メソポタミヤの殺人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
メソポタミヤの殺人
Murder in Mesopotamia
著者 アガサ・クリスティー
訳者 石田善彦 ほか
発行日 イギリスの旗1936年
日本の旗
発行元 イギリスの旗
日本の旗早川書房
ジャンル 推理小説
イギリスの旗 イギリス
前作 ABC殺人事件
次作 ひらいたトランプ
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

メソポタミヤの殺人』(原題:Murder in Mesopotamia)は、イギリスの小説家アガサ・クリスティ1936年に発表した長編推理小説であり、探偵エルキュール・ポアロが登場するシリーズの作品のひとつである。

あらすじ[編集]

バグダードに仕事で来ていた看護士のレザランは、アッシリア遺跡の発掘長であるライドナーに、妻の付き添いを頼まれる。彼の妻は、誰かに殺されると怯えていたのであった。遺跡の発掘メンバーの間には、不自然な緊張があった。そして、ライドナーの妻に、死んだ先夫から脅迫状が届いた。

登場人物[編集]

  • エルキュール・ポアロ - 探偵
  • エイミー・レザラン - 看護師、物語の語り手
  • エリック・ライドナー - 考古学者
  • ルイーズ・ライドナー - エリックの妻
  • レイリー先生 - 外科医
  • シェイラ・レイリー - レイリーの娘
  • アブダラ - 土器洗いの少年
  • マリー・マーカド - ジョーゼフの妻
  • メイトランド - 警察署長

遺跡調査隊員[編集]

  • リチャード・ケアリー
  • ディヴィッド・エモット
  • カール・ライター
  • ラヴィニ神父
  • アン・ジョンソン
  • ジョーゼフ・マーカド

出版[編集]

題名 出版社 文庫名 訳者 巻末 カバーデザイン 初版年月日 ページ数 ISBN 備考
メソポタミヤの殺人 早川書房 ハヤカワ・ミステリ文庫1-5 高橋豊 解説 数藤康雄 真鍋博 1976年 367 4-15-070005-2 絶版
メソポタミア殺人事件 新潮社 新潮文庫 蕗沢忠枝 解説 蕗沢忠枝 1986年 373 4-10-213512-X 絶版
メソポタミヤの殺人 早川書房 クリスティー文庫12 石田善彦 解説 春日直樹 Hayakawa Design 2003年12月12日 419 4-15-130012-0
メソポタミヤの殺人 早川書房 クリスティー・ジュニア・ミステリ 田村義進 2008年1月9日 4-15-208886-4
殺人は癖になる 東京創元社 創元推理文庫 厚木淳 1978年5月12日
改版2000年11月14日
370 4-488-10540-2

映像化[編集]

ラジオドラマ

TV作品