ABC殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ABC殺人事件
The ABC Murders
著者 アガサ・クリスティー
訳者 伴大矩(初訳)
堀内静子 ほか
発行日 イギリスの旗1936年
日本の旗1935年(初訳)
発行元 イギリスの旗Collins Crime Club
日本の旗早川書房 ほか
ジャンル 推理小説
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
形態 ハードカバー
ページ数 256ページ(原著初版、ハードカバー)
前作 雲をつかむ死
次作 メソポタミヤの殺人
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ABC殺人事件』(原題:The ABC Murders)は、1936年に発表されたアガサ・クリスティの長編推理小説である。クリスティ18作目の長編で、エルキュール・ポアロシリーズの長編第11作にあたる。知名度・評価ともに高い著者の代表作の一つである(後述#作品の評価を参照)。

日本語初訳は『ABC殺人事件』(日本公論社刊、伴大矩訳、1935年[1])。

あらすじ[編集]

「6月21日、アンドーヴァーを警戒せよ」と文末に「ABC」と署名された挑戦状のとおり、Aで始まるアンドーヴァー (Andover) の町で、イニシャルがA.A.のタバコ屋の老女アリス・アッシャー (Alice Ascher) の死体が発見され、傍らには「ABC鉄道案内英語版[注 1]」が添えられていた。

警察は当初、彼女が夫と不仲であったため、夫を疑う。間もなくABC氏から第2・第3の犯行を予告する手紙が届き、Bで始まるベクスヒル (Bexhill) でイニシャルがB.B.[注 2]の女性、Cで始まるチャーストン (Churston) でイニシャルがC.C.の紳士が殺害され、やはり死体の側には「ABC鉄道案内」が置かれていた。犯人は、地名とイニシャルが一致する人物をアルファベット順に選び殺害していると推測されたが、被害者達それぞれに動機がある者はいても、被害者達にABC以外の関連性はなく、犯人の正体と動機はわからない。

やがてセントレジャー競馬が行われる日に犯行を予告する手紙が届く。ポアロらは第4の殺人を防止すべく、競馬の開催地ドンカスター (Doncaster) へ向かうが、町の映画館で殺害されたのはイニシャルがD.D.の人物ではなくG.E.の理髪師の男であった。ポアロも警察も首をひねるが、近くにイニシャルがDの男性が座っていたため犯人に間違えられたものと思われた。

アルファベット順に選んだ対象を無作為に殺害していく愉快犯の仕業と警察が捜査方針を固める中、てんかん持ちのアレクサンダー・ボナパート・カスト (Alexander Bonaparte Cust) は新聞報道を読んで自分が犯人なのではないかと悩み自首してくる。彼の家からは「ABC鉄道案内」が多数発見され、事件は解決したかと思われた。だが、ポアロは真犯人が別にいると推理する。彼はいかに理性を失したように見える人間の犯行であっても、そこには犯人なりの論理性や理由があるはずであり、何の理由もないのにアルファベット順に人を殺害していくというのは殺害動機としてあり得ないと考えていた。

ポアロは一連の事件の被害者を調べ上げ、一連の犯行予告や連続殺人事件は警察を攪乱するためのもので、真犯人は明確な目的をもって殺害した一件の殺人を、明確な殺害理由のない連続殺人事件の中に紛れ込ませようとしていたことを見抜く。ポアロは真犯人と対決してこれを追い詰め、事件を解決する。

登場人物[編集]

