死の猟犬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
死の猟犬
The hound of Death and Other Stories
著者 アガサ・クリスティー
訳者 小倉多加志
発行日 イギリスの旗1933年
日本の旗1966年(初訳)
発行元 イギリスの旗
日本の旗東京創元社
日本の旗早川書房
ジャンル 推理小説
イギリスの旗 イギリス
前作 エッジウェア卿の死
次作 リスタデール卿の謎
Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

死の猟犬』(原題:The Hound of Death and Other Stories)は、1933年に発表されたイギリス小説家アガサ・クリスティの短編集である。

全12編の収録作中唯一の推理小説で、知名度が高い『検察側の証人[1]を除くと、心霊現象などを扱うホラー小説で構成された短編集となっている。

日本語の初訳は『クリスチィ短編全集1』(1966年創元推理文庫)である。

収録作品[編集]

死の猟犬(The Hound of Death
奇妙な縁から、第一次大戦中にベルギーで怪奇現象を起こしたと噂される修道女に会う気になったアンストラザーは、イギリスに避難してきた彼女を診ているという医者に会う。アンストラザーは医者と共に、コーンウォールの絶壁に建つ医者の持ち家に住む彼女を訪ねた。大戦中、ベルギーの修道院に押し入ろうとしたドイツ軍の部隊が大爆発とともに全員吹き飛んだが、修道院もドイツ兵も爆薬は持っておらず、村人は修道女が念じて爆発が起きたと噂し、修道院の廃墟に残った巨大な黒い痕を「死の猟犬」と呼んで恐れていた。修道女はアンストラザーに、ずっと見続けている幻覚の中に登場する不思議な都市と、そこで何世紀にもわたり続いてきた水晶を象徴とする信仰、来るべき時に向けて順番に示される「しるし」の話をする。彼女は幻覚の中でドイツ兵に「猟犬」を差し向けたのが現実に起こったことと知って驚く。一方でアンストラザーだけに、医者が純粋に自分の心身の面倒をみているのではなく、どうも「しるし」の力と秘密を知ろうという不純な動機があるからかくまっているのではないかという恐れを告白する。
赤信号(The Red Signal
晩餐会の席で予兆や直感の話で盛り上がる一同。参加者は高名な精神科医であるアーリントン卿とその甥ダーモット、美貌だがどこか愚かしいエヴァーズレイ夫人、そしてダーモットの親友であるジャック・トレントとその妻でダーモットが密かに想いを寄せる美しいクレアだった。席上でダーモットは自分の身に危険が迫った時に感じる予兆についての話をした。それはいつも「赤信号」というイメージでもたらされるもので、これまで危機に瀕した時はいつもそれを感じていた。そして皆には言わなかったがダーモットはその夜もその予兆を感じていた。話が一段落ついた時余興として呼ばれた霊媒師は「家には帰るな」という忠告を発する。それはその場に居た三人の男性、すなわちダーモット、および彼の叔父アーリントン卿、そして親友のジャック・トレントのいずれかに向けられたものだった。不安を感じつつもダーモット以外の二人はさほど気に留める様子もない。しかし帰宅したアーリントン卿が死体で発見され、忠告が的を射たものと言う事が明らかになる。
第四の男(The Fourth Man
汽車に乗った聖職者のパーフィットはそこで三人の男性と相席になる。パーフィットは顔見知りの弁護士とその連れの医者と雑談を始めた。三人がある多重人格と見なされた女性の奇妙な症状とその不可解な死について話し合っているとそれまで身じろぎせずに黙っていた四人目の男が突然笑い出した。ラウールと名乗るその男は三人が話題にしていた女性フェリシー・ボウルの幼馴染で、彼女の死の真相についてアネット・ラヴェルという別の女性の人生の物語と合わせて語り始めた。
ジプシー(The Gipsy
