にはフリガナが付く。

映像化[編集]

アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル
NHK総合テレビで2004年7月4日から2005年5月15日まで放送されたアニメ。ミス・マープル役は八千草薫。以下のエピソードが映像化された。
  • 「金塊事件」(2004年10月10日放送)
マープルの姪孫(甥レイモンドの娘)でアニメオリジナルキャラクターのレギュラーであるメイベル・ウェスト(声 - 折笠富美子)に、レイモンドがかつて遭遇した事件の内容を話すというもの。レイモンド・ウェスト役は加藤雅也で、ニューマン役にはささきいさおが起用されている。
  • 「青いゼラニウム」(2004年10月17日放送)
  • 「動機対機会」(「動機と機会」のタイトルで2005年2月20日に放送)
ゲスト声優として、ペザリック弁護士役で唐沢寿明が起用されたほか、サイモン・クロード役で山本晋也、サイモンの弟の娘・メアリ役で江口由起が起用されている。
アガサ・クリスティー ミス・マープル『青いゼラニウム』
シーズン5 エピソード3(通算第23話) イギリスの旗 イギリス2010年放送
原作に沿っている部分もあるが、大幅にストーリーが足されている。
アガサ・クリスティー ミス・マープル『グリーンショウ氏の阿房宮』
同作と「聖ペテロの指のあと」を合体させたストーリーである。
シーズン6 エピソード2(通算第22話) イギリスの旗 イギリス2013年放送

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 第一話「火曜クラブ」から第七話「青いゼラニウム」までの雑誌掲載の方が『牧師館の殺人』の刊行よりも先である[1]

出典[編集]

  1. ^ 2019年新訳の『ミス・マープルと13の謎』(創元推理文庫)の大矢博子による巻末解説 p418。
  2. ^ ゴルフ場の殺人』(創元推理文庫、1976年)巻末解説、および『終りなき夜に生れつく』(ハヤカワ・ミステリ文庫、1977年)巻末「クリスティーお気に入りの自作」参照。

外部リンク[編集]