エルキュール・ポアロ
私立探偵。
アーサー・ヘイスティングズ
ポアロの協力者。
アリス・アッシャー (Alice Ascher)
1人目の犠牲者。アンドーヴァーで小さな商店を切盛りしていた老女。
フランツ・アッシャー (Franz Ascher)
アリスの夫。大酒飲みで、たびたび妻のアリスに金をせびっていた。ドイツ系で、第一次大戦中は差別と偏見に苦しんでいたらしい。
メアリ・ドローワー (Mary Drower)
アリスの姪。アンドーヴァー近郊のある屋敷でメイドとして働いている。
エリザベス(ベティ)・バーナード (Elizabeth (Betty) Barnard)
2人目の犠牲者。ベクスヒルのとあるカフェでウェイトレスとして働いていた。異性関係が少々だらしなく、彼女の父親に言わせると「いまどきの娘」らしい。
ドナルド・フレーザー (Donald Fraser)
ベティの婚約者。不動産関係の仕事をしている。激しやすく、ベティの異性関係でたびたび彼女と言い争いをしていた。
ミーガン・バーナード (Megan Barnard)
ベティの姉。ロンドンでタイピストとして働いている。ドナルドとの喧嘩についてベティから相談を受けていた。
カーマイケル・クラーク卿 (Sir Carmichael Clarke)
3人目の犠牲者。かつて医師として成功した富豪。引退後は保養地の近くのチャーストンにある屋敷に住み、趣味の骨董品収拾に熱中していた。
フランクリン・クラーク (Franklin Clarke)
カーマイケル卿の弟。兄の右腕として世界中を飛び回って骨董品を買い集めている。
シャーロット・クラーク (Charlotte Clarke)
カーマイケル卿の妻。末期ガンを患っており、先が長くない。夫のカーマイケルと秘書のグレイの関係を疑っている。
ソーラ・グレイ (Thora Grey)
カーマイケル卿の秘書。彼女は事件当日に怪しい人物を見かけていないと証言しているが、当日玄関先の階段で見知らぬ男と話しているのをシャーロットに目撃されている。
ジョージ・アールスフィールド (George Earlsfield)
4人目の犠牲者なのだが、姓名ともにイニシャルがDではない理髪師の男性。
ロジャー・ダウンズ (Roger Downes)
ドンカスターでの殺人の第一発見者(被害者の近くに座っていた)の教師。姓のイニシャルがDなので警察は背格好の似ていた彼とアールスフィールドが間違えられたのだと考える。
アレグザンダー・ボナパート・カスト (Alexander Bonaparte Cust)
ストッキングのセールスマン。自身の名前が2人の偉大な英雄(アレクサンダー大王ナポレオン・ボナパルト)に由来することに対してコンプレックスを感じている。途中の数章はヘイスティングズ大尉ではなく彼の視点から描かれる。第一次大戦に従軍したことがあり、復員後はその後遺症に悩まされている。真犯人の策略によって、一連の事件の犯人であるという濡れ衣を着せられる。

作品の評価[編集]

日本語訳版[編集]

  • 本作の出版は、イギリスでは1936年1月だが、アメリカでは簡略版が1935年11月に『COSMOPOLITAN』に掲載されている[4]。そのため、ハヤカワ文庫(ハヤカワ・ミステリ文庫、クリスティー文庫)ではイギリスでの出版による著作権の発生年を元に1936年の発表、創元推理文庫ではアメリカでの簡略版の発表を元に発表年を1935年としている。なお、前述の伴大矩による日本語初訳はアメリカで発表された簡略版の翻訳のため、発行年は1935年となっている。
  • 1952年10月『別冊宝石』23号「世界探偵小説全集1 アガサ・クリスティ篇」 に「ABC殺人事件」(伴大矩=訳)、「スタイルズ事件」(宇野利泰、桂英二=訳)、「そして誰れもいなくなつた」(清水俊二=訳)を収録。他に江戸川乱歩の序文「アガサ・クリスティ」、表紙・目次は水田力。
出版年 タイトル 出版社 文庫名 訳者 巻末 ページ数 ISBNコード 挿絵・デザイン 備考
1935 ABC殺人事件 日本公論社 英・米探偵小説新傑作選集1 伴大矩 クリスチイ女史に就いて H・D・タムソン 302 裝幀 吉永哲男
1936 ABC殺人事件 萩原星文館 英米探偵小説新傑作選集 伴大矩
1956 ABC殺人事件 大日本雄弁会講談社 クリスチー探偵小説集:ポワロ探偵シリーズ 松本恵子 259
1957 ABC殺人事件 早川書房 世界探偵小説全集368 鮎川信夫 238
1957 A.B.C.殺人事件 東京創元社 世界推理小説全集 43 堀田善衛 231 監修:江戸川乱歩ほか
1959 ABC殺人事件 東京創元社 創元推理文庫105-14 堀田善衛 解説:中島河太郎 323
1960 ABC殺人事件 東京創元新社 世界名作推理小説大系 9 堀田善衛 解説:中島河太郎 512 [日本語訳版 1]
1960 ABC殺人事件 新潮社 新潮文庫 赤135F 中村能三 解説:中村能三 327
1962 ABC殺人事件 東都書房 世界推理小説大系 13 堀内英子 解説:中島河太郎 258 [日本語訳版 2]
1962 ABC殺人事件 角川書店 角川文庫赤502-3 能島武文 訳者による解説 326 上原徹 [日本語訳版 3]
1967 ABC殺人事件 集英社 世界文学全集 38 堀田善衛 462 [日本語訳版 4]
1974 ABC殺人事件 講談社 講談社文庫 久万嘉寿恵 303
1987 ABC殺人事件 早川書房 ハヤカワ・ミステリ文庫HM1-83 田村隆一 解説:小池滋 342 ISBN 4-15-070083-4 真鍋博
1987 エルキュル・ポアロ 講談社 久万嘉寿恵 解説:「ポアロとクリスティーの横顔」数藤康雄
「アガサ・クリスティー著作リスト」各務三郎
493 ISBN 4-06-203404-2 [日本語訳版 5]
1989 ABC殺人事件 新潮社 新潮文庫 ク-3-5 中村能三 解説:小池滋 327 鈴木邦治、野中昇 1989 39刷改版
2003 ABC殺人事件 東京創元社 創元推理文庫 深町眞理子 解説:相沢紡 407 ISBN 4-488-10538-6 ひらいたかこ
2003 ABC殺人事件 早川書房 ハヤカワ文庫:クリスティー文庫11 堀内静子 解説:法月綸太郎 412 ISBN 4-15-130011-2 Hayakawa Design