マックファーレンに自分がなぜジプシー嫌いになったのかを話す友人ディック。彼によると小さな頃から夢に登場するジプシーに悩まされ、また現実でジプシーに会った際には予言的な忠告をされ、それは現実のものとなったのだという。そして知り合いの家を訪れた際そこにいた美貌のホワース夫人から同じように忠告を受けたのだとも彼は語った。彼女はどういうわけかディックが手術を受けようとしている事を知っており、それに対し「自分なら受けない」と言い思い直すように薦めたという。しかしディックはそれを無視して手術を受けた結果死亡してしまう。不幸な結末を予見していたらしいホワース夫人に興味を持ったマックファーレンは彼女の元を訪問する。
ランプ(The Lamp
長い間誰も住んでいなかった貸家を訪れたランカスター夫人と不動産屋。家賃がこれだけ安いのは何かあるのではと聞いた夫人に、餓死した子供の泣き声が聞こえると噂なのだと不動産屋は答える。それでも現実的で怪奇現象を信じない夫人はこの家を借りることにした。しかし夫人の幼い息子は子供の声を聞き、次第にそれに取り憑かれていく・・・。
ラジオ(Wireless
ハーター夫人を診察した医者は彼女とその甥チャールズに生活上の注意、何よりも精神的な気晴らしが大切だと説明した。チャールズはハーター夫人に気晴らしのため部屋にラジオ受信機を設置してはどうかと提案し、夫人は渋りながらもお気に入りの甥の言う通りにする。しかしそのラジオから夫人の亡き夫の声が聞こえるようになり・・・。
検察側の証人(The Witness for the Prosecution
親しくしていた裕福な年輩女性を殺した容疑で捕まったハンサムな青年レナード。弁護士のメイハーンは彼の無実を証明しようとする。レナードによれば妻がアリバイを証明してくれるという。しかし、アリバイを証明してくれるはずの彼の妻は、あろうことか夫に不利な証言をすると言い出した。
青い壺の謎(The Mystery of the Blue Jar
趣味のゴルフをするためにゴルフ場へやってきたジャックはそこで「人殺し」と叫び、助けを呼ぶ女性の声を聞く。付近に一軒しかない家へ駆けつけたジャックだったが、そこにいた女性は声などあげていないし聞こえもしなかったという。
アーサー・カーマイクル卿の奇妙な事件(The Strange Case of Sir Arthur Carmichael
心理学者カーステアズ博士は一通の電報で友人に呼び出される。文にはカーステアズが面識のあるカーマイクル卿の名が書いてあり、文面は彼の息子であるアーサーについて言及されていた。駅で出迎えてくれた友人によるといたって健康な上流階級の青年だったカーマイクル卿の息子が一晩にして狂人になってしまったのだという。卿の屋敷に向かったカーステアズは、そこで動物同然になってしまったアーサーの姿を見て驚愕する。
翼の呼ぶ声(The Call of Wings
晩餐会の帰りに知人の牧師と幸福について語り合う百万長者のヘイマー。牧師と別れたヘイマーは路上で奇妙な楽器で奇妙な曲を吹く足のない男に出会う。足を失った経緯を訊ねるヘイマーに、男はそれは邪悪なものだったのだと言い満足気な様子を見せる。彼の奏でる曲を聴いているうちにヘイマーは上へと引っぱられていく感覚を覚え、夜毎それが続くうちに次第に全てを苦痛に感じ始める。
最後の降霊会(The Last Séance
霊媒として有名な婚約者のシモーヌに会いにいったラウール。シモーヌはこれ以上霊媒となるのを嫌がったが、ラウールはこれで最後とするから今日の降霊会はやってほしいと頼む。もうすぐその依頼人がやって来る時間である。
S・O・SS・O・S
四方に何もない場所に住むディンズミード一家のもとに珍しく訪問者が現れる。訪問者は道に迷っていたモーティマー・クリーブランドという人物だった。モーティマーはもてなされ泊めてもらうことになったが、彼は眠ることになった部屋のテーブルの上の埃の中にS・O・Sの文字を発見する。モーティマーは直感的にそれをディンズミード氏の二人の娘であるシャーロットとマグダレンのいずれかの仕業と推測する。

訳注[編集]

  1. ^ 1953年戯曲化、1957年に映画化されている。