秘密機関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
秘密機関
The Secret Adversary
著者 アガサ・クリスティー
訳者 嵯峨静江 ほか
発行日 イギリスの旗 1922年
日本の旗 1982年
発行元 イギリスの旗
日本の旗早川書房ほか
ジャンル 推理小説
イギリスの旗 イギリス
前作 スタイルズ荘の怪事件
次作 ゴルフ場殺人事件
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

秘密機関』(ひみつきかん、原題:The Secret Adversary )は、1922年イギリス小説家アガサ・クリスティが発表した長編推理サスペンス小説。作者の第2作目となる作品であり、「おしどり探偵」こと、ベレズフォード夫妻[1]が活躍する「トミーとタペンス・シリーズ」の第1弾となる作品である。夫アーチーの勧めで2作目の構想を練り始めたクリスティがとある店でお茶を飲んでいる際に、近くのテーブルに座っていた人の話題に上っていた「ジェーン・フィッシュ」という人物の名前が発端となり本作品が誕生した。なお、このとき聞いた名前は「ジェーン・フィン」に替えられて登場人物の名前に採用されたほか[2]、偶然耳にして記憶に残っていた名前という状況も作品冒頭の場面に活用されている。

あらすじ[編集]

久々の再会を果たした幼なじみのトミーとタペンスは、「青年冒険家商会」なるものを作り、二人して報酬を獲得すべく話し合った直後、早速依頼人に出会う。幸運に味方されているかに思われた二人だったが、翌日依頼人の事務所でタペンスがどこかで聞き覚えのある名前を偽名として名乗るとその場の雰囲気が一変した。実はその名前、1915年ドイツ潜水艦の攻撃を受け沈没寸前のルシタニア号において、極秘条約文書を諜報員から託された行方不明のイギリス女性の名前であった。イギリス情報局員の協力を得てジェーンの捜索と文書の確保に乗り出す二人の前に、条約草案の入手を狙う組織の首領「ブラウン氏」とその配下が立ちはだかる。

登場人物[編集]

  • トーマス・ベレズフォード - 冒険好きの青年、愛称はトミー(Tommy
  • プルーデンス・カウリイ - トミーの幼なじみで恋人、愛称はタペンス(Tuppence
  • エドワード・ウィティントン - エストニア・グラスウェア会社の社長
  • ジェーン・フィン - 行方不明の女
  • ジュリアス・P・ハーシャイマー - ジェーンのいとこ
  • リタ・ヴァンデマイヤー夫人 - 美貌の女
  • ジェームズ・ピール・エジャートン - 弁護士
  • ボリス・ステファノフ - ロシア人
  • A・カーター - 情報局員
  • アネット - ソーホー家の召使い
  • コンラッド - ソーホー家の召使い

出版[編集]

題名 出版社 文庫名 訳者 巻末 カバーデザイン 初版年月日 ページ数 ISBN 備考
秘密機関 早川書房 ハヤカワ・ミステリ文庫1-70 田村隆一 スパイ小説仕立てのミステリ
田村隆一
真鍋博 1982年11月15日 399 4-15-070070-2 絶版
秘密機関 早川書房 クリスティー文庫47 田村隆一 解説 杉江松恋 Hayakawa Design 2003年 518 4-15-130047-3 絶版
秘密機関 早川書房 クリスティー文庫47 嵯峨静江 解説 杉江松恋 Hayakawa Design[3] 改訳2011年1月7日 518 4-15-131047-8
秘密機関 上 早川書房 クリスティー・ジュニア・ミステリ 嵯峨静江 2008年3月26日 4-15-208902-1
秘密機関 下 早川書房 クリスティー・ジュニア・ミステリ 嵯峨静江 2008年3月26日 4-15-208903-8

補足[編集]

トミーとタペンスとホテルで食事中のジュリアス・P・ハーシャイマーに、ポアロシリーズに登場するジャップ警部が訪ねてくる場面がある[4]

映像化[編集]

映画
  • Die Abenteuer GmbH. - 1928年 ドイツ
    • トミー - カルロ・アルディーニ
    • タペンス - イヴ・グレイ
TV作品

脚注[編集]

  1. ^ 本作品28章「そして、その後」で結婚。
  2. ^ 「自伝」第五部V参照。
  3. ^ アガサ・クリスティー生誕120年記念新訳版/期間限定カバー:和田誠もある。
  4. ^ ウェイターが差し出した名刺を見たハーシャイマーが、「今度はスコットランド・ヤードの犯罪捜査課のジャップ警部ですよ」と説明している。