蒼ざめた馬 (アガサ・クリスティ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

蒼ざめた馬』(あおざめたうま、原題:The Pale Horse)は、1961年に発表されたアガサ・クリスティ推理小説である。ノンシリーズ作品ではあるが、アリアドニ・オリヴァ夫人が登場する。

あらすじ[編集]

執筆活動に嫌気が差し、カフェへと出向いたマーク。しかしカフェでは、2人の女性が喧嘩を始めてしまう。警官の登場によって何とかその場は収まったが、それから約1週間後、マークは新聞の死亡欄で女性の片方が死んだと知る。

主な登場人物[編集]

  • マーク・イースターブルック:学者
  • アリアドニ・オリヴァ:推理作家
  • ゴーマン神父:司祭
  • デイヴィス夫人:神父の助けを求めた女性
  • ジム・コリガン:警察医
  • ルジューン:警部
  • ザカライア・オズボーン:薬剤師
  • ハーミア・レッドクリフ:マークの女友達
  • デイヴィッド・アーディングリー:マークの友人、歴史学の講師
  • ポピー:デイヴィッドの女友達、花屋勤務
  • ローダ・デスパード:マークのいとこ
  • ヒュー・デスパード:ローダの夫、大佐
  • ジンジャー:マークの女友達
  • デイン・キャルスロップ夫人:牧師夫人
  • サーザ・グレイ:「蒼ざめた馬」館の住人
  • シビル・スタンフォーディス: 〃
  • ベラ・ウェッブ:「蒼ざめた馬」館の料理人
  • ヴェナブルズ:プライアーズコートの住人。車椅子の老人。
  • ブラッドリー:元弁護士

映像化[編集]

テレビドラマ

その他[編集]