ゼロ時間へ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ゼロ時間へ
Towards Zero
著者 アガサ・クリスティー
訳者 三川基好 ほか
発行日 イギリスの旗1944年
日本の旗1976年7月31日
発行元 イギリスの旗
日本の旗早川書房
ジャンル 推理小説
イギリスの旗 イギリス
前作 動く指
次作 死が最後にやってくる
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ゼロ時間へ』(原題:Towards Zero)は、1944年イギリス小説家アガサ・クリスティが発表した長編推理小説である。

ロンドン警視庁のバトル警視が活躍する本作品においては、犯人が殺人の計画を策定する時間から始まり、犯行の瞬間「ゼロ時間」へ遡っていく独特な叙述法が採用されている。

登場人物[編集]

  • カミラ・トレリシアン夫人 - 金持ちの老未亡人
  • メリイ・アルディン - トレリシアンの遠縁の従妹
  • ネヴィル・ストレンジ - 万能スポーツマン
  • ケイ - ネヴィルの2番目の妻
  • オードリイ - ネヴィルの最初の妻
  • テッド・ラティマー - ケイの友人
  • トーマス・ロイド - オードリイの遠い従兄
  • ハーストール - 執事
  • ジェーン・バレット - 小間使い
  • アリス・ベンサム - 小間使い
  • エンマ・ウエルズ - 小間使い
  • スパイサー - 料理女
  • アンドリュー・マクハーター - 自殺しそこねた男
  • トリーヴス - 有名な弁護士団の一員
  • ロバート・ミッチェル - 警察署長
  • ラーゼンビイ博士 - 警察医
  • ジョーンズ - 部長刑事
  • バトル - 警視
  • ジェームズ・リーチ - 警部、バトルの甥

作品の評価[編集]

  • 1982年に行われた日本クリスティ・ファンクラブ員の投票による作者ベストテンでは、本書は7位に挙げられている[1]

出版[編集]

題名 出版社 文庫名 訳者 巻末 カバーデザイン 初版年月日 ページ数 ISBN
殺人準備完了 早川書房 世界傑作探偵小説シリーズ 第9巻 三宅 正太郎 1951年月日 297 B000JBF8WK 絶版
ゼロ時間へ 早川書房 世界傑作探偵小説全集(ハヤカワ・ポケット・ミステリ) 田村隆一 1958年月日 297 B000JBF8WK 絶版
ゼロ時間へ 早川書房 ハヤカワ・ミステリ文庫1-8 田村隆一 「ソルトリークの方へ」 福永武彦 真鍋博 1976年7月31日 327 4-15-070008-7 絶版
ゼロ時間へ 早川書房 クリスティー文庫82 三川基好 解説 権田萬治 Hayakawa Design 2004年5月14日 375 4-15-130082-0

映像化[編集]

映画[編集]

監督:パスカル・トマ 撮影:ルナン・ポレス 音楽:ラインハルト・ワーグナー 衣装:カトリーヌ・ブシャール 美術:カーチャ・ヴィシュコフ
出演:メルヴィル・プポーキアラ・マストロヤンニローラ・スメットダニエル・ダリュー、アレサンドラ・マルティネス、フランソワ・モレル(バタイユ警視)

TVドラマ[編集]

  • Verso l'ora zero1980年 イタリア)
監督・脚本:ステファノ・ロンコローニ 撮影:ロドヴィーコ・デッラ・トッレ 音楽:ジョルジョ・マグリ 衣装:ダリオ・チェッキ 美術:ダヴィデ・ネグロ 
出演:ラウラ・トロッター、セルジョ・ロッシ、ジュゼッペ・パンビエーリ、マルゲリータ・グッツィナーティ、アリダ・ヴァッリ、レナート・モンタルバーノ(バトル警視)
監督:デイヴィッド・グリンドリー 脚本:ケヴィン・エリオット 撮影:スー・ギブソン 音楽:ドミニク・シャーラー
出演:ジェラルディン・マクイーワン(ミス・マープル)、ジュリアン・サンズ、ゾーイ・タッパー、ポール・ニコルズ、グレッグ・ワイズ、サフロン・バローズ

脚注[編集]

  1. ^ 乱歩が選ぶ黄金時代ミステリーBEST10(6)『アクロイド殺害事件』(集英社文庫、1998年)巻末解説参照。
  2. ^ 原作の探偵役バトル警視を削除し、原作には登場しないミス・マープルが探偵役をつとめる脚本に改変している。