ビル・ビクスビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビル・ビクスビー
Bill Bixby
Bill Bixby
本名 Wilfred Bailey Everett Bixby III
生年月日 (1934-01-22) 1934年1月22日
没年月日 (1993-11-21) 1993年11月21日(59歳没)
出生地 カリフォルニア州サンフランシスコ
死没地 カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル 俳優
映画監督
活動期間 1961年 - 1993年
主な作品
超人ハルク』(TV)
『エディの素敵なパパ』(TV)
『ブラボー火星人』(TV)

ビル・ビクスビーBill Bixby, 1934年1月22日 - 1993年11月21日)は、アメリカ合衆国俳優映画監督である。

来歴[編集]

1934年カリフォルニア州サンフランシスコに生まれる。家系は4代続くイギリスの家系だった[1]1952年に高校を卒業後、シティ・カレッジ・オブ・サンフランシスコへ進学して演劇を専攻。後にカリフォルニア大学バークレー校へ編入し、ハリウッドへ移り住んだ。様々な職を経て、モデルなどとしてコマーシャルなどでキャリアをスタートさせる。

1961年にテレビドラマシリーズ『ヘネシー』でプロデビュー。翌年1962年には、カーク・ダグラス主演の『脱獄』で映画デビューも果たした。1963年からSFをモチーフにしたシットコムブラボー火星人』のメインキャストとして出演。コミカルな演技でたちまち人気を博した。その後も順調にキャリアを構築し、1969年から放映されたシットコム『エディの素敵なパパ』への出演でも知られている。

1970年代に入ってもコンスタントに出演作を増やし、1977年から放映されえたSFドラマ超人ハルク』では、緑色のハルクに変身する前のデヴィッド・バナーを好演。ちなみに変身後のハルク役はルー・フェリグノが演じた。同作は幅広い層に人気を博し、80年代後半あたりに制作された長編バージョンの『超人ハルク '90』と『超人ハルク/ 最後の闘い』では出演のみならず監督も務めた。

私生活[編集]

これまで3度の結婚歴があり、最初の結婚相手で女優のブレンダ・ベネットとの間に子供が一人いる[1]

死去[編集]

1993年カリフォルニア州ロサンゼルスのセンチュリー・シティで前立腺癌のため死去。59歳だった。

出演作品[編集]

映画[編集]

  • 脱獄 Lonely Are the Brave (1962)
  • あなただけ今晩は Irma la Douce (1963)
  • ヤムヤム・ガール Under the Yum Yum Tree (1963)
  • 烙印の狼 Ride Beyond Vengeance (1966)
  • Doctor, You've Got to Be Kidding! (1967)
  • ブルー・マイアミ Clambake (1967)
  • スピードウェイ Speedway (1968)
  • チビッ子ギャング台風(タイフーン) The Apple Dumpling Gang (1975)
  • The Invasion of Johnson County (1976)
  • マイ・ベビー Black Market Baby (1977) ※テレビ映画
  • エアポート'85 International Airport (1985) ※テレビ映画
  • Sin of Innocence (1986)
  • 新・超人ハルク/ 勇者伝説 The Incredible Hulk Returns (1988) ※テレビ映画
  • 超人ハルク '90 The Trial of the Incredible Hulk (1989)
  • 超人ハルク/ 最後の闘い The Death of the Incredible Hulk (1990)
  • An American Story (1990)
  • Diagnosis Murder (1992)

テレビドラマ[編集]

  • ヘネシー Hennesey (1961)
  • ベン・ケーシー Ben Casey (1961)
  • チェックメイト Checkmate (1961)
  • Make Room for Daddy (1961, 1963)
  • ドクター・キルデア Dr. Kildare (1962, 1963)
  • ミステリー・ゾーン Twilight Zone (1963)
  • イレブンス・アワー The Eleventh Hour (1963)
  • ブラボー火星人 My Favorite Martian (1963 - 1966)
  • アイアン・ホース Iron Horse (1967)
  • スパイのライセンス It Takes a Thief (1968)
  • ミセスと幽霊 The Ghost & Mrs. Muir (1968)
  • 鬼警部アイアンサイド Ironside (1968, 1970, 1974)
  • 恋愛専科 Love, American Style (1969 - 1972)
  • エディの素敵なパパ The Courtship of Eddie's Father (1969 - 1972)
  • 四次元への招待 Night Gallery (1972)
  • ザ・マジシャン The Magician (1973 - 1974)
  • サンフランシスコ捜査線 The Streets of San Francisco (1974, 1976)
  • バーバリー・コースト Barbary Coast (1975)
  • ファンタジー・アイランド Fantasy Island (1977)
  • ロアルド・ダール劇場/予期せぬ出来事 Tales of the Unexpected (1977)
  • ラブ・ボート The Love Boat (1977)
  • 超人ハルク Incredible Hulk (1977 - 1982)
  • Goodnight, Beantown (1983, 1984)
  • J.J. Starbuck (1987)
  • 俺がハマーだ! Sledge Hammer! (1987)
  • ブロッサム Blossom (1993)

脚注[編集]

  1. ^ a b Bill Bixby Biography”. 2016年3月7日閲覧。

外部リンク[編集]