チムニーズ館の秘密

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

チムニーズ館の秘密』(チムニーズかんのひみつ、原題:The Secret of Chimneys)は、1925年イギリス小説家アガサ・クリスティが発表した長編推理小説である。

ロンドン警視庁バトル警視初登場作品。

あらすじ[編集]

南アフリカの町、ブラワーヨの旅行社に案内役として勤務していたアンソニー・ケイドは、友人のジェイムズ(ジミー)・マグラスからある依頼を受ける。ジミーは、4年前パリでヘルツォスロヴァキア元総理のスティルプティッチ伯爵が暴漢たちに襲われていたところを助けたことが縁で、伯爵の死後に送られてきた回顧録を、1千ポンドの報酬と引き換えにロンドンの出版社に届けるよう依頼される。ジミーはこれから金鉱探しの旅に出るので、替わりにアンソニーにその役を果たしてもらいたいというのだ。

ヘルツォスロヴァキアはバルカン半島にある小国で、7年前に最後の国王であったニコライ4世が、パリの軽演劇場に出演していた素性も知れない芸人を娶ったことをきっかけに革命が起こり、女王とともに暗殺されて以来、共和制になったが、最近は王制復古の機運が高まりつつある。また油田が発見されたとの噂も流れており、イギリスの財界から注目されている。さらにジミーは、スティルプティッチ伯爵を襲っていた暴漢たちはキング・ヴィクターの手下だと、伯爵が語っていたと話す。キング・ヴィクターは有名な宝石泥棒で、パリ警視庁に軽い罪で逮捕され数年間刑務所に入っていたが、最近出所したらしい。

報酬のうち250ポンドの分け前をもらう条件で依頼を引き受けたアンソニーは、すぐにロンドンに発とうとするが、ジミーはさらにもう一つ、ヴァージニア・レヴェルという名前の女性のスキャンダル絡みの手紙を本人に返すよう依頼する。ウガンダにいた頃に助けた土方が持っていたもので、死に際に渡されたものだという。

そうしてジェイムズ・マグラスの名前で数年ぶりにイギリスの土を踏んだアンソニーは、ロンドンのホテルで次々と怪しげな客の来訪を受ける。1人目はヘルツォスロヴァキアの王制支持派のロロプレッティジル男爵。ミカエル・オボロヴィッチ王子がイギリス政府の支持の下に即位する計画が進む中、政治的に重大なスキャンダルが記されていると思われるスティルプティッチ伯爵の回顧録の出版は、その計画に支障を来たす恐れが多分にある。そのため男爵は回顧録を譲って欲しいと訴えるが、アンソニーは一度引き受けた仕事は最後までやり通す義務があるという理由でその申し出を断る。次に訪れたのが王制反対派のレッド・ハンド党員で、ピストルで脅迫して回顧録を奪おうとしたが、アンソニーに撃退される。最後に深夜、彼の部屋に忍び込んできたホテルの給仕のジュセピと格闘の末、取り逃がしてしまい、回顧録は無事だったがレヴェル夫人の手紙を奪われてしまった。

翌日、ヴァージニア・レヴェル夫人の下に手紙を持って恐喝者が訪れる。身に覚えのないレヴェル夫人はその応対を楽しみ、いったんは小金を渡して帰らせ、翌日もう一度来るように言い渡す。恐喝者と入れ替わりに、レヴェル夫人の従兄で外務省高官のジョージ・ロマックスが彼女を訪れる。石油の利権獲得のため、ミカエル王子擁立を支持するイギリス政府にとっても、伯爵の回顧録に記されているかも知れない政治的スキャンダルは計画を頓挫しかねないものだった。中でもとくにジョージが警戒するのは、チムニーズ館でかつて起きた「ある盗難事件」だった。ジョージは、かつてヘルツォスロヴァキア大使館に勤務していた亡き夫とともに同国に滞在経験のあるレヴェル夫人に、スティルプティッチ伯爵の回顧録を持って訪英するジェイムズ・マグラスをチムニーズ館でもてなすよう依頼する。

