蜘蛛の巣 (アガサ・クリスティ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

蜘蛛の巣』(くものす、原題:Spider's Web)は、イギリスの女性推理小説作家アガサ・クリスティ戯曲。オリジナルのコミカルな推理劇である。1954年に発表され、上演回数774回のロングランを記録した。

なお、題名はウォルター・スコットの詩『マーミアン』の一節から採られており、作中で登場人物の1人がこの詩を引用するシーンがある。

あらすじ[編集]

クラリサ[1]は外交官の夫ヘンリーと、夫と前妻ミランダとの間に出来た娘ピパ[2]を引き取ってケント州のコップルストーン邸で平穏に暮らしていた。ある日の夕方、クラリサは来客の1人と雑談中に「もしもある朝書斎で死体を見つけたら自分はどうするだろうか」という「空想ゲーム」について話す。その後、ミランダの再婚相手のオリバーが自宅に立ち寄る。そしてクラリサは帰ったはずのオリバーの死体を見つけることとなる―

登場人物[編集]

ヘンリー・ヘイルシャム=ブラウン
外交官。器量はよいがやや無表情な40歳代の男性。
クラリサ・ヘイルシャム=ブラウン
本作品の主役。ヘンリーの後妻。ヘンリーとは年が離れている。想像力豊かで人を楽しませるために罪のない嘘をつく若い女性。
ピパ・ヘイルシャム=ブラウン
ヘンリーと前妻ミランダとの間の娘。ひょろっとした体格の12歳の少女。クラリサに懐いている。
ローランド・デラヘイ卿
元政治家。気品があり魅力的な50歳過ぎの男性。コップルストーン邸の客でクラリサの叔父。
ヒューゴー・バーチ
弁護士。やや短気なところのある60がらみの男性。コップルストーン邸の客。
ジェレミー・ウォリンダー
実業家の秘書。エレガントな若い男性。コップルストーン邸の客。
ミルドリッド・ピーク
コップルストーン邸の庭師。菜園の仕事をしている大柄で口やかましい中年女性。
エルジン
執事。台所仕事を担当する妻と共々コップルストーン邸に仕える中年男性。
オリバー・カステロー
ミランダの再婚相手。浅黒くハンサムな顔立ちをしたペテン師。
ロード警部
コップルストーン邸に現れる警官。
ジョーンズ巡査
警部とともにコップルストーン邸に現れる。
検死医
警部たちに遅れてコップルストーン邸に現れる。

構成[編集]

時は現代、季節は3月。ケント州コップルストーン邸(ヘイルシャム=ブラウンの自宅で家具付きの借家)の客間を舞台とする3幕構成。

  • 第1幕 - 3月のある夕方
  • 第2幕
    • 第1場 - その15分後
    • 第2場 - その10分後
  • 第3幕 - その2,3分後

書誌情報[編集]

日本語翻訳版のみ記載

脚注[編集]

  1. ^ クリスティの本名アガサ・メアリ・クラリサ・ミラーの一部をとって名付けられた。
  2. ^ ロバート・ブラウニングの詩『ピッパが通る』から名付けられた。