牧師館の殺人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

牧師館の殺人』(ぼくしかんのさつじん、原題:The Murder at the Vicarage)は、イギリスの小説家アガサ・クリスティによって1930年に発表された長編推理小説である。ミス・マープルの初登場作品である[1]

あらすじ[編集]

ロンドン郊外のセント・メアリ・ミード村で殺人事件が発生した。しかも、その殺人は村の牧師館で起こったのだ。殺害されたのは裕福な村の名士プロズロー大佐。被害者は吝嗇と杓子定規な性格のために疎まれていたため、恨みを持つ者は少なくない。教区担当の牧師クレメントも容疑者の一人として数え上げられてしまう。そうこうするうち画家の青年ロレンスが犯人として自首し、この事件は解決かと思われたが、被害者の妻であるアンまでもが自首して、しかも両方とも無実だとわかったのである。せんさく好きの有閑婦人、マープルがこの謎に挑む。

登場人物[編集]

  • レナード・クレメント : 村の牧師。牧師館に居住している。
  • グリゼルダ : レナードの妻。水際立った美人で夫とは年が離れている。
  • デニス : レナードの甥。健康な16歳の少年。
  • プロズロー大佐 : 治安判事。熱心なキリスト教徒。独裁的で何かと敵を作りがちな人物。
  • アン・プロズロー : 大佐の妻。後妻であり義理の娘とは上手くいっていない。
  • レティス・プロズロー : 大佐の娘。奔放な性格の美しい娘。
  • ローレンス・レディング : 画家。ハンサムな好青年。
  • メアリ : 牧師館の女中。無愛想な上家事の腕はお粗末。
  • ホーズ : 牧師補。
  • ヘイドック : 医師、レナードの友人。
  • レストレンジ夫人 : 最近村に引っ越してきたばかりの謎めいた婦人。
  • ミス・ジェーン・マープル : 村に住む老嬢。一見ただの噂好きの老婦人だが人間観察に長けた名探偵。

日本語訳[編集]

出版年 タイトル 出版社 文庫名等 訳者 巻末 ページ数 ISBNコード カバーデザイン 備考
1954年11月15日 牧師館の殺人 早川書房 世界探偵小説全集175 山下暁三郎 江戸川亂歩 四冊目のクリスティー 263
1976年6月25日 ミス・マープル最初の事件 東京創元社 創元推理文庫105-28 厚木淳 厚木淳 ミス・マープル初登場 368 4488105289
1978年7月31日 牧師館の殺人 早川書房 ハヤカワ・ミステリ文庫HM 1-35 田村隆一 解説 クリスティー的殺人舞台 田村隆一 348 4-15-070035-4 真鍋博
1986年8月 牧師館殺人事件 新潮社 新潮文庫ク-3-12 中村妙子 解説 中村妙子 419 4102135138 野中昇 [日本語訳 1]
2003年10月 牧師館の殺人 早川書房 クリスティー文庫35 田村隆一 解説 吉野仁 468 978-4151300356 Hayakawa Design
2007年4月28日 ミス・マープル最初の事件 東京創元社 創元推理文庫105-45、新版 厚木淳 厚木淳 ミス・マープル初登場 414 978-4488105457 ひらいたかこ
2011年7月8日 牧師館の殺人 早川書房 クリスティー文庫35 羽田詩津子 (序文)マシュー・プリチャード 『牧師館の殺人』によせて 444 978-4151310355 装画:安西水丸、
装幀:ハヤカワ・デザイン


児童書

出版年 タイトル 出版社 文庫名 訳者 ページ数 ISBNコード 挿絵・デザイン 備考
2005年3月 牧師館の殺人-ミス・マープル最初の事件 偕成社 偕成社文庫3152 茅野美ど里 428 4036525204 村上かつみ

注釈(日本語訳)[編集]

  1. ^ 現在、グーテンベルク21が電子書籍化している。

脚注[編集]

  1. ^ 雑誌掲載がなされた作品としては、短編集『火曜クラブ』の方が『牧師館の殺人』よりも先であるが、書籍として刊行されたのはこの作品が先である。