検察側の証人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

検察側の証人』(けんさつがわのしょうにん、原題:The Witness for the Prosecution)とは、アガサ・クリスティ作の短編推理小説(法廷サスペンス小説)および、それを元に書かれた戯曲のタイトルである。1925年に発表された後、1933年に書籍としての刊行がなされ、1953年に戯曲が初演された。

概要[編集]

1933年に刊行された短編集『死の猟犬』に収録された短編小説である(初出は1925年に雑誌『Flynn's Weekly』誌に掲載された物)。

その後、クリスティ本人がこれを戯曲化し、1953年に初演されている。

1957年にはビリー・ワイルダーによって映画化された(詳細は情婦 (映画)を参照)。

1982年には、アメリカTVMにより、ラルフ・リチャードソンボー・ブリッジスデボラ・カードナルド・プレザンスウェンディ・ヒラーダイアナ・リグピーター・サリスマイケル・ガフなどの配役でテレビドラマ化されており、日本でも公開時もタイトルは『検察側の証人』のままであった。また、他のクリスティ作品同様に、舞台劇やテレビドラマとして何度か演じられている。

クリスティー文庫(早川書房)では、短編小説としての物は『死の猟犬』に収録されているのみだが、米版では本作を主タイトルとした推理小説の短編集『The Witness for the Prosecution and Other Stories』(1948年刊行)もある。日本語版では創元推理文庫や角川文庫版から、「検察側の証人」を主タイトルにした短編集が刊行されている。

ストーリー[編集]

勅選弁護士ウィルフリッド・ロバーツ卿は、青年レナード・ボールの弁護をすることになった。彼は、親しくなった金持ちの未亡人を殺した容疑で逮捕され、直接証拠は無いものの、状況証拠は明らかに彼が犯人であると指し示していた。

弁護には難題な案件だったものの、ウィルフリッドは彼の妻クリスチーネを証人として彼の無実を勝ち取ろうとする。しかし、事務所にやってきたクリスチーネは明らかにレナードに敵意を持っており、しかも、夫は別にいて、彼との婚姻関係は正式な物ではないと述べる。仕方なく、ウィルフリッドは彼女の証言を得ることを諦める。

裁判が始まり、圧倒的に不利だった被告側だったが、直接証拠が無いということもあり、ウィルフリッドの手腕によって巻き返していく。そんな中、検察側の証人としてクリスチーネが現れ、レナードにとって不利な証言を行う。一転して、レナードの有罪が確定的となる中、ウィルフリッドは、彼女の証言は嘘であると直感する。

登場人物[編集]

ウィルフリッド・ロバーツ
レナードの担当弁護士。かなりの年であるが、法曹界では老練な弁護士として有名。
レナード・ボール
親しかった未亡人の殺人容疑を受け、ウィルフリッドの事務所を訪れる。
クリスチーネ
レナードの妻。彼のアリバイを証言できる唯一の人物だったが、それはせず、弁護側ではなく検察側の証人として夫に不利な証言をする。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]