パディントン発4時50分

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

パディントン発4時50分』(ぱでぃんとんはつ4じ50ぷん、原題:4.50 from Paddington)は、1957年に刊行されたアガサ・クリスティ推理小説マープルシリーズの長編第7作目にあたる。

あらすじ[編集]

友人のミス・マープルに会いに行くためにパディントン駅発4時50分の列車に乗ったマギリカディ夫人は、隣の線路を並走する列車の車窓に男が女の首を絞めて殺している瞬間を目撃した。マギリカディ夫人から経緯を聞いたミス・マープルは、翌日の朝刊にそれらしき記事が見当たらないことから、2人で警察に事件の経緯を話したが、警察の捜査では列車内はおろか線路周辺でも死体は発見されなかった。

ミス・マープルは、殺人犯は列車内で絞殺した死体を列車から投げ落としたと考え、ブラックハンプトン駅の手前で線路が大きくカーブする地点にあるクラッケンソープ家が所有するラザフォード・ホールがその場所であると推理し、旧知の家政婦のルーシー・アイルズバロウに死体を捜すためにクラッケンソープ家の家政婦になってもらうように依頼する。そうしてクラッケンソープ家に家政婦としてもぐり込んだルーシーは、数日後、納屋の中の石棺に死体を発見した。

死体が隠された状況から、犯人はラザフォード・ホールの敷地や状況に詳しい人間であることは間違いなかったが、被害者について誰も見覚えはなく、動機が不明のため捜査は一向にはかどらない中、第2、第3の殺人が起こった。

登場人物[編集]

ジェーン・マープル
セント・メアリ・ミード村に住む探偵好きな独身の老婦人。
ルーサー・クラッケンソープ
クラッケンソープ家の当主。
エドマンド
クラッケンソープ家の長男。フランスで戦死。
マルティーヌ
エドマンドの妻。
セドリック
クラッケンソープ家の次男。画家。
ハロルド
クラッケンソープ家の三男。会社重役。
アルフレッド
クラッケンソープ家の四男。保険業者。
エマ
クラッケンソープ家の長女。
イーディス
クラッケンソープ家の次女。4年前に死去。
ブライアン・イーストリー
イーディスの夫。元・戦闘機のパイロット。
アレグサンダー
ブライアン夫妻の子供。
ジェイムズ・ストッダード=ウエスト
アレクザンダーの友だち。
クインパー
クラッケンソープ家の主治医。
クラドック
ロンドン警視庁の捜査課警部。
ベーコン
地方警察署の警部。
エルスペス・マギリカディ
ミス・マープルの友人。殺人の目撃者。
ルーシー・アイルズバロウ
家政婦。ミス・マープルに雇われて死体を捜索する。

補足[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『鏡は横にひび割れて』では主任警部に昇進している。