青列車の秘密

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青列車の秘密
The Mystery of the Blue Train
著者 アガサ・クリスティー
訳者 青木久恵 ほか
発行日 イギリスの旗1928年
日本の旗
発行元 イギリスの旗
日本の旗早川書房ほか
ジャンル 推理小説
イギリスの旗 イギリス
前作 ビッグ4
次作 七つの時計
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

青列車の秘密』(原題:The Mystery of the Blue Train)は、アガサ・クリスティ1928年に発表したエルキュール・ポアロシリーズの長編推理小説。クリスティが失踪事件後、精神的に不安定な時期に執筆された作品で、すでに発表されていた短編『プリマス行急行列車』のプロットを長編向けに焼き直したもの。本人は本作を気に入っておらず、のちに「書きたくなくても書かなければならないプロ作家の厳しさを自覚した作品」という趣旨の回想をしている。

あらすじ[編集]

ブルー・トレインの中で殺人事件が起こり、被害者の女性が持っていたルビーがなくなっていた。そして、被害者の別居中の夫が容疑者となった。彼は犯行時間と思われる時間に、妻の客室に入るところを目撃されていた。

登場人物[編集]

エルキュール・ポアロ
私立探偵
ルーファス・ヴァン・オールディン
アメリカの富豪
ルース・ケタリング
ルーファスの娘
デリク・ケタリング
ルースの夫
ナイトン少佐
ルーファスの秘書
アルマン・ド・ラ・ローシュ
ルースの愛人
ミレーユ
ダンサー・デリクの愛人
キャサリン・グレー
遺産相続人
レディ・タンプリン
キャサリンのいとこ
チャールズ・エヴァンズ
レディ・タンプリンの夫
レノックス・タンプリン
レディ・タンプリンの娘
エイダ・メイスン
ルースのメイド
ディミトリアス・パポポラス
骨董商
ジア
パポポラスの娘
コウ
警視
カレージュ
判事

補足[編集]

本作品に登場するキャサリン・グレーは、ミス・マープルシリーズの主舞台であるセント・メアリ・ミード村に住んでいる[1]

出版[編集]

題名 出版社 文庫名 訳者 巻末 カバーデザイン 初版年月日 ページ数 ISBN 備考
青列車殺人事件 日本出版協同 異色探偵小説選集10 松本恵子 あとがき 松本恵子 1954年 318 絶版
青列車殺人事件 大日本雄辨會講談社 ポワロ探偵シリーズ1 松本恵子 松本恵子「クリスチー女史とポワロ探偵」 1955年 絶版
青列車の秘密 早川書房 ハヤカワ・ポケット・ミステリ484 田村隆一 1959年 257 絶版
青列車殺人事件 角川書店 角川文庫赤502-7 松本恵子[2] あとがき 松本恵子 上原徹 1966年 344 978-4042502074 絶版
青列車の謎 講談社 講談社文庫 久万嘉寿恵 1976年 335 978-4061370210 絶版
青列車の秘密 早川書房 ハヤカワ・ミステリ文庫1-64 田村隆一 あとがき「「青列車」に乗って」 田村隆一 真鍋博 1982年 364 4-15-070064-8 絶版
ブルートレイン殺人事件 新潮社 新潮文庫クー3-7[3] 中村妙子 解説 中村妙子 野中昇 1983年1月 381 4-10-213508-1 絶版
青列車の謎 東京創元社 創元推理文庫 長沼弘毅 あとがき 長沼弘毅 ひらいたかこ 1959年12月25日
改版1979年2月23日
364 4-488-10517-4
エルキュル・ポアロ[4] 講談社 久万嘉寿恵 解説:「ポアロとクリスティーの横顔」数藤康雄
「アガサ・クリスティー著作リスト」各務三郎
1984年5月 493 4-06-203404-2 絶版
青列車の秘密 早川書房 クリスティー文庫5 青木久恵 解説 北上次郎 Hayakawa Design 2004年7月15日 441 4-15-130005-8

児童書

題名 出版社 文庫名 訳者 巻末 カバーデザイン 初版年月日 ページ数 ISBN 備考
青列車の謎 ポプラ社 ジュニア世界ミステリー6 常盤新平 解説 1968年 230 絶版
ブルートレイン殺人事件 ポプラ社 ポプラ社文庫 怪奇・推理シリーズ 班目三保 イラスト:村井香葉 1988年 222 4591028909 絶版

翻案作品[編集]

ラジオドラマ

TV作品

脚注[編集]

  1. ^ キャサリン・グレーの住むセント・メアリ・ミード村はケント州にあるが、ミス・マープルの住むセント・メアリ・ミード村は『牧師館の殺人』ではダウンシャー(架空の州)、『書斎の死体』ではラドフォードシャー州(架空の州)とされている。
  2. ^ 現在、グーテンベルク21が電子書籍化している。
  3. ^ 初版刊行時等の分類番号の移行期には、カバー背表紙に旧分類番号「135-7-」(「赤」は省略、「赤135」がクリスティの作家番号で7冊目)と併記されていた。
  4. ^ 数藤康雄=編、従来講談社文庫で発行されていたものの合本。「スタイルズ荘の怪事件」、「ゴルフ場殺人事件」、「アクロイド殺害事件」、「青列車の謎」、「オリエント急行殺人事件」、「ABC殺人事件」(アクロイドのみ原百代、それ以外は久万嘉寿恵の翻訳)を収録。