パディントン発4時50分

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

パディントン発4時50分』(パディントンはつ4じ50ぷん、原題:4.50 from Paddington)は、1957年に刊行されたアガサ・クリスティ推理小説マープルシリーズの長編第7作目にあたる。

あらすじ[編集]

友人のミス・マープルに会いに行くためにパディントン駅発4時50分の列車に乗ったマギリカディ夫人は、隣の線路を並走する列車の車窓に男が女の首を絞めて殺している瞬間を目撃した。マギリカディ夫人から経緯を聞いたミス・マープルは、翌日の朝刊にそれらしき記事が見当たらないことから、2人で警察に事件の経緯を話したが、警察の捜査では列車内はおろか線路周辺でも死体は発見されなかった。

ミス・マープルは、殺人犯は列車内で絞殺した死体を列車から投げ落としたと考え、ブラックハンプトン駅の手前で線路が大きくカーブする地点にあるクラッケンソープ家が所有するラザフォード・ホールがその場所であると推理し、旧知の家政婦のルーシー・アイルズバロウに死体を捜すためにクラッケンソープ家の家政婦になってもらうように依頼する。そうしてクラッケンソープ家に家政婦としてもぐり込んだルーシーは、数日後、納屋の中の石棺に死体を発見した。

死体が隠された状況から、犯人はラザフォード・ホールの敷地や状況に詳しい人間であることは間違いなかったが、被害者について誰も見覚えはなく、動機が不明のため捜査は一向にはかどらない中、第2、第3の殺人が起こった。

登場人物[編集]

ジェーン・マープル
セント・メアリ・ミード村に住む探偵好きな独身の老婦人。
ルーサー・クラッケンソープ
クラッケンソープ家の当主。妻を亡くし、製菓業で成功した父親が遺した館ラザフォード・ホールで娘のエマと暮らす。
エドマンド
クラッケンソープ家の長男。フランスで戦死。
マルティーヌ
エドマンドの妻。
セドリック
クラッケンソープ家の次男。画家。独身で恋多き男。
ハロルド
クラッケンソープ家の三男。会社重役。銀行家。
アルフレッド
クラッケンソープ家の四男。保険業者。元スパイの詐欺師。
エマ
クラッケンソープ家の長女。ラザフォード・ホールで父の面倒を見ながら慎ましく暮らし、一家の主治医に恋心を寄せる。
イーディス
クラッケンソープ家の次女。4年前に死去。
ブライアン・イーストリー
イーディスの夫。元・戦闘機のパイロット。子連れでしばしばラザフォード・ホールを訪ねている。
アレグサンダー
イーディスとブライアン夫妻の子供。
ジェイムズ・ストッダード=ウエスト
アレクザンダーの友だち。
クインパー
クラッケンソープ家の主治医。エマに好意を寄せる。
クラドック[注 1]
ロンドン警視庁の捜査課警部。
ベーコン
地方警察署の警部。
エルスペス・マギリカディ
ミス・マープルの友人。殺人の目撃者。
ルーシー・アイルズバロウ
家政婦。ミス・マープルに雇われて死体を捜索する。

映画[編集]

ミス・マープル/夜行特急の殺人[編集]

  • Agatha Christie's Murder, She Said(イギリス/メトロ・ゴールドウィン・メイヤー、1961年/86分)
    • ミス・マープルシリーズ(イギリス製作の映画)
    • マーガレット・ラザフォード主演によるシリーズ4作のうちの第1作。原作と違い、家政婦として住み込むのはルーシーではなく、ミス・マープル自身に変更されている。シリーズは4作続いたが、ミス・マープル物を映画化したものはこの1作に留まり、他はポアロ物や非探偵物をマープル物に改作している。
    • 日本未公開。「ミス・マープル ムービー・コレクション(初回限定生産)」として発売されたDVDボックスの1本として、2006年4月7日にリリースされた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

アガサ・クリスティー 奥さまは名探偵 〜パディントン発4時50分〜[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

テレビドラマ[編集]

イギリスのテレビドラマ[編集]

日本のテレビドラマ(2006年)[編集]

キャスト(2006年)[編集]

スタッフ(2006年)[編集]

日本のテレビドラマ(2018年)[編集]

アガサ・クリスティ
二夜連続ドラマスペシャル

パディントン発4時50分〜寝台特急殺人事件〜
ジャンル テレビドラマ
原作 アガサ・クリスティ
脚本 竹山洋
監督 和泉聖治
出演者 天海祐希
製作
プロデューサー 五十嵐文郎(チーフ、テレビ朝日)
内山聖子(ゼネラル、テレビ朝日)
藤本一彦(テレビ朝日)
山形亮介(角川大映スタジオ)
各話の長さ 130分
制作 テレビ朝日
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2018年3月24日
放送時間 21:00 - 23:10
回数 1
公式サイト