児童書

出版年 タイトル 出版社 文庫名 訳者 ページ数 ISBNコード 挿絵・デザイン 備考
1958 ABC怪事件 講談社 少年少女世界探偵小説全集16 左近義親 247 絵:西村保史郎、
装幀:相沢光朗、
写真:中島靖侃
1962 ABCの恐怖 偕成社 世界推理・科学名作全集11 船山馨 303 絵:石田武雄 解説 船山馨
1963 ABC怪事件・恐怖の旅客機 あかね書房 少年少女世界推理文学全集7 塩谷太郎 212 ブックデザイン:
沢田重隆、鈴木康行、
絵:駒崎晶子
監修:川端康成
中野好夫、
阪本一郎
1973 ABC怪事件 あかね書房 推理・探偵傑作シリーズ 2 塩谷太郎 241 画:横山まさみちと横山プロダクション 責任編集:白木茂ほか2名
1977 ABC殺人事件 文研出版 文研の名作ミステリー 2 各務三郎 207
1986 ABC殺人事件 ポプラ社 ポプラ社文庫:怪奇・推理シリーズ 百々佑利子 214 ISBN 4-591-02283-8 村井香葉
1990 ABC殺人事件 偕成社 偕成社文庫 深町真理子 436 ISBN 4-03-651830-5
2000 ABC殺人事件 上
ABC殺人事件 下
岩崎書店 アガサ・クリスティー探偵名作集 21、22 各務三郎 158
150
ISBN 4-265-04931-1
ISBN 4-265-04932-X
安藤由紀
2000 ABC殺人事件 講談社 青い鳥文庫 花上かつみ 389 ISBN 4-06-148533-4 高松啓二
2004 ABC殺人事件 ポプラ社 ポプラ社文庫:ミステリーボックス 1 百々佑利子 213 ISBN 4-591-08170-2 照井葉月 改訂版
2004 ABC殺人事件 上
ABC殺人事件 下
汐文社 名探偵ポワロとミス・マープル1、2 中尾明 211
223
ISBN 4-8113-7884-9
ISBN 4-8113-7885-7
宮沢ゆかり
2005 ABC殺人事件 ポプラ社 ポプラポケット文庫 702-1 百々佑利子 213 ISBN 4-591-08889-8 村井香葉 1986年刊の新装版
2008 ABC殺人事件 早川書房 クリスティー・ジュニア・ミステリ 7 田口俊樹 382 ISBN 978-4-15-208920-5 イラスト:横田美晴
2020 名探偵ポアロ ABC殺人事件 早川書房 ハヤカワ・ジュニア・ブックス 7 田口俊樹 384 ISBN 978-4-15-209927-3 二階堂彩

コミック

出版年月日 タイトル 出版社 文庫名 訳者 ページ数 ISBNコード 挿絵・デザイン 備考
2004年8月24日 ABC殺人事件 日本放送出版協会 NHK出版コミックス
NHKアニメ劇場
アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル 1
脚本=大橋志吉、
まんが=石川森彦
190 978-4144540844

注釈(日本語訳版)[編集]

  1. ^ 著者名は「アガサ・クリスチィ」表記、アクロイド殺害事件大久保康雄訳同時収録)。
  2. ^ 著者名は「クリスチー」表記、「アクロイド殺害事件」(原百代=訳)、「ポアロ捜査ノート(『西洋の星』の事件、マースドン荘の悲劇、エジプト墓地の冒険、首相誘拐事件)」(堀内英子=訳)同時収録。
  3. ^ 現在、グーテンベルク21が電子書籍化している。
  4. ^ 伊藤整等=編、著者名は「クリスティ」表記、他にアンブラー「あるスパイの墓碑銘」(田村隆一=訳)、ジェームズ・M・ケイン郵便配達は二度ベルをならす」(中田耕治=訳)、同「スープのなかの蠅」(中村真一郎=訳)同時収録。
  5. ^ 数藤康雄=編、従来講談社文庫で発行されていたものの合本。「スタイルズ荘の怪事件」、「ゴルフ場殺人事件」、「アクロイド殺害事件」、「青列車の謎」、「オリエント急行殺人事件」、「ABC殺人事件」(アクロイドのみ原百代、それ以外は久万嘉寿恵の翻訳)を収録。