一方、出版社から来たホームズ氏に回顧録を渡したアンソニーは、その翌日、レヴェル夫人を訪ねたところ、恐喝者が何者かに拳銃で射殺されていた。その恐喝者こそ、彼から手紙を奪ったジュセピであった。彼の上着には「チムニーズ 木曜日11時45分」という紙切れが残されていた。レヴェル夫人を何らかの理由でチムニーズ館に行かせたくない者の仕業と考えたアンソニーは、彼女を予定通りチムニーズ館に向かわせる。その間に死体と拳銃を始末して、自分もチムニーズ館を訪れたところ、まさに11時45分、館の中から銃声が聞こえた。

翌朝、チムニーズ館で、滞在客であるスタニスラウス伯爵の射殺体が発見される。ロンドン警視庁から到着したバトル警視にジョージ・ロマックスは、スタニスラウス伯爵は偽名で、その正体はヘルツォスロヴァキアのミカエル王子だと告げる。村の宿屋に宿泊していたアンソニーは、嫌疑をかけられていることを察知し、自らチムニーズ館に乗り込み、ジェイムズ・マグラスの代行で回顧録を届けにロンドンに来たことやチムニーズ館に来た事情を説明し、疑いを晴らす。バトル警視がアンソニーにミカエル王子の死体を見せたところ、それは回顧録を渡した出版社のホームズ氏を名乗る人物だった。さらに、ヘルツォスロヴァキアの第2王位継承者であるニコラス王子が、アメリカの資本グループに石油の利権を与える約束をしているという情報がもたらされる。

ミカエル王子を殺した犯人、回顧録の行方、ヘルツォスロヴァキアの石油の利権をめぐる英米の対立、王位継承問題、王制支持派とレッド・ハンド党の対立、チムニーズ館のどこかに隠されている宝石を狙うキング・ヴィクターと彼を追うフランスの刑事など、事件はさまざまな問題を抱えながら展開してゆく……。

登場人物[編集]

  • アンソニー・ケイド - キャッスル旅行会社の地方駐在員
  • ジェイムズ(ジミー)・マグラス - アンソニーの友人
  • ケイタラム卿 - チムニーズ館の所有者
  • アイリーン(バンドル) - ケイタラム卿の娘
  • トレドウェル - ケイタラム卿の執事
  • ブラン - ケイタラム家の家庭教師
  • スティルプティッチ伯爵 - ヘルツォスロヴァキアの元総理
  • ミカエル・オボロヴィッチ - ヘルツォスロヴァキアの王子
  • ボリス・アンチューコフ - ミカエル王子の召使
  • ロロプレッティジル男爵 - ヘルツォスロヴァキアの貴族
  • ジョージ・ロマックス - 英国外務省の高官
  • ヴァージニア・レヴェル - ジョージの従妹[1]
  • ビル・エヴァスレー - ジョージの秘書
  • ハーマン・アイザックステイン - 全英シンジケートの代表者
  • ハイラム・フィッシュ - チムニーズ館の客
  • キング・ヴィクター - 宝石泥棒
  • ジュセピ・マネリ - ホテルの給仕
  • バトル - ロンドン警視庁の警視
  • ルモワヌ - パリ警視庁の刑事

補足[編集]

  • チムニーズ館を舞台とする作品には他に『七つの時計』(1929年)があり、本作品では脇役のバンドルとビル・エヴァスレーが主役として活躍するほか、バトル警視やケイタラム卿、ジョージ・ロマックスなども登場する。
  • 本作品で「登場人物」欄に名を連ねない端役(ケイタラム卿の友人)で登場するメルローズ大佐も『七つの時計』で端役で登場するほか、エルキュール・ポアロものの『アクロイド殺し』やハーリ・クィンものの短編「愛の探偵たち」にも登場する。

映像化[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ジョージはヴァージニアのことを従妹と呼ぶ一方、彼女を姪と呼ぶ記述もある。