特記事項:
一部地域除き、20:58 - 21:00に『今夜のドラマスペシャル』も別途放送。

2018年3月24日21時-23時10分にテレビ朝日系にて『アガサ・クリスティ 二夜連続ドラマスペシャル パディントン発4時50分〜寝台特急殺人事件〜』のタイトルで放送された[1]

キャスト(2018年)[編集]

主人公と関係者[編集]
天乃瞳子(あまの とうこ)
演 - 天海祐希[2]
一流企業の顧問。警視庁捜査一課の警部補だったが、夫の胃がんの看病を理由に退職する。今回の事件では、彩を介して捜査を進める。
中村彩(なかむら あや)
演 - 前田敦子
家政婦。国立大学を卒業し文科省に入省したが半年で退官。瞳子の知り合いで、瞳子の命を受け現場での捜査を進める。
天乃雀(あまの すずめ)
演 - 草笛光子
瞳子の義母。西東京駅4時50分発「特急オリオン」の窓から並走する「寝台特急 朝霧」の車内での殺人現場を目撃するが、鉄道警察隊に門前払いを受ける。
富沢邸関係者[編集]
富沢哲次(とみざわ てつじ)〈45〉
演 - 鈴木浩介
信介の次男。八丈島在住の画家。未婚。
富沢恵子(とみざわ けいこ)〈40〉
演 - 原沙知絵
信介の長女。未婚で信介と同居中。
大山勝(おおやま まさる)〈50〉
演 - 嶋田久作
富沢家の使用人。
古川晋(ふるかわ しん)〈48〉
演 - 矢柴俊博
知子の夫。トミー製菓の運送部長。
富沢晴三(とみざわ せいぞう)〈43〉
演 - 新納慎也
信介の三男。金融業 商事会社社長。
富沢志郎(とみざわ しろう)〈38〉
演 - 松本博之
信介の四男。プロダクション経営 企画会社社長。女子高校生とのみだらな行為で警察で任意の事情聴取を受けている。
木内妙子(きうち たえこ)
演 - 和泉ちぬ
家政婦。彩の知人。
富沢鋭一(とみざわ えいいち)
演 - 望月章男
信介の長男。トミー製菓の元常務取締役。38歳の時中国上海で事故死。
古川知子(ふるかわ ともこ)
演 - 松下結衣子[3]
信介の次女。旧姓「富沢」。2年前に病死。
古川信次(ふるかわ しんじ)〈8〉
演 - 笹岡サスケ[4]
晋と知子の息子。
佐伯慶一(さえき けいいち)
演 - 石黒賢
医師。信介の主治医。
富沢信介(とみざわ しんすけ)
演 - 西田敏行
トミー製菓の会長。
警察関係者[編集]
唐木(からき)
演 - 勝村政信
警視庁捜査一課の警部。
鈴木(すずき)
演 - 桐山漣[5]
警視庁捜査一課の巡査部長。
上西
演 - 菅原大吉
鉄道警察隊の警部。
山口(やまぐち)
演 - 橋爪功
警視庁刑事部の参事官。
戸田(とだ)
演 - 井上肇
刑事。
徳田(とくだ)
演 - 宮本大誠
鑑識員。
原田(はらだ)
演 - 松岡恵望子
刑事。
相国寺竜也(しょうこくじ りゅうや)
演 - 沢村一樹[6](ノンクレジット)
警視庁捜査一課特別捜査係 警部。ラストシーンで相国寺の乗る列車と瞳子の乗る列車が並走し邂逅する。
その他[編集]
木村麗子(きむら れいこ)
演 - 黒谷友香
元の母。
周麻美
演 - 永楠あゆ美[7]
西東京駅4時35分発「寝台特急 朝霧」の車内で首を絞め殺された女性。
木村元
演 - 鈴木和弥[8]
信次の友達。中国人とのハーフ。
唐木直美
演 - 今薫子[9]
唐木の娘。名付け親は天乃瞳子。
その他
嘉門洋子清水葉月松浦眞哉、かおる、橋野純平

スタッフ(2018年)[編集]

備考[編集]

本ドラマで登場した相国寺竜也などのキャラクターは、同じくアガサ・クリスティ原作ドラマの『そして誰もいなくなった』(2017年3月25日・26日)と『女優殺人事件〜鏡は横にひび割れて〜』(2018年3月25日)にも登場する。

アニメ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ クラドック警部は、『予告殺人』と『教会で死んだ男』に収録の短編「教会で死んだ男」、マープルシリーズの次作『鏡は横にひび割れて』でもミス・マープルと協力して事件の捜査を行っている。なお、『鏡は横にひび割れて』では主任警部に昇進している。

出典[編集]

外部リンク[編集]