スコポラミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スコポラミン
L-Scopolamin.svg
Scopolamine structure.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
  • US: C
法的規制
投与方法 transdermal, ocular, oral, subcutaneous, intravenous, sublingual, rectal, buccal transmucousal, intramuscular
薬物動態データ
生物学的利用能 10 - 50% [1]
半減期 4.5時間[1]
識別
CAS番号
(MeSH)
51-34-3
ATCコード A04AD01 (WHO) N05CM05 (WHO), S01FA02 (WHO)
PubChem CID: 5184
DrugBank DB00747
ChemSpider 10194106 チェック
UNII DL48G20X8X チェック
KEGG D00138
化学的データ
化学式 C17H21NO4
分子量 303.353 g/mol
ブスコパン注射液

スコポラミン(英:scopolamine)はトロパンアルカロイドムスカリン受容体拮抗薬の一種。ヒヨスチン (hyoscine) ともいう。アセチルコリンムスカリン受容体への結合を競合的に阻害することによって抗コリン作用を有する。これにより副交感神経系の抑制を来し、瞳孔括約筋の弛緩による散瞳眼圧の上昇、レンズ調節の麻痺、心拍数の上昇、消化管の緊張や運動の抑制などを引き起こす。

用途[編集]

ブチルスコポラミン臭化物(商品名:ブスコパン[2])は、消化管の運動を抑制するので、消化管のX線及び内視鏡検査の前処置、消化管の疼痛時の鎮痙によく使われる[3]。また尿路結石の疼痛時に尿管を拡張させる目的でも用いられる。

禁忌や慎重投与[編集]

眼内圧を上昇させるため緑内障患者での使用は禁忌。前立腺肥大による尿閉を悪化させるので、高齢男性への投与は慎重投与[3]出血性大腸炎などへの投与も禁忌となっている[3]

手塚治虫の漫画アドルフに告ぐでは自白剤として掲載されている。VICEはコロンビア国内において、スコポラミンが自由意思を奪う薬として犯罪に使用されていると報道した[4]。通常の医療行為で使用される容量では精神面への影響は出現せず、頭痛、頭重感、眠気、めまいが数パーセント程度見られるだけである。むしろ緑内障や前立腺肥大の存在や、ショックなどが問題になる[3]

出典[編集]

  1. ^ a b Putcha L, Cintrón NM, Tsui J, Vanderploeg JM, Kramer WG (June 1989). “Pharmacokinetics and oral bioavailability of scopolamine in normal subjects”. Pharm. Res. 6 (6): 481–5. doi:10.1023/A:1015916423156. PMID 2762223. 
  2. ^ 胃腸鎮痛鎮痙薬 ブスコパンA錠 エスエス製薬
  3. ^ a b c d ブスコパン 添付文書 2016年11月15日閲覧
  4. ^ [1] VICE Media LLC 2016年11月15日閲覧

参考文献[編集]

  • 伊藤勝昭ほか編集 『新獣医薬理学 第二版』 近代出版 2004年 ISBN 4874021018

関連項目[編集]