翻案作品[編集]

映画[編集]

  • 『The Alphabet Murders』(イギリス 1966年

TV作品[編集]

ラジオドラマ[編集]

2008年BBC Radio 7で放送されている。

漫画化[編集]

ゲーム[編集]

ニンテンドーDS[編集]

2009年DreamCatcher Interactive英語版社によりニンテンドーDS向けアドベンチャーゲームAgatha Christie: The ABC Murders英語版』として発売(日本では未発売)。プレイヤーはヘイスティングズ大尉を操作し、犯罪現場を調査し、被疑者への聞き込みを行って事件を解決する。原作をよく知っているユーザーのために、原作とは異なる犯人でプレイできるオプションも用意されており、ゲームを通して異なる手掛かりや証言が得られる[6]。このゲームは平凡なレビューを受けたが、原作の素材を忠実に再現したことは評価された[6][7]

PlayStation 4[編集]

2017年クロスファンクションにより『アガサ・クリスティ - ABC殺人事件』としてPlayStation 4で配信[8]。フランスのインディースタジオ「Microïds英語版」社によりWindowsMac OS XLinux、PS4、Xbox OneAndroidiOS向けに開発されたアドベンチャーゲームを日本語ローカライズしたもの(字幕のみで吹き替えはなし)。プレイヤーはエルキュール・ポアロとなり、人物観察、尋問、考察を進め、事件を解決に導く。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 1853年から2007年までイギリスで刊行されていた鉄道時刻案内書。伝統的な鉄道時刻表に見られる路線別ではなく、その名のとおり駅名のアルファベット順(ABC順)に各地の駅を紹介し、ロンドンとイギリス各地との間の列車乗り継ぎスケジュールを個別に提示する形式をとる。主要都市との往来用途に限れば、専門的で晦渋な通常時刻表に比べて格段に使いやすかったため、イギリスの鉄道全盛期には一般旅行者に好んで利用された。
  2. ^ 厳密にいうとファーストネームは「エリザベス (Elizabeth)」なのでイニシャルはEであるが、周囲からはベティ (Betty) とよばれていた。
  3. ^ 1985年版では本作品はノーランクだった。
  4. ^ 作者作品では他に、1位に『そして誰もいなくなった』、5位に『アクロイド殺し』、34位に『オリエント急行の殺人』、99位に『ナイルに死す』が選出されている。
  5. ^ BSプレミアムの放送はPALを基盤とした毎秒25コマの映像を日本の方式に適合させる際、方式変換に高度な動き補間技術を用いてプログレッシブ60フレーム(放送は30i)化しており、人物が横切ると背景が揺らぎ合成のように見える場面、補間の効いていない場面もあるが、概ねスロー再生でも精細さを損なわず変換で生じる半フレームずつの重なりもない、スムーズな動きを達成している。動き補間を使わない(従来通りの変換方法による)本編映像は番宣スポットで見ることが出来た。

出典[編集]

  1. ^ 『英・米探偵小説新傑作選集[1]』全国書誌番号:47038679
  2. ^ ゴルフ場の殺人』(創元推理文庫、1976年)巻末解説参照。
  3. ^ 乱歩が選ぶ黄金時代ミステリーBEST10 (6) 『アクロイド殺害事件』(集英社文庫、1998年)巻末解説参照。
  4. ^ "The A.B.C. Murders" Publication history(出版履歴)参照。
  5. ^ “World War One: How 250,000 Belgian refugees didn't leave a trace”. BBC News Services. (2014年9月15日). https://www.bbc.com/news/magazine-28857769 2019年7月31日閲覧。 
  6. ^ a b Will Wilson. “Agatha Christie: The ABC Murders”. 2010年10月19日閲覧。
  7. ^ James Newton (2009年11月25日). “Agatha Christie's 'The ABC Murders' DS Review”. nintendolife.com. 2013年12月6日閲覧。
  8. ^ PS4用「アガサ・クリスティ - ABC殺人事件」配信日決定”. http://game.watch.impress.co.jp/ (2017年4月21日). 2017年6月6日閲覧。

関連項目[編集]