ホロー荘の殺人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ホロー荘の殺人
The Hollow
著者 アガサ・クリスティー
訳者 三川基好 ほか
発行日 イギリスの旗1944年
日本の旗
発行元 イギリスの旗
日本の旗早川書房
ジャンル 推理小説
イギリスの旗 イギリス
前作 忘れられぬ死
次作 ヘラクレスの冒険
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ホロー荘の殺人』(原題:The Hollow)は、1946年イギリス小説家アガサ・クリスティが発表した長編推理小説であり、探偵エルキュール・ポアロが登場する「エルキュール・ポアロ・シリーズ」の作品のひとつである。

クリスティは後に自伝の中で、この作品にポアロを登場させたことについて、「ポアロのおかげで台無しになった、ポアロが登場するのはごく自然だが、この物語そのものに合わなかった」と述べている[1]

また、作品の舞台となったホロー荘は、『ブラック・コーヒー』『邪悪の家』でポアロを演じたイギリスの舞台俳優フランシス・L・サリヴァン夫妻の家をモデルとしている[1]

あらすじ[編集]

アンカテル卿の午餐に招かれホロー荘を訪れたポアロは、プールで血を流して倒れている男と銃を手にし傍らに立つ女という芝居じみた光景を目撃する。それは名探偵を歓迎するための余興ではなく、銃殺された招待客の医師と、容疑者と思われるその妻による本物の殺人事件であった。ところが、医師の命を奪った弾丸は、妻が手にしていた銃から発射されたものではないことが判明し、捜査は暗礁に乗り上げる。恋愛心理と友情と犯罪心理が複雑に絡み合う状況の下、ポアロが見出した真相の先には悲劇的な結末が待っていた。

登場人物[編集]

  • ヘンリー・アンカテル卿 - 行政官
  • ルーシー・アンカテル - ヘンリーの妻
  • ミッジ・ハードカースル - ルーシーの従妹
  • ヘンリエッタ・サヴァナク - 彫刻家
  • ジョン・クリストゥ - 医者
  • ガーダ・クリストゥ - ジョンの妻
  • エドワード・アンカテル - ルーシーのいとこ
  • デイビッド・アンカテル - ルーシーの親戚
  • ガジョン - 執事
  • シモンズ - メイド
  • ヴェロニカ・クレイ - 女優
  • エルシー・パターソン - ガーダの姉
  • グレンジ - 警部
  • エルキュール・ポアロ - 探偵

出版[編集]

題名 出版社 文庫名 訳者 巻末 カバーデザイン 初版年月日 ページ数 ISBN 備考
ホロー荘の殺人 早川書房 ハヤカワ・ミステリ文庫1-28 中村能三 「読者へ二回目の挑戦」 中村能三 真鍋博 1977年12月31日 373 4-15-070028-1 絶版
ホロー荘の殺人 早川書房 クリスティー文庫22 中村能三 「灰色の脳細胞は、赤い夢を見るか?」はやみねかおる Hayakawa Design 2003年12月12日 482 4-15-130022-6

戯曲[編集]

1951年には戯曲化された。 『戯曲 ホロー荘の殺人』(『ミステリマガジン』2010年4月号に訳載)としてクリスティー自身が執筆した。ただしポアロが登場しない改変がなされている。

映像化[編集]

映画[編集]

  • 危険な女たち(日本 1985年) ポワロに相当する役柄の推理小説家を石坂浩二が演じた。
監督:野村芳太郎 出演:大竹しのぶ池上季実子和由布子藤真利子小沢栄太郎北林谷栄寺尾聰三田村邦彦石坂浩二日色ともゑ加藤嘉夏八木勲
監督:パスカル・ボニゼール 出演:ミュウ=ミュウランベール・ウィルソンヴァレリア・ブルーニ=テデスキピエール・アルディティアンヌ・コンシニ

TV作品[編集]

監督・脚本:ラッファエーレ・メローニ 撮影:ロリス・アマドーリ 美術:ダヴィデ・ネグロ 衣装:ダリオ・チェッキ
出演:マリーナ・ドナーディ(ドーラ=原作のヘンリエッタ)、ルチア・カトゥッロ(ガーダ)、カルロ・エンリーチ(エドワード)、エリカ・ブラン(ヴェロニカ・クレイ)、フランコ・グラツィオージ(ジョン)、サラ・フェッラーティ(ルーシー)
監督:サイモン・ラントン 脚本:ニック・ディアー 撮影:ジェームズ・アスピナール 美術:マイケル・ピックウォード 衣装:シーナ・ネピアー
出演:デヴィッド・スーシェ(エルキュール・ポワロ)、ジョナサン・ケイク(ジョン)、ミーガン・ドッズ(ヘンリエッタ)、サラ・マイルズ(ルーシー)、エドワード・フォックス(ガジョン)、クレア・プライス(ガーダ)、リゼッタ・アンソニー(ヴェロニカ・クレイ)

脚注[編集]

  1. ^ a b マッシュー・ブンスン『アガサ・クリスティ大事典』(柊風舎2010年)p.177