ヒッコリー・ロードの殺人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヒッコリー・ロードの殺人』(ヒッコリー・ロードのさつじん、原題:Hickory Dickory Dock[1]は、イギリスの小説家アガサ・クリスティによって1955年に発表されたエルキュール・ポアロシリーズの長編推理小説である。

本作には、『マギンティ夫人は死んだ』、『ネメアのライオン』[2]、『葬儀を終えて』といった過去の事件についての言及がある。また、『ヘラクレスの冒険』などの主要人物であるヴェラ・ロサコフ伯爵夫人も登場する。

あらすじ[編集]

ロンドンのヒッコリー・ロードにある学生寮にて、ホウ酸電球といった小物が次々に盗まれた。秘書のミス・レモンの姉で、寮母のハバード夫人に頼まれたポアロは、寮を訪ね、警察を呼ぶべきだと主張する。

主な登場人物[編集]

映像化[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 原題 "Hickory Dickory Dock" はマザー・グースの童謡に由来し、作中でポアロが歌詞を口にする場面がある。
  2. ^ ヘラクレスの冒険』に収録されている。
  3. ^ エンディコット弁護士は、『葬儀を終えて』に登場したエントウィッスル弁護士と同一人物だと思われる。

外部リンク[編集]