そして誰もいなくなった (1945年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
そして誰もいなくなった
And Then There Were None
Dieci piccoli indiani 1945.jpg
ポスター
監督 ルネ・クレール
脚本 ダドリー・ニコルズ
原作 アガサ・クリスティ
製作 ルネ・クレール
ハリー・M・ポプキン
出演者 バリー・フィッツジェラルド
ウォルター・ヒューストン
ルイス・ヘイワード英語版
音楽 マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ
撮影 ルシアン・アンドリオット
編集 ハーヴェイ・メーンジャー
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
日本の旗 インターナショナル・プロモーション[1]
公開 アメリカ合衆国の旗 1945年10月30日
日本の旗 1976年8月7日[1]
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 100万ドル[2]
興行収入 100万ドル[3]
テンプレートを表示
左から、ルイス・ヘイワード、C・オーブリー・スミス、バリー・フィッツジェラルド、リチャード・ヘイデン、ミシャ・オウア、ウォルター・ヒューストン
『そして誰もいなくなった』全編、字幕なし

そして誰もいなくなった』(そしてだれもいなくなった、And Then There Were None)とは、1945年公開のアメリカ合衆国ミステリ映画アガサ・クリスティの同名ベストセラー小説『そして誰もいなくなった』の映画化で、監督はルネ・クレール[4]

島に集められた客と使用人の10人が童謡テン・リトル・インディアンズ(10人のインディアン)の歌詞通りに次々と殺されてゆく、というストーリー。

著作権が切れ、現在はパブリックドメインである[5]

キャスト[編集]

有名俳優が演じる[6]

評価[編集]

公開当時、映画評論家ボズレー・クラウザーは「ルネ・クレールはエキサイティングな映画を生み出した。素晴らしいキャストを揃え、ユーモアを交え、軽妙でぞっとするタッチを演出した」と高く評価した[4]

近年では、映画評論家レナード・マルティン英語版は「非常にサスペンスフル」と絶賛。脚本、音楽、ヴィジュアルも称賛し、4つ星満点で満点を与えた[7]

受賞[編集]

1946年ロカルノ国際映画祭で金豹賞と最優秀監督賞を受賞した[8][9]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 過去の上映作品一覧 1970年代 上映作品”. 岩波ホール. 2020年3月20日閲覧。
  2. ^ “Indies $70,000,000 Pix Output”. Variety: 18. (1944-11-03). https://archive.org/stream/variety156-1944-11#page/n17/mode/1up 2020年3月20日閲覧。. 
  3. ^ Solomon, Aubrey (2002). Twentieth Century-Fox: A Corporate and Financial History. Rowman & Littlefield. p. 221. ISBN 9780810842441. https://books.google.com/?id=WIZwZOz8LHsC&pg=PA212&lpg=PA212&dq=aubrey+solomon+20th+century+fox#v=onepage&q=aubrey%20solomon%2020th%20century%20fox&f=false 
  4. ^ a b Crowther, Bosley (1945=11-01). “And Then There Were None (1945)”. The New York Times. 2020年3月20日閲覧。
  5. ^ Hurst, Walter E.; Baer, D. Richard (2008). Film Superlist: Motion Pictures in the U.S. Public Domain (1940-1949). Hollywood, California: Hollywood Film Archives. ISBN 978-0913616277 
  6. ^ Barry Fitzgerald, Louis Hayward, Walter Huston in "Ten little Indians". Publicity campaign book. (1945). OCLC 318813939 
  7. ^ Maltin, Leonard; Green, Spencer; Edelman, Rob (January 2010). Leonard Maltin's Classic Movie Guide. Plume. p. 19. ISBN 978-0-452-29577-3. https://books.google.com/books?id=hLtaAAAAYAAJ 
  8. ^ 1946–2017 Palmarès”. Locarno Festival. 2020年3月20日閲覧。
  9. ^ And Then There Were None”. MUBI. 2020年3月20日閲覧。

外部リンク[編集]