殺人は容易だ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
殺人は容易だ
Murder is Easy
アメリカ合衆国の旗Easy to Kill
著者 アガサ・クリスティー
訳者 高橋豊
発行日 イギリスの旗1939年6月5日
日本の旗1978年12月31日
発行元 イギリスの旗Collins Crime Club
日本の旗早川書房
ジャンル 推理小説
イギリスの旗 イギリス
前作 ポアロのクリスマス
次作 黄色いアイリス(レガッタ・デーの事件)
Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

殺人は容易だ』(原題:Murder is easy {アメリカ: Easy to Kill } )は、1939年に刊行された、アガサ・クリスティの長編推理小説。終盤にバトル警視が登場する。

あらすじ[編集]

ルーク・フィッツウィリアムはロンドンに戻る途中の列車内で、ある老婦人と話をする。彼女はこれからロンドン警視庁に、自分が住んでいる村で連続殺人が起きていることと、その犯人を伝えに行く途中だった。別れ際彼女は、殺人はとても容易だと言い、人ごみに飲まれていった。翌朝の朝刊でルークは、昨日の老婦人が車にひき逃げをされて死亡したことを知る。彼は事件に興味を持ち、老婦人の住んでいた村に向かう。

登場人物[編集]

  • ルーク・フィッツウィリアム - 元植民地の駐在警官。退職して帰国後ロンドンに向かう途中、偶然乗り合わせた客車でミス・ピンカートンと出会い、ウィッチウッド・アンダーアッシュ村での「殺人」の話を聞かされる。当初は半信半疑であったが、名前が出てきたハンブルビー医師の死去、ミス・ピンカートン自身の死去によって信じるに至り、事件を調べ始める。民俗学の本を書いていると職を偽り、ホイットフィールドの住むアッシュ荘に滞在する。
  • ジミー・ロリマー - ロンドンに住むルークの古い友人。ブリジェットとはいとこで、昔から仲がいい。ルークの話に半信半疑ながらも、疑われず村に入れるよう便宜を図る。
  • ブリジェット・コンウェイ - ホイットフィールドの秘書であり、婚約者。アッシュ荘は、元々は彼女の家族のもの。
  • ホイットフィールド - 俗悪週刊誌の経営者だが、元々は村の靴屋の息子。俗物と見られており、村出身であることは隠している。子供染みたところがある。
  • ラヴィニア・ピンカートン - ルークが列車の中で話した善良な老婦人。誰にも疑われず殺人を犯すことは容易であると断言し、ルークの興味を引く。村で行われている「殺人」について、ロンドン警視庁に相談に訪れるつもりであった。ルークと別れた直後、ホワイトホール(1976年まで旧ロンドン警視庁(スコットランドヤード)があった)路上で、ひき逃げされ死亡。
  • ホノリア・ウェインフリート - 図書館員。オールドミス。ピンカートンの飼っていた(ペルシャ猫)、ウォンキー・プーの現在の飼い主。ホイットフィールドの元婚約者。
  • エルズワージー - 骨董屋を営む青年。女のような顔をしており、黒魔術をかじっている。
  • アルフレッド・ウィエク - 牧師。ローマの遺跡について関心がある。
  • エドワード・ハンブルビー - 医学博士。多くの村人に愛されていた。急性敗血症で死亡。
  • トーマス - ハンブルビーの助手で、先進的な医療を好む。ハンブルビーの娘と婚約している。
  • ハリー・カーター - 居酒屋セブン・スターズの主人。飲んだくれで、妻や娘を虐待していた。橋の上から川に落ち溺死。
  • ホートン - 退役軍人。愛犬家で、ブルドッグを飼っている。妻には優しく振舞っていた。
  • リディア・ホートン - ホートンの妻。気性が強く、評判が悪かった。病弱で、症状は快方に向かったが急変し死亡。
  • トミー・ピアス - 悪戯好きの少年。小さい子をいじめる鼻つまみ者。図書館の窓拭き中、落下し死亡。
  • アボット - 事務弁護士。トミー・ピアスを雇っていたが、解雇した。
  • エイミー・ギブズ - お手伝い。咳止めの薬とハット・ペイントを間違えて飲み死亡。
  • ジム・ハーヴィ - 自動車修理工場の修理士。エイミー・ギブズの婚約者。
  • バトル警視 - ロンドン警視庁警視。

日本語訳[編集]

本作品は早川書房の日本語翻訳権独占作品である。

題名 出版社 文庫名 訳者 巻末 カバーデザイン 初版年月日 ページ数 ISBN 備考
殺人は容易だ 早川書房 ハヤカワ・ポケット・ミステリ379 高橋豊   1957年
殺人は容易だ 早川書房 ハヤカワ・ミステリ文庫1-43 高橋豊 アガサ・クリスティー著作リスト 真鍋博 1978年12月31日 348 4-15-070043-5 絶版
殺人は容易だ 早川書房 クリスティー文庫79 高橋豊 解説 神命明 Hayakawa Design 412 4-15-130079-1

映像化作品[編集]

バトル警視は登場せず、ミス・マープル (ジュリア・マッケンジー) が解決する。ルークは村でマープルと出会い、助手役を務めるよう設定変更がされている。また、ラビニアはひき逃げではなく、階段から突き落とされて殺害されるという展開に変更されている。
マープル役・ジュリア・マッケンジーの吹き替えは藤田弓子。ルーク役はベネディクト・カンバーバッチで、吹き替えは三上哲